2009-06-08

お父さんのための『USJ』講座<乗物編2>

USJ-ウォーターワールド

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)』レポートシリーズの第2回目です。ド定番の『ジョーズ』『ウォーターワールド』なども、しっかりと見てきました!


■『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』レポート
 乗物編1 │ 乗物編2 │ 食べ物編 │ まとめ │ オマケ:UCW


意外とのんびり楽しめる『ジョーズ』

USJ-ジョーズ-01

今も昔も人気のライド・アトラクション『ジョーズ』。

元になった映画「ジョーズ」は、何と1975年公開と、もう今から30年(!)も昔の映画なんですが、アトラクションは依然大人気です!お子さんの乗車制限などもないため、この日も昼間から1時間近い待ち時間が発生し、閉園間際に行った時でさえ、30分以上も行列に並びました・・・。

設定は、ジョーズが退治されて平和を取り戻し、海水浴客などを集める小さな漁村「アミティ」の町を、ボートで観光していたら、退治したはずのジョーズが再び現れて・・・というもの。

基本的に、激しい動きなどがあるワケではありませんが、体長9.75メートル・重さ2.7トンのジョーズが秒速6メートルで迫ってきたり、遠くでタンクが爆発したりと、映画の雰囲気そのままですね。観光ガイド役のクルーの方が、マイクで盛り上げながら、ライフルをぶっ放したりしますので、ぜひ一緒に盛り上がってください!

また、席によっては水がかかるケースもありますので、その点は覚悟しておきましょう。それも含めて、のんびりと楽しめるアトラクションだと思います!


USJ-ジョーズ-02

行列中の様子。ジョーズが退治されて平和を取り戻し、海水浴客などを集める小さな漁村「アミティ」の町を再現しています。閉園近い時間帯でしたが、最後まで30分以上の待ち時間が続きました

USJ-ジョーズ-03
右手に見えるボートでコースをめぐります。セットは細かい部分まで作りこまれていて、見ていて感心するほど(ほぼ映画どおりなんだそうです)。間近に迫る巨大ジョーズは迫力がありますよ!


■ジョーズ
HP: http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/jaws.html


大迫力の水上ショー『ウォーターワールド』

USJ-ウォーターワールド-03

迫力の水上スタントが繰り広げられる、USJの人気のショーアトラクション『ウォーターワールド』。この日は、最終回の3回目のショーを見ましたが、待ち時間が発生するようなこともなく、スムーズに楽しめました。

ショーの設定は、地球の温暖化が進み、世界全体が海の底に沈んでしまった2X世紀。生き残った人類は、人口浮遊都市「アトール」に生活しています。放浪者マリーナは、伝説の「ドライランド(陸地)」への地図を背中に刻まれた少女と出会い、それを狙う海賊「スモーカーズ」との争いに巻き込まれる・・・というもの。

大ヒットを記録した映画「ウォーターワールド」をベースにしていますが、この映画も1995年の公開ですので、見たことが無い方も増えているでしょう。正直なところ、キャストの方が砂を取り出して「ドライランドが・・・」といったところで、映画を観ていない方には何のことやら分からないかもしれません。

ショー自体は、派手なスタントあり、激しい爆破あり、水上バイクのアクションありと、予備知識がなくても楽しめるものになっていますが、やはりビデオで予習してから見た方がより楽しめると思います。

また、ショーの時間ギリギリに席に付くのもいいのですが、その10分前くらいからキャストの方たちが主導して、ブーイングの練習などが行われます。ここから見ておくと気分も盛り上がっていいでしょう。

さらに、ステージ正面から少し左右にずれた辺りの前列の席では、水上バイクがターンする時に、思いっきり水がかかります!濡れることが苦にならない方は、この辺りに陣取るとより盛り上がりますよ!


USJ-ウォーターワールド-01

迫力のショーが楽しめる『ウォーターワールド』。3,000人収容の大規模なショーですので、それほど混雑することはないようです。この日は3回のショーを開催。最後の回(15:15から)を見たのですが、お客さんが続々と詰め掛けていました

USJ-ウォーターワールド-02
ステージの外観も、映画そのまま。その周辺には劇中に登場した船などもありますので、雰囲気ありますね。映画を見て予習してから行くと、より楽しめると思います!


■ウォーターワールド
HP: http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/waterworld.html


熱いくらいの炎!『バックドラフト』

USJ-バックドラフト

大迫力の炎のショーが見られる『バックドラフト』。1991年公開の「バックドラフト」がベースになっているアトラクションですが、実は私もまだ観ていません・・・。

この「バックドラフト」という言葉は、火災現場で室内の隅っこでくすぶっていた炎が、ドアを開けるなどして空気が入った途端に大爆発を引き起こす現象のこと。このショーでも、40以上の特殊効果を使っていて、すぐ目の前に火柱が上がり、ドラム缶が吹き飛ぶなど、大迫力のショーが展開されます!

あまりの熱気で顔が熱くなるほどですが、何と、1回のショーだけで、一般家庭の一年分くらいのガスを使用しているのだとか!さすがに規模が違いますね。

私はユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで一度体験していたのですが、その時の驚きは今でもハッキリと覚えているくらいです。今回もかなり楽しめました!

このショーは、左側から前中後と3列に並んで進みますが、基本的にこの並びは最後まで変わりません。より大迫力を味わいたいなら、迷うことなく前列(右側)の列に並んでください。すぐ目の前で火柱が上がり、怖いくらいですから。

ただし、このショーは基本的に3部屋に分かれているのですが、最初の2部屋がアトラクションの説明的な内容のため、やや退屈なんですよね。ショーの時間は20分ほどなんですが、その間ずっと立ちっぱなしなので、気分がだれてきてしまいます。椅子に座って休憩がてら見られるようなショーではありませんので、ご注意ください。

あと、子供の入場制限などはありませんが、かなり刺激が強い内容ですので、小さなお子さんは避けた方が無難でしょう。この日も、小さな子供さんが泣き叫んで退場していってましたから(笑)


■バックドラフト
HP: http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/backdraft.html


大人が楽しい『アニメ・セレブレーション』

USJ-アニメ・セレブレーション-01

懐かしのキャラクター「ウッディー・ウッドペッカー」が大暴れする『アニメ・セレブレーション』。

基本的に、お子さま向けのショーアトラクションのため、我が家ではスルーしたくなるような雰囲気です。しかし、大抵のキャラクターに興味が無い私ですが、幼い頃、夕方に再放送されていたウッドペッカーのアニメを何度も何度も見ていたこともあって、ウッドペッカーだけは大好きなんですよね~(相方はほとんど見た記憶が無い・・・とのこと)。

ちょうど待ち時間無しで入れるタイミングだったため、喜んで飛び込んだのですが、大人でも十分に楽しめる内容でした!

「アニメーションの製作現場」に見学に来たら、その完成間近にウッドペッカーがリアルに動き回り始めて・・・という内容なんですが、キャストのお兄さんと、ホログラム映像のウッドペッカーの動きが見事に連動していて、真剣に見入ってしまいます。今では映像技術も発達したため、このくらいは簡単に実現できるのかもしれませんが、子供の頃の自分に見せてあげたいくらいですね(笑)

アニメーションの中で、ウッディーがくちばしで木をつついて「Woody Woodpecker」のタイトルロゴを掘り出すシーンなんて、かなり懐かしいムーブでした!でも、あの独特の鳴き声(笑い声?)は聞けなかったのが残念・・・。

・・・と、中年のオッサンは十分に楽しみましたが、ウッドペッカーというキャラクターは、最近の子供の認知度はどうなんでしょう?ちゃんと受け入れられているのか心配になっちゃいます(笑)


USJ-アニメ・セレブレーション-02

メインアトラクション前のプレホールの様子。「アニメーションの製作現場」に見学に来た、という設定のため、完成前のウッドペッカーの絵などが描かれています

USJ-アニメ・セレブレーション-03
ショーの主役「ウッディー・ウッドペッカー」と、アニメ制作の責任者のお兄さん(名前は忘れた・・・)。記念撮影にどうぞ。ショーが終わった後に出るホールでは、お子さんが喜ぶゲームなどが揃ってます!


■アニメ・セレブレーション
HP: http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/animation.html


セサミ&シュレックは断念しました・・・

USJ-シュレック&セサミ-4D

行列が絶えない人気アトラクション『シュレック 4-D アドベンチャー』と『セサミストリート 4-D ムービーマジック』。

同じホールで一日の前半と後半に分けて上演されるシステムで、この日はシュレックが「14:40まで」、セサミストリートが「15:20より」というスケジュールになっていました。

どちらのキャラクターにも全く興味が無い私たちも、やはり最新アトラクションですから「タイミングが合えば観てみたい!」と思っていたのですが、一日中とんでもない行列で・・・。またの機会にすることにしました!

ちなみに、どちらも3-Dメガネをかけて楽しむタイプで、シュレックは全編アニメーション、セサミストリートは実写となるそうです。間違いなく大人も楽しめる内容になっていると思いますので、行列覚悟でぜひ!


魔法の国「ランド・オブ・オズ」

USJ-ランド・オブ・オズ-01

映画「オズの魔法使い」をモチーフにしたエリア「ランド・オブ・オズ」。ほぼお子さま向けアトラクションが並ぶエリアなので、最後に少しだけ立ち寄ってみました。

大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカルの特別版で、オズの魔法使いをモチーフにしたショー『WICKED(ウィケッド)』などは、かなり評判がいいようなんですが、あまり興味がなかったのでスルー。この日は3回のショーが上演されていました。

小さなお子さんが大喜びして走り回りそうなプレイランドなどもありますので、お子さま連れの方はどうぞ。


USJ-ランド・オブ・オズ-02

入口すぐにある登場人物たちのフィギュア。映画じゃなくてアニメーション版?ちなみに、映画はタイトル『オズの魔法使』で、1939年公開。あのジュディー・ガーランド主演で、名曲「虹の彼方に」が登場し、アカデミー賞の部門賞も与えられた名画です!

USJ-ランド・オブ・オズ-03
オズの魔法使いをモチーフにしたショー『WICKED(ウィケッド)』。大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカルの特別版だとか。この日の上演はもう終わってました。芝生でお父さんが寝転んでいるのもご愛嬌!

USJ-ランド・オブ・オズ-04
名作コミック「ピーナッツ」(スヌーピーが登場するもの)をモチーフにした『スヌーピー・プレイランド』。ウォータースライダー『ペパーミント パティーのスタントスライド』と、巨大な電話やグローブがある『ビッグベンのフロップ・プラザ』というプレイランドがあります

USJ-ランド・オブ・オズ-06
これもオズの魔法使いをモチーフにしたメリーゴーラウンド『マジカル・オズ・ゴーラウンド』。小さなお子さんは大喜びですが、さすがに大人だけで乗る勇気は無かった・・・


8つのアトラクションを体験しました

合計7時間ほど園内をウロウロして、ほぼ予定していたアトラクションは制覇できたのですが、入れなかったところもありました。


■『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド
デロリアン号に乗って2015年にタイムスリップ・・・という、中年世代にもお馴染みの映画(我が家にはDVDまであります)をモチーフにしたアトラクションですが、1回に6人ずつしか乗り込めないため、いつまで待っても待ち時間は減らず・・・。今回は諦めました。

■『E.T.アドベンチャー』
のんびり楽しめるぬるいタイプのアトラクションでしたが、2009年5月に終了・・・。2009年7月から、新アトラクション『E.T.アドベンチャー ザ・レジェンド』へとリニューアルされるそうです。

■『マジカル・スターライト・パレード
USJが社運をかけて(?)臨む、最新の華やかなパレードですが、残念ながらこの日は開催されていませんでした。パレードが見たい方は、事前にチェックしてから出かけましょう!

■『ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー
映画「ビートルジュース」「フランケンシュタインの花嫁」などをモチーフにしたショーですが、時間的な余裕が無くて断念。


11時~18時の閉園ギリギリまで歩き回って、8つのショーとアトラクションを体験できました(食事も1度いただきました)ので、個人的にはかなり満足しています。

ちなみに、USJの敷地は思っていたほどは広くありませんでした。しかし、この日は万歩計をつけていたのですが、パーク内だけで「10,510歩」も歩いてました!これに往復の移動が含まれるのですから、もう自宅に帰り着く頃にはクタクタで・・・。もう少し楽なスケジュールで周った方が無難かもしれませんね。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



大きな地図で見る


■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

HP: http://www.usj.co.jp/
住所: 大阪府大阪市此花区桜島2-1-33
電話: 06-4790-7000
定休日: 無休
営業時間: 時期により異なります(営業時間&スケジュール
入園料: スタジオ・パス-5,800円など(チケット
駐車場: 有料(駐車場情報
アクセス: JR「ユニバーサルシティ駅」から数分










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ