奈良を愉しむ

約100種類・3万本のハナショウブが見頃 @馬見丘陵公園(広陵町・河合町)

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

広陵町と河合町に広がる「奈良県営馬見丘陵公園」園内の花菖蒲園では、“約100種類・3万本” の花菖蒲(はなしょうぶ)が見頃を迎えています今週末には『馬見花菖蒲まつり』も開催になります。ぜひお越しください!

今週末は『馬見花菖蒲まつり』が開催に

広陵町と河合町に広がる「奈良県営馬見丘陵公園」(InstagramYouTube)。馬見丘陵古墳群を含む広大なエリアが公園化されており、四季折々の花々が楽しめるのどかな公園です。

園内の「花菖蒲園」では、“約100種類・3万本” の花菖蒲(はなしょうぶ)が植えられており、6月初旬ごろに見頃を迎えます。

梅雨空に似合う『花菖蒲』が見頃@馬見丘陵公園(河合町)(2014-06-07)馬見丘陵公園で、約100種類・3万本の「花菖蒲(はなしょうぶ)」が満開になりました。見頃は5月下旬から6月末ごろまで。6月初旬の3日間は「馬見花菖蒲まつり」も開催され、とても賑やかでした!

毎年恒例となった『馬見花菖蒲まつり』は、2023年は6月10日・11日の2日間で開催されますが、その直前となったこの日、ちょうど見頃を迎えていました。

▲馬見丘陵公園の「花菖蒲園」。広々とした敷地に、濃紫、薄紫、白、青など、色とりどりの花菖蒲が咲き誇ります。
▲近くから見たところ。
この日は平日の夕方のため人出も少なめでしたが、イベント時や週末にはカメラを手にした人たちで賑わいます。
▲花菖蒲園の中にはこうした「八つ橋」が2つ架けられています。ここは人気の撮影スポットで、ぜひ渡っている姿を撮影してみてください!
▲花菖蒲園にあった「ハナショウブ・アヤメ・カキツバタの主な違い」の説明。姿が似ていて混同されやすいこの3種類ですが、こんな違いがあるのだとか。覚えておきたいですね。

第9回 馬見花菖蒲まつり

HPhttps://www.pref.nara.jp/item/294689.htm#itemid294689
日程2023年6月10日(土曜日)・11日(日曜日)
時間10:00~16:00
場所奈良県営馬見丘陵公園(河合町・広陵町)
入園料無料

梅雨らしいアジサイも見頃を迎えてます

▲また、梅雨らしい「紫陽花(あじさい)」も見頃となっています。園内のあじさい園を中心に「約4,000株」が植えられているとか。
▲こんなガクアジサイも。いろんな色や形があって面白いですね。

奈良県営馬見丘陵公園

HPhttp://www.pref.nara.jp/1780.htm
SNSInstagram YouTube
住所奈良県北葛城郡河合町佐味田2202
電話0745-56-3851
開園時間8:00~18:00
※6~8月は19:00まで、11~2月は17:00まで
駐車場無料(982台)
※公園内にはゴミ箱はありません。
※犬の散歩などのペットを連れての入園はできません。
※実際にお邪魔したのは「2023年6月7日」でした。