奈良を愉しむ

屋台も復活!『高田千本桜』でお花見 @大中公園(大和高田市)

高田川沿いに「約1,200本」もの桜並木が続く『高田千本桜』(大和高田市)でお花見を楽しんできました。コロナ禍でここ数年はお花見も自粛、屋台も出店していませんでしたが、今年は晴れて復活!夜はライトアップも行われていますので、ぜひお出かけください!

奈良県中部のド定番のお花見スポット

奈良県中部の桜の名所である、大和高田市の『高田千本桜』。市内を流れる高田川沿いの両岸に「約1,200本」もの桜が植えられており、夜はライトアップも行われます。

今年も見事!『高田の千本桜』の夜桜 @大中公園(大和高田市)(2018-03-29)今年もまた、大和高田市の桜の名所「高田の千本桜」で夜桜を楽しんできました。高田川沿いの両岸に「約1,200本」もの桜が植えられていて、その中心となる大中公園はたくさんの人で賑わいます。

約1,200本の桜並木!『高田の千本桜』@大和高田市(2015-04-04)高田川沿いに約1,200本の桜が植えられ、『高田の千本桜』と呼ばれるほどの桜スポットです。屋台も出ていますし、芝生スペースや公園、川沿いなど、色んなところでのんびりと桜を愛でることができます。

私たちは自宅からも近いため、この時期はほぼ毎年お花見に訪れていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、お花見どころではない自粛自粛の春が続き、寂しい思いをしていました。

しかし2023年春、ようやく行動制限が解除され、お花見も解禁に!久々にのんびりと楽しんできました。

『高田千本桜』として知られる、高田川(大和高田市)沿いの桜並木。今年2023年は快晴の日中にお花見に出かけてみました。
観測史上最も早い3月21日にサクラの開花宣言が出された今年、この日(3/29)には満開に。週末には早くも散り始めるのでは、と心配になるほどでした。
▲お花見スポット「大中公園」(大和高田市立病院の前)の橋の上から。近隣には駐車場が少なく、大和高田市立病院の駐車場は「花見客のご利用はご遠慮ください」とのことですのでご注意を。
▲高田川の両岸に桜並木が続きます。風もない晴れた日には、水面に桜が映ってきれいです!満開のソメイヨシノの下でのんびりお花見できます。
▲スマホで撮影した画像。映える!

久々に屋台も並び、賑わっていました

▲ここ数年はコロナ禍で出店が見合わされていましたが、2023年春は屋台も復活。春休み中のお子さんたちなどで賑わっていました。コロナ前の状態に少しずつ近づいてますね!
▲屋台は店舗数は約20店ほどでしょうか。中でも行列が伸びていたのは「京都祇園 おくちかすてら」のお店でした。有名店?
▲こういった屋台業界(?)には、毎年のように目新しいアイテムが登場しますが、今年のそれは「10円パン」(500円)でした。串に刺さったパンが、まさに10円玉のデザインそのままで、確かに目立ちます。SNSで大バズリ中というのも納得でした(※並んでたので食べてませんが)。
▲私たちは、屋台メシの定番「唐揚げ」と「広島焼き」などを購入して、満開の桜の下でいただきました。自宅から持ってきたジェネリック(?)のビール飲料とともにいただきます!
▲食べようとしたら、桜の花びらが落ちてきたり。
なお、風流なことばかりでもなく、桜の木にとまる鳥のフンが降ってきたりもしますのでご注意を 笑
久々のお花見!
唐揚げが冷めてようが、ビールがジェネリックであろうが、鳥のフンが怖かろうが、そんなことはいいんです。ほんと気持ちよかった!

春真っ盛り!気持ち良いお花見でした

大中公園

HP参考サイト:大和路アーカイブ
SNS大和高田市 みくちゃんFacebook みくちゃんTwitter
住所奈良県大和高田市大字大中
電話0745-22-2201(大和高田市公園緑地課)
駐車場近隣の有料駐車場を利用
アクセス・近鉄「大和高田市駅」から徒歩約10分
・JR高田駅から徒歩約15分
備考2023年の「高田千本桜ライトアップ」は 3/25~4/3まで(18:30~21:00)。桜の開花状況等により延長する場合もあるそうです。
※実際にお邪魔したのは「2023年3月28日」でした。

関連する記事