奈良を愉しむ

「興福寺五重塔」特別公開!初層の仏さま12躯や心柱に参拝できます

興福寺 国宝特別公開「五重塔」-05

奈良のランドマークとして親しまれる「興福寺五重塔」(国宝)の特別公開で、初層の12躯の仏さま、塔の中心を貫く心柱(の根本部分)などを拝見してきました。特別公開の後、約120年ぶりの大規模な修理が始まり、全体が素屋根に覆われます。2030年3月までその姿が見えなくなってしまいますので、今のうちに目に焼き付けてきました。

約120年ぶりの大規模修理の前の特別公開

奈良のランドマークであり、これまで何度も前を通り、何枚も写真を撮ってきた興福寺五重塔(国宝)。明治33年(1900)以来という、約120年ぶりの大規模修理に入る前の特別公開が開催中です(2022/9/17~10/16)。

『興福寺』五重塔の初層を拝観しました!@奈良市(2008-11-04)奈良に来てからというもの、何度も何度も前を通ってきた『興福寺』の「五重塔(国宝)」。その内部に入ることなど、これまで考えたこともありませんでした。五重塔の初層だけではなく、南円堂の内陣、北円堂まで一斉に公開!参拝してきました。

調べてみると、私たちは2008年11月(今から14年前!)に行われた特別公開の際に参拝していました。その後も幾度か開催されていますが、もうそんなに経つのかと驚きました!

▲古都・奈良のシンボルである興福寺・五重塔(手前の建物は「東金堂」)。この特別公開が終わると、五重塔は大規模な修理が始まります。終了予定の2030年3月までは、塔全体が素屋根で覆われ、現在の姿はしばらく見られなくなってしまいます。しばしのお別れを惜しんおきましょう。
▲興福寺境内に掲示してあったポスター。
今回の特別公開は、当初は2022年3月に実施予定でしたが、新型コロナの感染急拡大のため延期されていました。今回は感染防止対策を徹底して実施されます。
興福寺 国宝特別公開「五重塔」-03
▲特別公開中の興福寺五重塔。いつもは外側の柵までしか近寄れませんが、今だけはさらに近づけますし、初層の内部を拝見できます。これがどれだけ貴重なことか!
▲拝観チケットは、東金堂の向かいに建つ「興福寺勧進所」で購入します。日曜日の昼過ぎということもあって、いくらか行列ができていました。建物内には自動券売機が2台あり、非接触で購入できます。
▲特別公開では、いつもよりも間近にその姿を拝見できますが、内陣の仏さまはもちろん、建物自体についても敷地内での写真撮影は禁止されています。撮影は柵の外側から行いましょう。

五重塔初層には柔和な印象の12躯の仏さまが

▲興福寺五重塔は、天平2年(730)に興福寺の創建者である藤原不比等の娘・光明皇后の発願により建立されました。高さは50.1m。5回の焼失と再建を経て、現在の塔は、室町時代の応永33年(1426)に建てられたものです。

▲大規模な修理は明治33年(1900)以来。遠目からはあまり気づきませんが、間近で見ると傷みが目立ちます。適切な修繕が必要なタイミングであることが実感できます。

▲興福寺五重塔の初層の須弥壇には、薬師三尊像(東)・釈迦三尊像(南)・阿弥陀三尊像(西)・弥勒三尊像(北)の計12躯が安置されています。五重塔の再建から間もない時期に造られたもので、当時の奈良の各寺の仏像を多く手掛けた椿井仏所の仏師の作だとか。

▲どの仏さまも室町時代の作ということで、奈良の基準で考えると比較的新しい像となりますが、どこかおっとり柔和な表情と体躯をなさっています。これから五重塔を見上げるたびに、「あんな優しい仏さまがいらっしゃるんだ」と具体的にイメージできるようになるのは嬉しいですね。

▲須弥壇の下部(北側)の板が外してあり、五重塔の心柱が巨大な礎石の上に乗っている部分も見られます。心柱は塔を貫く中心であり、地震などの揺れを吸収する役割も果たしています。
▲参拝記念としていただいたパンフレット。五重塔や仏さまの解説だけではなく、中にはありがたい護符が入っています。
▲また、参拝者限定で「切り絵特別御朱印」(1,000円 1人1枚まで)も授与していただけました。五重塔と五十二段が美しい切り絵で描かれています。特別御朱印(300円)もありますので、ぜひいただきましょう。

工事終了は2030年3月予定。しばしお別れです

▲五重塔の北側には、現在も足場の一部が残されています。近いうちに全体が素屋根に覆われてまったく見えなくなります(2030年3月まで予定)。
▲見慣れたこんな風景も、
▲猿沢池越しのこんな風景も、しばらく見られなくなってしまいます。
▲ぜひ今のうちに興福寺五重塔の姿を拝んでおきましょう!

興福寺 国宝特別公開「五重塔」

HP興福寺HP
SNSTwitter
関連ページ│お知らせ│興福寺国宝特別公開「五重塔」
会期2022年9月17日(土)~10月16日(日)
時間9:00~17:00(最終受付 16:45)
拝観料大人・大学生 1,000円、中高生 600円、小学生 400円
電話0742-22-7755(本坊寺務所)
※実際に参拝したのは「2022年9月18日」でした。
関連する記事