2012-02-26

あすか夢販売所は新鮮直売所 (ルネッサンスBOOKS)

明日香村の村営の農産物直売所の細腕繁盛記!

奈良県明日香村の飛鳥駅前にある、農産物直売所「あすか夢販売所」のオープンからの記録です。1999年4月にスタートした施設で、2005年には建物をリニューアルしています。本書は2006年の発売ともう6年も前になりますが、今でも内容は全く古びていません。

地元の野菜を販売する「農産物直売所」では、大量仕入れのスーパーなどとは全く違う苦労があります。仕入れ量が一定しなかったり、野菜を持ち込む農家さんによって価格設定への想定ラインが全く違ったり。また、例えば大根を販売するにしても、スーパーのように全ての農家さんのものを一箇所に集めてしまえば、買い回りには便利ですが、農家さんそれぞれの違いが伝わりにくくなります。お安く新鮮な野菜が手に入る農産物直売所ですが、持ち込まれる野菜の品質を維持するためには、大変なオペレーションが必要となるのです。

2006年には、何と「2.15億」という売上を記録しているそうですので、これはもう大成功でしょう。明日香村という土地は、色んな意味で特殊ですが、きっと今頃は日本全国で同様の成功例が出ているんでしょうね。

ちなみに、私も奈良へ移住してきたばかりの頃、ここには何度もお邪魔しました。その当時はやや粗末な建物で、こんなものが観光地の駅前にあることにも驚きましたし、明日香村という場所で様々な野菜類が栽培されているという事実にも驚いたものでした。リニューアルしてからは一度くらいしか入店していませんが、この本を読んだ後には、何気なく見逃していた店舗内の細部まで、興味深く楽しめると思います。

飛鳥ファンの方は機会があったら手にとってみてください。奈良県内の図書館であれば所蔵していると思います!


【あすか夢販売所は新鮮直売所 (ルネッサンスBOOKS) 】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ