2012-02-11

奈良の冬を彩る青い光『しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2012』

奈良の冬を彩る青い光『しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2012』

第3回目を迎えた『しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2012』に行ってきました。今年は東大寺・戒壇院戒壇堂の夜間拝観が初開催されるなど、確実にスケールアップしています。本当に充実した内容で、とても楽しめました!


春日大社・東大寺・興福寺を繋ぎます

2012年で3回目を迎えた、奈良の新しい冬のイベント『しあわせ回廊 なら瑠璃絵 』。毎年少しずつ内容を修正しながら、次第に大きなイベントに成長してきています。

「しあわせ回廊なら瑠璃絵」は、早春のこの時期に夜間特別拝観を実施頂く、春日大社、東大寺、興福寺という奈良を代表する三社寺を幻想的な光の道でつなぎ美しい瑠璃絵の世界に皆様を誘(いざな)います。

それぞれの社寺で手を合わせて頂くことで、心が洗われ、しあわせが訪れることを、そしてその小さな祈りの数々が大きな平和の祈りとなって世界に届くように、瑠璃色の星がいつまでも美しく輝くように、そんな願いを込めて実施いたします。

ならを訪れる人々の美しい姿を優しいひかりでてらす
しあわせ回廊 なら瑠璃絵


春日大社・東大寺・興福寺の三社寺を中心に、その間に位置する浮雲園地・奈良国立博物館など、夜間拝観やライトアップなどを回遊してまわるようになっています。

史上初の試みとして、東大寺・戒壇院戒壇堂の夜間拝観が行われたり、春日大社では万燈籠と夜間拝観など、興福寺でも東金堂・国宝館の夜間拝観が可能になったりと、見所も満載でした。ちなみに、毎年バレンタインデーの2月14日が最終日に設定されていて、今年は花火も打ち上げられました。

この記事を書いている時点で、もうなら瑠璃絵は終了してしまっていますが、明らかに毎年確実に進化してきていて、2012年は本当に素晴らしい内容でした!


夜の戒壇堂の四天王像はより凛々しく

2012年の『しあわせ回廊 なら瑠璃絵』には、東京からやって来る知人と待ち合わせしたため、まだ夕暮れの時間帯から東大寺・戒壇院戒壇堂からスタートしました。

東大寺の「戒壇堂」とは、仏像ファンなら知らぬ者はいないほどの有名な四天王像が安置されているお堂です。東日本で放送されているJR東海のコマーシャルで、ちょうど四天王像をフューチャーした映像が流れているため、今回の史上初の夜間公開も大きな話題になっていました。

その結果、いつもの静かな戒壇堂の姿を知っている私たちにとっては、ちょっと驚くくらいの人が押し寄せていて、やや騒々しいのも事実でした。しかし、それを補って余りあるほど、夜の戒壇堂は素晴らしいですね。特別なライティングがしてあるわけではありませんが、苦み走った表情をした方々がよりニヒルに、足元の邪鬼たちもより活き活きとしています。

靴を脱いで周辺を歩くタイプのお堂ですから、寒さでそんなに長居できないのが名残惜しいほどでした。お堂前のライトアップも美しくて、ぜひ来年も続けて欲しいと願っています!


しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-01

2012年で3回目となった冬のイベント『しあわせ回廊 なら瑠璃絵』。東京からやって来る知人と待ち合わせしながら、夕暮れからスタートしました。この夕日は、東大寺の戒壇院戒壇堂前から。この日はいいお天気で、冷え込みも穏やかでした

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-02
今年の目玉企画とも言えるのが、初めての開催となる東大寺・戒壇堂の夜間拝観でした。夕方の開門時間を待ちわびた方たちが続々と門をくぐっていきます。まだ明るい時間の写真のためいつも通りに見えますが、夕闇が迫ってくるととても美しかったです!また、お堂の中はかなりの混雑になっていました

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-03

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-04

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-05
戒壇堂から、東大寺の境内を奈良公園方面へ歩きます。大仏殿前や仁王門がライトアップされていて、とても見事な光景でした!私たちなどは、夏の夜のライトアップは見慣れていますが、冬の澄んだ空気の中で見るとまた違った印象を受けます

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-06

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-07

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-08
東大寺・南大門の仁王像(阿形像)。昼間は正面の金網が邪魔になって上手く写真に写らない方たちですが、夜のライトアップ中ならきれいに撮影できます。定期的にライトアップされていますので、ぜひチェックしてください

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-09


神秘的な青い光に包まれた浮雲園地会場

メインとなる浮雲園地会場の新公会堂の周辺も、とても賑やかでした。どうしても夏の「なら燈花会」などと比較してしまいますので、やや灯りの厚みが足りないような印象は受けますが(テーマカラーが青のため余計に静かに感じます)、ちゃんと工夫された美しいものでした。

また、奈良県の南部は、まだ昨年の台風被害から完全復活したことをアピールしていました。これをきっかけにまたたくさんの方が奈良南部に訪れてくれることを祈っています。


しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-11

浮雲園地会場の奈良県新公会堂の前の歩道には、なら瑠璃絵のシンボルともなっている電飾飾りが並んでいます。冬らしく凛とした青がメインカラーに。光の厚みはやや足りない印象もありますが、足元を照らす役割もあるので仕方ないのかもしれません

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-10
なら瑠璃絵のロゴ入りです

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-12
メインの会場となる新公会堂前には、こんな提灯飾りも登場していました。協賛各社のネーム入りですね

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-13
この日は、五條市のゆるキャラたちが大集合!奥側から「ゴーちゃん」、旧吉野村出身の「カッキー」、旧大塔村出身の「星博士」。市町村合併によってゆるキャラも複数体制になっていて、この三者のユニット名は「ゴーカスター」というのだとか!この他、十津川村のゆるキャラ「郷士くん」の姿も見られました

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-14
深刻な台風被害から立ち直りつつある十津川村からは、十津川温泉から出張足湯のサービスが。入ってみたかったんですが、大盛況すぎて無理でした(笑)

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-15
新公会堂の裏手には、なら瑠璃絵名物の「しあわせココア(@500円)」の販売ブースがありました。担当なさっているのは、創業1615年・宮内庁御用達の吉野葛の老舗「黒川本家」さん。本葛入りのトロリと濃厚なココアなんですが、これが上品な味わいで本当に美味しいんですよ!体は温まるしこのイベントには最適です。毎回いただいているはずなんですが、今年が一番美味しく感じました。年々進化してるのかも?

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-16
新公会堂に出来た渡り廊下に沿って、青い灯りが配置されています。引いた場所から見るとなかなかきれいなんですが、写真に撮ろうと思うとアングルが難しいんですよね。実物よりも寂しい感じに写ってしまいます

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-17
小川に渡されたネット状の電飾は、パターンにそって点滅します


春日大社会場の「ミラーボーラーズ」がすごい!

浮雲園地会場から春日大社会場へ向かいました。係の方が仕切りにそちらへ誘導しているのですが、春日大社の参道はかなり長いことも知っていますし、次の待ち合わせがあったため、時間が足りずにそのままスルーしようかとも思ったのです。

しかし、Facebookなどでも参道の途中にある「ミラーボーラーズ」というアート作品が見事だと聞いていたので、頑張って行ってみたのですが、想像以上でした!幻想的で良かったです!

歴史ある春日大社の参道に、キラキラのミラーボールが吊るされているというギャップも面白いですね。数ヶ月前に、おん祭の神秘的な「遷幸の儀」を拝見したばかりでしたので、より落差が大きく感じられました(笑)

時間の都合で、残念ながら春日大社の夜間拝観には行けませんでしたが、来年は万燈会も含めてじっくりと味わってみたいと思います。


しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-18

春日大社の参道では、両脇にライトに薄布をかぶせたものが両脇に並び、薄暗い中を進みます。しばらく進むと、何やら華やかにまばゆい灯りが見えてきます。これは吊るされた多数のミラーボール!展示名は「ミラーボーラーズ」というアート作品です。地面や木々に灯りが写ってものすごくきれいなんです!

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-19
風でミラーボールが回ると、反射された光の点も位置を変えます。こんなところで見ると、ミラーボールの光もより幻想的に見えますね

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-20

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-21

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-22

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2012-23
奈良駅方面へ向かう道すがら、奈良国立博物館の壁面に映像を投影する「エプソン ART PROJECTION」も少しだけ拝見しました。時間の関係で、春日大社や興福寺の夜間拝観、仏教美術資料研究センターのライトアップなど、見逃してしまったスポットも多かったのが残念です。本当に楽しいイベントに成長していますね!関係者の皆さま、ありがとうございました!


■しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2012

HP: http://www.rurie.jp/
開催場所: 奈良公園周辺
開催期間: 2012年2月8日(水)- 14日(火)
開催時間: 17:30 - 20:30


■参考にさせていただきました!

Facebookページ「なら瑠璃絵」
「しあわせ回廊なら瑠璃絵」開催へ-最終日には打ち上げ花火も - 奈良経済新聞


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ