2011-09-05

極・飛鳥

飛鳥エリアの3市町村が共同して出版した渋い内容のムック本

奈良県の橿原市・高取町・明日香村の、いわゆる飛鳥エリアの3市町村が共同して商業誌を発売するという、珍しいムック本『極・飛鳥(きわみ・あすか)』。国の緊急雇用創出事業の1つとして企画されたそうで(こちら)、著者名も「橿原高市広域行政事務組合」です。この秋には、同地区を舞台に撮影された、河瀬直美監督作品「朱花(はねづ)の月」も公開され、行政も頑張ってプロモーションに励んでいます。

私はこのエリア在住のブロガーの端くれですから、すぐに購入しましたが、なかなか読み応えのある内容でした。ただし、かなり渋い(=地味)な内容なので、どこまで一般受けしてくれることやら…。例えば、冒頭近くのページでも、壺阪寺・久米寺・おふさ観音・飛鳥坐神社・岡寺などはまだ分かりやすい方で、光雲寺・保寿院などが各1ページ、その他にもなかなか名前を聞かない神社仏閣が多数掲載されていて、もう渋いとしか言いようがありません(笑)

中ほどのページからは、聖徳太子や中大兄皇子など、人にまつわる場所を辿っていく内容になり、これは分かりやすいですね。最後はエリア内のお店紹介にマップが掲載されていて、このエリアのガイド本としてはよくまとまっていると思います。全体的に、お寺や神社の比率が多すぎるような印象を受けますが、飛鳥エリアの最大の武器であり魅力ですし、行政サイドが無理やりひねり出した奇妙な企画を推すよりも、これでいくべきでしょうね。

個人的にも、まだ高取町エリアは行っていない場所が多いので、この本を片手にあれこれ歩いてみたいと思います。興味のある飛鳥ファンの方は、ぜひ書店で手にとってみてください!


【極・飛鳥】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ