2014-06-07

梅雨空に似合う『花菖蒲』が見頃@馬見丘陵公園(河合町)

梅雨空に似合う『花菖蒲』が見頃@馬見丘陵公園(河合町)

広陵町~河合町にまたがる『馬見丘陵公園』で、約100種類・3万本の「花菖蒲(はなしょうぶ)」が満開になりました。見頃は5月下旬から6月末ごろまで。6月初旬の3日間は「馬見花菖蒲まつり」も開催され、とても賑やかでした!梅雨の合間に艶やかな花菖蒲を観に行ってみてください!


屋台なども登場する『馬見花菖蒲まつり』

広陵町から河合町にかけて広がる『馬見丘陵公園(うまみきゅうりょうこうえん)』。4~5世紀の「馬見丘陵古墳群」を含む広大なエリアが公園化されています。入園料も無料で、四季の花々が楽しめたり、芝生の広場で遊べたりと、のんびりと過ごせる素敵な公園です。

公園内には「花菖蒲園」があり、約100種類・3万本の花しょうぶが植えられています。満開を迎える6月の初旬ごろには『馬見花菖蒲まつり』が開催されます(2014年は6月6日~6月8日の3日間でした)。

満開の花しょうぶを観て楽しむだけではなく、奈良県内の飲食店の屋台の「グルメストリート」があったり、ミニコンサートや大道芸パフォーマンス、お茶席に植木市、園芸相談なども開催されました。

この日は梅雨の曇り空でしたが、幸い雨も降らず、たくさんのカメラマンや家族連れで賑わっていました。


花しょうぶ@馬見丘陵公園-01

広陵町と河合町にまたがる『馬見丘陵公園』。広大な敷地に四季の花々が咲き誇り、のんびりできる公園として整備されています。古墳もいくつもあり、「公園館」ではその簡単な説明なども観られます

花しょうぶ@馬見丘陵公園-02
馬見丘陵公園で開催された『馬見花菖蒲まつり』の案内。2014年が第2回目になるとか。3日間だけの短いイベントですが、色んな企画があります

花しょうぶ@馬見丘陵公園-03
植木たちをリーズナブルに買える「植木市」。我が家も桔梗を一鉢買いました。また周辺には奈良の食べ物屋さんの屋台も出店していました

花しょうぶ@馬見丘陵公園-04
音楽ステージでの演奏会も。私たちが拝見した時は、二胡演奏の「しゃん・ふう」さんの演奏でした。初めて間近で聞きましたが、迫力ありました!

花しょうぶ@馬見丘陵公園-05
園内を大道芸パフォーマンスの方たちが移動しながら芸を披露してくれていました。アコーディオンにバルーンアート、ジャグリング系の方もいらっしゃいました


約100種類・3万本。艶やかな花しょうぶ

馬見丘陵公園の「花菖蒲」(Wikipedia)は、約100種・3万本。紫・黄・白・ピンク・青など、色鮮やかに咲き誇ります。5月下旬ごろから咲き始め、6月いっぱいまで楽しめるとか。

この日はほぼ満開に近い開花状況で、本当に見事なものでした。大きなカメラで狙っている方もいれば、お年寄りからお子さんまで楽しそうに花を愛でていました。

ちなみに、しょうぶ・あやめ・かきつばたなどは見た目が似ていて区別がつきづらいものですが、菖蒲と花菖蒲もまた別物なのだとか。私などにはまったく見分けもつきませんが、それなりに見分け方もあるようですね(こちらをご参考に→「菖蒲(あやめ)・菖蒲(しょうぶ)・かきつばたの違い」)。


花しょうぶ@馬見丘陵公園-07

馬見丘陵公園の「花菖蒲園」。濃い紫や薄紫、白や青など、いろんな色の花菖蒲が咲いています。花が大きく主脈が太く、湿地帯に育つのが特徴だとか

花しょうぶ@馬見丘陵公園-06
花菖蒲には、大きく分けて「江戸系・伊勢系・肥後系・長井系」という系統があるそうです。花の脇に品種名と系統が表示されていましたので、調べながら見比べるといいですね。素人目には色くらいしか違いが分かりませんでした(笑)

花しょうぶ@馬見丘陵公園-08
手前の濃い紫のものは「夕霧(伊勢系)」、奥の白いものは「乙女の夢(江戸系)」。古くから園芸品種だった花菖蒲は、古式な名前がたくさん観られました

花しょうぶ@馬見丘陵公園-09
こうした橋は「八つ橋」と呼ばれたりするのだとか。余談ですが、花札の5月の札は「菖蒲と八橋」と呼ばれ、こういう橋が描かれますが、じつは菖蒲は水辺に咲かないため、正しくは杜若(かきつばた)の花だそうです

花しょうぶ@馬見丘陵公園-10

花しょうぶ@馬見丘陵公園-11

花しょうぶ@馬見丘陵公園-12

花しょうぶ@馬見丘陵公園-13

花しょうぶ@馬見丘陵公園-14

花しょうぶ@馬見丘陵公園-15

花しょうぶ@馬見丘陵公園-16

花しょうぶ@馬見丘陵公園-17

花しょうぶ@馬見丘陵公園-18


バラやシモツケなども開花しています

広大な馬見丘陵公園の園内では、四季折々さまざまな花が開花しています。

公式ホームページの「馬見花だより」というページは、随時更新されていて、その時に咲いている花が分かるようになっていますので、事前にチェックしておくといいですね。

この日は、花菖蒲が満開、バラ園がやや終わりかけ。シモツケやキンシバイなど、私はその名前すら初めて耳にするような花たちも観られました。正しく名前を断定する自信はありませんので、写真だけ掲載しておきます。


花しょうぶ@馬見丘陵公園-19

花しょうぶ@馬見丘陵公園-20

花しょうぶ@馬見丘陵公園-21

花しょうぶ@馬見丘陵公園-22

花しょうぶ@馬見丘陵公園-23

花しょうぶ@馬見丘陵公園-24

花しょうぶ@馬見丘陵公園-25

花しょうぶ@馬見丘陵公園-26

花しょうぶ@馬見丘陵公園-27

花しょうぶ@馬見丘陵公園-28

花しょうぶ@馬見丘陵公園-29

花しょうぶ@馬見丘陵公園-30

花しょうぶ@馬見丘陵公園-31



■やまと花ごよみ2014 馬見花菖蒲まつり

HP: http://www.pref.nara.jp/35118.htm

会期: 2014年6月6日(金)~6月8日(日)
時間: 10:00 - 16:00
料金: 無料

会場: 馬見丘陵公園
住所: 奈良県北葛城郡河合町佐味田2202
電話: 0745-56-3851
駐車場: 無料(580台分)
アクセス: 近鉄「五位堂駅」から、バス「馬見丘陵公園」下車すぐ


■参考にさせていただきました

【読売新聞】しっとり鮮やか花菖蒲 馬見丘陵公園
【NHK奈良県のニュース】馬見丘陵公園で花菖蒲まつり


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ