2012-05-06

歌う。尼さん

歌手デビューしている奈良の尼さん。闘病体験の告白も

「歌う尼さん」として、全国の寺院コンサートなどを行なっている「やなせなな」さんの自伝的エッセイ。奈良県にある、浄土真宗本願寺派の華咲山教恩寺に生まれ育ち、僧侶として勤めながら歌を歌い続けている方です。

バラエティー番組などにも登場したりなさったりしていましたし、地元に近いところでコンサートがあったりしたので、そんな活動をなさっている方がいることは知っていました。図書館で著書を見つけて気軽に手にとってみましたが、文章はサラッと気負わずに読めるのですが、なかなかヘビーなエピソードが多めです。小さい頃のいじめ体験や、学校に馴染めず高校と大学で留年、大好きな歌が認められてデビューしたと思ったらガンが見つかり子宮を摘出。「マスコミが取り上げられる=華やかな人生」とはとても言えない歩みですね。

面白かったのが、お寺に生まれ育った著者ならではの幼い頃の描写です。生活のすぐ近くに仏具や仏像があり、お寺を切り盛りしていた祖母との会話の中には、普通に「にょらい」「おじょうど」といいう言葉が登場します。今ではそんな会話を交わす家庭も少なくなってきたと思いますが、私も信心深い祖母に可愛がられただけに、とても懐かしい感じがしました。

そんな彼女の歌は、YouTubeにもアップされています。「さくら」「願い」など。エッセイの中に登場しましたが、「願い」は廃校となった彼女の母校で、「さくら」はおそらく彼女が生まれ育った華咲山教恩寺で撮影したのではないかと思います(華咲山の山号に相応しい見事な桜です)。メロディーは美しく、歌声も柔らかでいながら力強さが感じられます。

今は積極的にお寺コンサートを行なっていて、歌とともに闘病体験を語ったりなさっているとか。首から輪袈裟を下げ、数珠を持ってステージにのぼっているそうです。そのステージを拝見する機会もきっとあると思いますので、楽しみにしたいですね。

公式サイト


【歌う。尼さん】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ