2012-06-18

日本ボロ宿紀行

人気ブログの書籍化。ブログがそのまま本になると、ちょっと残念

歴史的価値のある古い宿から、単なる安宿までをひっくるめた「ボロ宿」を愛し、わざわざ探しては泊まり歩いたエッセイ。どこかでタイトルに聞き覚えがあると思ったら、同名のブログ「日本ボロ宿紀行」があり、2年ほど前にライブドアが開催した「ブログ奨学金」制度(いくらかの活動資金が援助される)に合格して話題になっていたんですね。そのブログの内容を書籍化したものです。

筆者は、仕事も含めて全国各地を飛び回っている方で、宿泊先にはきれいなビジネスホテルなどではなく、あえて趣きのあるボロ宿を選んでいます。古い湯治場や駅前旅館など、高度成長期以前の雰囲気が漂うものが好みだとか。その感覚はとても共感できますね。まず施設が古い分だけ安いですし、一人で普通の宿に泊まっても面白くもないのですから、そんな選択をする楽しさはあるでしょう。私も古い建築に喜ぶタイプですから、かなり興味深かったです。

ただし、本書では、いわゆる「ブログ本」の良くない点がいくつも見受けられて、読みづらさを感じました。

まず、冒頭と中央にカラー写真ページがあり、ここに掲載された写真は見事です。引きこまれます。しかし、本文に行くと、各ページの下段に小さな白黒写真が掲載してあるだけで、今語られている宿のビジュアルがほぼ伝わってきません。カラーページに戻るのも面倒なので、そのまま読み進めてしまうのですが、小さな白黒写真では部屋の雰囲気などがほぼ判別できず、魅力が半減してしまいます。

また、同じエリアで宿泊した3ヶ所くらいをまとめて一つの章にしてあるため、どの宿のことを語っているのか混乱します。せめて各章の最初に大きめの画像何枚かと宿のデータを掲載することはできなかったのでしょうか?ブログで読んだ方が圧倒的に読みやすいと思います。

ついでに言うと、どこかの土地で「道沿いに彫刻作品がたくさん並んでいた。これは何だろ?」的な文章があったりします。ブログならそれでもいいですが(読者の方が教えてくれたりしますし)、書籍化するなら観光協会に問い合わせるなりして、欄外にでも正解を書いておいてほしいですね。編集さんが手を抜きすぎだと思います。

この本のテーマなどについては大好きですが、残念な点が多すぎて、個人的にはわざわざ書籍を購入するまでとは思えませんでした。ブログはものすごく楽しいですから、ぜひそちらをご覧ください!


【日本ボロ宿紀行】の関連記事

  • 『銭湯は、小さな美術館』~南フランス出身の銭湯ジャーナリストさんが、日本の銭湯文化を親しみやすく解説!~
  • 『旅先銭湯』~テーマは「わざわざ行きたい風呂屋のあるまち」。旅先で訪れたい銭湯多数!~
  • 『ドライブイン探訪』~全国のドライブインを訪ね歩いて丹念に取材したルポルタージュ。内容が濃い!~
  • 『遊廓に泊まる (とんぼの本) 』~全国の「泊まれる元遊郭建築」を紹介した一冊。ならまち「静観荘」さんも掲載に~
  • 『喫茶店の椅子とテーブル ~村田商會がつないだこと~』~閉店する喫茶店の椅子やテーブルを販売するユニークな企業のコレクションなど~
  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『団地の給水塔大図鑑』~全国の400もの給水塔を集めた1冊。県営橿原団地の「くぐれる給水塔」も注目!~
  • 『日本懐かし即席めん大全 (タツミムック)』~中華飯店、楊夫人、お湯かけて、クイックワンなど、懐かしブランドが続々!~
  • 『銭湯:「浮世の垢」も落とす庶民の社交場 (シリーズ・ニッポン再発見)』~銭湯の歴史、現在、これから進む道。ややお固めですが興味深い内容です~
  • 『昭和のレトロパッケージ』~昭和の「パッケージデザイン」を俯瞰。いま見ても古びない美しさです~
  • 『日本懐かしボードゲーム大全 (タツミムック)』~億万長者ゲームやおばけ屋敷ゲーム!昭和なゲームを網羅した一冊。懐かしい!~
  • 『レトロ銭湯へようこそ 関西版』~関西の47の名銭湯を集めた一冊。雰囲気バツグン!今すぐ行きたくなります!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ