2012-01-21

大台ヶ原山 知られざる謎

役小角すら立ち入らなかった「大台ケ原」の開発の歴史

紀伊半島で和歌山と奈良を隔てる山域「大台ケ原」について、代表的な人物の足跡から歴史をたどった一冊。明治時代にも「役小角、行基、空海ですら立ち入らなかった」と語られていたほどの土地です。山岳高地での修行を行った彼らでさえ、この山に分け入った形跡がないというのですから、よく考えれば不思議なことですね。

幕末から明治にかけて、北方探検で名を馳せた探検家「松浦武四郎」が、その晩年に大台ケ原の調査・探索をしたことから、この地域が広くその名前を知られるようになりました。その後、「古川嵩(かさむ)」によって、大台ヶ原に教会が建てられますが、廃仏毀釈の時代ならではの苦労があったようです。この二人のエピソードを丹念に追っているため、地名などやや分かりづらい部分はありましたが、開拓秘話として十分に楽しめる内容でした。

また、伝承などをたどって、この一帯が水銀などの鉱物を産出したため、禁足地に近い扱いだったのではないかなどの検証も行われています。一本足のたたらの話や、この土地で最後に見つかったニホンオオカミの話なども興味深く読めました。


【大台ヶ原山 知られざる謎】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ