2012-06-20

バス停留所

日本全国に佇む「バス停留所」の写真集。幼い頃の記憶が蘇ります

12年もの歳月をかけ、47都道府県を巡って各地の「バス停留所」を撮影した一冊。収録点数は188ヶ所。全てモノクロで撮影されていて、時代に取り残されたような、どこか懐かしい空気が感じられます。

バス停が設置された場所はそれぞれですから、周囲にはありとあらゆるものが写っています。変哲もない田舎道だったり、工場の前や海沿い、お寺や学校の前。そこには、楽しげに遊ぶ少年少女の姿がある一方で、それほど遠くへは行かないであろう、日常生活に埋もれた老人の姿や、所在無さげに佇む野良犬が写っています。

木の杭に丸い看板が取り付けられたバス停の目印自体、改めて見ると不思議なものです。現代は、全国のバス路線が次々と廃止されています。バス停自体が時代遅れであり、非効率的なものの象徴にすら感じられるほどです。しかし、そこを起点として、はるか遠い世界へ繋がっていることは間違いありません。

私個人の話ですが、雪国の海岸地帯に育ったため、バス停にはブロックを積み上げた粗末な小屋があるのが当然でした。電車の駅からも遠かったため、遠出の際には必ずバスを使い、やってくるバスをワクワクしながら待っていたものです。いつからかバスに乗らなくなりましたが、その当時の海風が吹き付ける様子が蘇ってくるようで、とても懐かしく感じました。

これも消えゆく日本の大事な風景たちですから、興味のある方は手にとってみてください。

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【バス停留所】の関連記事

  • 『銭湯は、小さな美術館』~南フランス出身の銭湯ジャーナリストさんが、日本の銭湯文化を親しみやすく解説!~
  • 『旅先銭湯』~テーマは「わざわざ行きたい風呂屋のあるまち」。旅先で訪れたい銭湯多数!~
  • 『ドライブイン探訪』~全国のドライブインを訪ね歩いて丹念に取材したルポルタージュ。内容が濃い!~
  • 『遊廓に泊まる (とんぼの本) 』~全国の「泊まれる元遊郭建築」を紹介した一冊。ならまち「静観荘」さんも掲載に~
  • 『喫茶店の椅子とテーブル ~村田商會がつないだこと~』~閉店する喫茶店の椅子やテーブルを販売するユニークな企業のコレクションなど~
  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『団地の給水塔大図鑑』~全国の400もの給水塔を集めた1冊。県営橿原団地の「くぐれる給水塔」も注目!~
  • 『日本懐かし即席めん大全 (タツミムック)』~中華飯店、楊夫人、お湯かけて、クイックワンなど、懐かしブランドが続々!~
  • 『銭湯:「浮世の垢」も落とす庶民の社交場 (シリーズ・ニッポン再発見)』~銭湯の歴史、現在、これから進む道。ややお固めですが興味深い内容です~
  • 『昭和のレトロパッケージ』~昭和の「パッケージデザイン」を俯瞰。いま見ても古びない美しさです~
  • 『日本懐かしボードゲーム大全 (タツミムック)』~億万長者ゲームやおばけ屋敷ゲーム!昭和なゲームを網羅した一冊。懐かしい!~
  • 『レトロ銭湯へようこそ 関西版』~関西の47の名銭湯を集めた一冊。雰囲気バツグン!今すぐ行きたくなります!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ