奈良を愉しむ

秋の奈良公園で「シカ」と「イチョウの紅葉」を愛でてきました

秋の奈良公園@奈良市-04

秋の奈良公園を散策して、紅葉や鹿たちを愛でてきました。イチョウの葉が黄色く色づいて見事でした!長らく続いたコロナ禍もようやく終息の気配が見られ、奈良の中心部も人が増えつつあります。当たり前だった日常が戻ってきた感があって嬉しいですね。

(※なお、この日は曇り空で、しかも夕方だったため、写真自体の出来栄えはイマイチです。ご容赦ください。)

奈良公園周辺に人出が戻ってきています

▲東大寺で出会った見返り鹿。美人さん!
▲東大寺・大仏殿の様子。これで平日の16時20分ですから、だいぶ人出が戻ってきた印象があります。
▲東大寺・中門の前。キリッとした表情で歩く鹿。毛が生え変わって毛並みが良くなってます。
▲鏡池の紅葉と親子鹿。

東大寺・大仏池のイチョウの紅葉など

▲こちらは大仏池(大仏殿の北西の池)の紅葉。黄色と赤色のコントラストが美しいです。時間が遅めだったので、もう鹿の姿はありませんでした。
▲大きなイチョウ。落葉で黄色い絨毯が!
▲紅葉ごしの東大寺・大仏殿。
▲大仏殿の裏手では「東大寺 講堂・三面僧坊跡整備事業」の工事が行われていました。この近くにもイチョウの落葉が美しいスポットがあるのですが、工事の柵などのため見栄えはイマイチ。残念。
▲赤色。
▲黄色。

鮮やかな赤と黄!紅葉に染まった『東大寺』@奈良市(2014-11-28)奈良の大仏さまがおわす『東大寺』。広大な境内のいたるところで紅葉が観られ、秋はより美しい風景が楽しめます。この日は、紅葉も終わりかけで曇り空という残念なコンディションでしたが、それでもとても美しい紅葉が楽しめました。…

発情期のオス鹿たちにはご注意を

▲鹿たちは発情期を迎えています。首などを泥だらけにしているオス鹿には要注意。普段は愛想のいい鹿たちですが、オス鹿同士の角のつきあわせなども行われます。決して近づかないように。

※鹿の「行動・生態」については、奈良の鹿愛護会さんのこちらのページ をご覧ください。面白いですよ!
▲とはいえ、普段はのんびりしたものです。
▲仲良し親子シカ。
▲ふっさふさのシカケツ。
▲奈良公園の夕暮れ。いつの間にか日が落ちるのが早くなりましたね。
▲こちらは猿沢池の近くのお土産物屋ストリート。修学旅行生たちがお買い物に夢中でした。平日18時にこれだけ店が開いているなんて、久しぶりな気がします。

※実際にお邪魔したのは「2022年11月16日」でした。

関連する記事