2009-06-08

お父さんのための『USJ』講座<まとめ>

USJ-インフォメーション

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)』レポートシリーズの第4回目(最終回)です。大人二人で、USJを隅から隅まで歩き回って気づいたことを列記しておきます。


■『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』レポート
 乗物編1 │ 乗物編2 │ 食べ物編 │ まとめ │ オマケ:UCW


事前の「予習」で楽しさアップします!

まずは、とにかく事前にガイドブックを手に入れて、情報をチェックしておくことが重要でしょう。パークに入ると、しっかりとしたパンフレットをもらえますので、当日フラッと行ってもそれなりに楽しめると思いますが、予備知識があった方が圧倒的にスムーズに楽しめるはずです。

USJ関連のガイドブックなどは多数販売されていますが、私は近所の図書館で借りてきました(「ユニバーサル・スタジオジャパン よくばり裏技ガイド2008~2009年版」ともう一冊)。しかし、アトラクションの内容が変わっていたりするため、少し古いものになるともう役に立ちませんので注意が必要です。

私たちは大人二人で周ったため、多少歩いても平気でしたが、やはりただでさえ待ち時間が発生するのですから、少しでも移動距離を減らしたいところでしょう。適度に食事休憩を挟んだり、座って観られるショーを挟んだりと、ある程度のプランニングをしておいた方がいいかもしれません。

また、アトラクションの元になっている映画自体、それなりに古くなってきていますので、大ヒット映画がテーマといえども、意外と観ていない方も増えていると思います。やはり事前にチェックしておいた方が圧倒的に楽しめると思いますので、時間を作ってビデオ鑑賞しておいた方がベターでしょう。


USJ-パーク内-01

USJに入場してすぐの部分には、しっかりと屋根(キャノピー)が用意してあります。ここは雨が降っても大丈夫なんですが、やはり雨の日用の行動計画もシミユレーションしておいた方が安全かもしれません

USJ-パーク内-02
メインの通りはドーンと突き抜けていますが、印象としては「意外と狭い」くらいでした。アトラクションを順番に見て周れば、一周するのにもそれほど時間は掛かりませんが、待ち時間などの都合で何度も往復することになるでしょう。必ず歩きやすい靴でお出かけください

USJ-パーク内-03
パーク内の街並みは、さすがに細かいところまでよく再現されていて、雰囲気があります。ただし、パークのすぐ外に高速道路が見えたりしますので、作りこみ度合いはTDLよりも劣るかも・・・

USJ-パーク内-06
パーク内に建っている銅像。これは誰なんでしょうか?


携帯で待ち時間をチェックできます

それとは矛盾するようですが、パーク内に待ち時間などを表示する設備がありますので、それもしっかりとチェックしておくべきでしょう。

人気のアトラクションでも、夕方近くなると次第に空いてきますし、極端に行列が長いタイミングで後に並ぶのも効率が悪いと思います。なかなか当初の計画通りには進まないかもしれませんが、臨機応変に対応してください。

また、私たちは後から知ったのですが、「とっても便利! アトラクション待ち時間情報」という、携帯サイトから待ち時間をチェックできるサービスも稼動しているそうです。アトラクションに並びながら、情報をチェックできて便利かもしれませんね。


USJ-パーク内-08

園内に数ヶ所ある、アトラクション待ち時間やショーの開始時間を表示する設備。待ち時間をマメにチェックしておくと、意外な穴場が見つかります。当初の計画通りに周るのもいいですが、臨機応変に行きましょう!


混雑日は「Eパス」購入も検討すること

私たちが行ったのは平日でしたが、それでも各アトラクションで普通に30分以上は待たされました。これが週末や連休中となると、とんでもない大行列になることは間違いありません。

ちなみに、手元のガイドブックによると、、、、

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』の待ち時間の目安は、「平常時:90分」「混雑時:200分」「ラッキー:15分」だそうです。アトラクション一つに3時間以上並ぶのかと思うと眩暈がしそうですよね・・・。

本来であれば「混雑日は避ける」のが最もスマートだとは思いますが、どうしても混雑日に乗り込まなくてはいけない場合には、大行列であってもそれを避けて優先的に乗車できる「ユニバーサル・エクスプレス・パス ブックレット」を利用した方が安全だと思います。

7種類のアトラクションに使用できる「ブックレット7」で、大人一人あたり「3,700円~5,700円」の出費となってしまいますが(価格は日によって異なるそうです)、長~い待ち時間のことを考えれば、それだけの価値はあるのかもしれません。


映画の舞台を再現した建物もチェック

あと、細かいところですが、USJ内には「○○の映画セットを模した建物が・・・」という場所も何箇所かあるようです。

私たちは事前にそれを知っていましたので、わざわざそこに行って見ることができましたが、現場には何の表示もないため、普通の人は全く気づかずに通り過ぎていると思います。

対象となっている映画が「ゴーストバスターズ」「ウエスト・サイド物語」「スティング」など、かなり渋いものが多いようですから、お子さんにウケるとは思いませんが、ちゃんと雰囲気を出して作ってありますので、ぜひ通りすがりにでもチェックしてみてください。


USJ-パーク内-09

ニューヨーク・エリアの一角にある、映画「ウェストサイド物語」の有名なシーンを復元した一角。ガイドブックで見たから気づきましたが、現地には全く何の案内もありません

USJ-パーク内-10
あえて白黒で撮影してみました。映画「ウェスト・サイド物語」の中で、ヒロインのマリアが、このバルコニーで歌うシーンが有名ですね。なかなか雰囲気があります!

USJ-パーク内-11
白黒で撮影するだけで、何となくソレっぽく見えるのがスゴイです(笑)

USJ-パーク内-12
まさに映画で見たような煉瓦とベランダと避難ハシゴ!

USJ-パーク内-13
消火栓の一つを見ても、さすがに凝ってますね。こんなものを見て周るだけでも、それなりに楽しめます

USJ-パーク内-14
この辺に、映画『スティング』の街並みを模した一角があると読んだんですが・・・、何の表示も無いので、どこだかサッパリ分かりませんでした・・・


大人でも楽しめるショーもあります

USJパーク内では、様々なキャラクターが歩いていますし、そこら中でショーが開催されていますので、アトラクションに乗らなくても、それなりに楽しめるかもしれません。

その多くはお子様向けなんですが、『ブルース・ブラザース ~シカゴバウンド』や『アメリカン・ポップ・アワード』などは、大人でも十分に楽しめるようになっていますので、のんびりとこんなショーを観ているのもいいかもしれません。


USJ-キャラクターたち-01

USJで出会ったキャラクターたち。まずはお馴染みの「ポパイ」です

USJ-キャラクターたち-02
キミは・・・、コナミ製のゲームキャラ「クラッシュ・バンディグー」だよね?どんな縁でUSJに来ることになったのかは不明ですが、子供さんは絶対に誰だか分かってませんね(笑)

USJ-キャラクターたち-03
こんな人だかりがあったと思ったら、その中ではキャラクターのショー(というか写真撮影会)が行われています。小さなお子さんは大喜びですが、親御さんたちはとにかく大変です!

USJ-キャラクターたち-05
日に4回ほど開催されている『ブルース・ブラザース ~シカゴバウンド』。個人的に大ファンなんですが、エルウッドはともかく、ジェイク(ジョン・ベルーシ)が驚くほど似てないんです!あの不健康そうな小太りの俳優さんを探す方が難しいとは思いますけどね(笑)

USJ-キャラクターたち-06
「メルズ・ドライブイン」前で開催されているパフォーマンス『アメリカン・ポップ・アワード』。アメリカのヒットチャートを賑わせた名曲がメドレーで演奏されるショーです

USJ-キャラクターたち-08
とんでもない衣装を着た、パフォーマーのお兄さん。しっかりと笑顔でポーズを決めてくれます。う~ん、このお仕事で時給いくらなんだろう?


USJを楽しむコツは「予習すること」

最後に、個人的な感想ですが、、、、

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、「映画のテーマパーク」ですから、絶叫マシン系のアトラクションを楽しみたい方にとっては、やや物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、最新の室内型アトラクションがあったり、スケールの大きなショーがあったりするため、大人でも十分に楽しめると思います。映画好きな方はもちろん、色んな楽しみ方ができるテーマパークですので、ビールでも飲みながら気軽に楽しむには最適でしょう。

モチーフになっている映画も、ある程度古いものが多いですし、かえって大人の方が楽しめるかもしれませんね。関西で最大のテーマパークですから、とりあえず一度出かけて、その世界観を体験してみるのも悪くないと思います。

とにかく、大人がUSJを楽しむコツは「予習すること」、これに尽きますね。1週間前くらいから、十分に準備してお出かけください!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



大きな地図で見る


■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

HP: http://www.usj.co.jp/
住所: 大阪府大阪市此花区桜島2-1-33
電話: 06-4790-7000
定休日: 無休
営業時間: 時期により異なります(営業時間&スケジュール
入園料: スタジオ・パス-5,800円など(チケット
駐車場: 有料(駐車場情報
アクセス: JR「ユニバーサルシティ駅」から数分










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ