2012-06-22

奈良県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)

奈良の中世~近代、自然や産業などが分かる異色の歴史本

奈良に関する歴史を、人物・宗教・民俗・産業・地理・自然などの視点から紹介する一冊。硬派な歴史本を多く出している新人物往来社の文庫シリーズで、これまでに20あまりの都道府県のものが出版されていて、ようやく奈良県版が登場しました。

奈良の歴史本など数多く出版されていますが、本書では中世から近代についての記述が多めなのが特徴です。古代についての記述もありますが、それに偏ることなく、他の都道府県と同じような比率で紹介されているのが斬新ですね。時代別の構成比率が適正レベルなんですが、たったそれだけのことが目新しく感じます(笑)

第一章「奈良県ってどんなとこ?」では、奈良県の現在についての説明から入ります。県民性(「商才がある」「素朴だが粗野」だとか)やランキング・文学・名物などが紹介され、雑学としても面白いですね。

二章目以降は歴史散歩となり、栄光の奈良時代の話題から、比較的早めに中世へと話は移ります。その辺りから特に目新しいエピソードがたくさん登場してきます。「写経所に出向した官人の生活の謎」「法隆寺僧坊の生活の様子とは?」「法隆寺に損害賠償を要求した庄屋一族の謎」など、決して下衆な話題ではなく、楽しく読ませます。さらに、民族・産業編、地理・自然編と、いずれも面白いですね。

内容としては、奈良検定2級を受験するような方向けでしょうか(3級受験の方にはちょっとややこしいかも)。私は奈良検定の勉強をしてから、中世以降の奈良の歴史や産業などにも興味が持てるようになりましたので、ぜひそんな観点からも読んで欲しいと思います。

奈良の有名ブロガー・鉄田さんのブログでも紹介されていますので、こちらも合わせてご覧ください(奈良県 謎解き散歩 - tetsudaブログ 「日々ほぼ好日」)。


【奈良県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ