2020-03-19

春の花々を愛でてきました(@甘樫丘・馬見丘陵公園・藤原宮跡)

春の花々を愛でてきました(@甘樫丘・馬見丘陵公園・藤原宮跡)

お彼岸ごろに、奈良県中部エリアで春の花を愛でてきました。甘樫丘(明日香村)では菜の花とポピーが見頃に。馬見丘陵公園(河合町・広陵町)ではチューリップやユキヤナギが咲き、藤原宮跡(橿原市)の菜の花は今ひとつ……という状況でした。まとめてご紹介します。


甘樫丘で「菜の花&ポピー」が見頃

明日香村に位置する「甘樫丘(あまかしのおか)」は、古くはここで盟神探湯(※古代の占い)が行われたり、蘇我蝦夷と入鹿の親子がその麓に邸宅を構えたりと、歴史上とても重要な場所です。

丘全体は「国営飛鳥歴史公園 甘樫丘地区」として整備されており、丘の上にある展望広場(標高148m)からは、金剛山系や大和三山、藤原京、飛鳥京などが見晴らせ、麓には万葉の植物なども植えられています。


菜の花とポピー@甘樫丘(明日香村)-01

甘樫丘の東の麓では、「菜の花」(約約1.5万株)と「アイスランドポピー」(約2万株)が咲き誇ります。この日(2020/3/19)は、菜の花は満開、ポピーは満開直前といった印象で、4月上旬ごろに咲きそろうようです

菜の花とポピー@甘樫丘(明日香村)-02
満開の菜の花!新型コロナウィルスの影響もあって、屋外で楽しめるスポットが注目されています。甘樫の丘は駐車場も完備されていて、自然の中を散策するのに最適ですので、この日もたくさんの人が訪れていました

菜の花とポピー@甘樫丘(明日香村)-03

菜の花とポピー@甘樫丘(明日香村)-04

菜の花とポピー@甘樫丘(明日香村)-05

菜の花とポピー@甘樫丘(明日香村)-06



■甘樫丘

HP: https://www.asuka-park.go.jp/area/amakashinooka/
住所: 奈良県高市郡明日香村
駐車場: あり(無料)


■参考にさせていただきました

あふれる春色 ポピーが見頃 - 明日香・甘樫丘地区|奈良新聞デジタル


馬見丘陵公園は「チューリップ」が開花

こちらは、河合町と広陵町にまたがって広がる「県営馬見丘陵公園」の様子です(2020/3/20)。広大な園内では四季折々の花が楽しめますが、この日は「モクレン」が終わりかけ、「ユキヤナギ」がピーク直前、「チューリップ」が咲き始め、といった感じでした。


チューリップとユキヤナギ@馬見丘陵公園-07

春らしく色とりどりの「チューリップ」が植えられています。快晴の空の下、家族連れがボール遊びをしたり、のんびり日向ぼっこをしたり、たくさんの人で賑わっていました

チューリップとユキヤナギ@馬見丘陵公園-08
毎年恒例だった「馬見チューリップフェア」(過去記事)は、今年は新型ウィルスの影響で中止となってしまいました。しかし、チューリップの花は例年通り楽しめます。4月上旬ごろには咲きそろうと思いますので、楽しみにしておきます!

チューリップとユキヤナギ@馬見丘陵公園-09
北エリア「花見茶屋」のあたりでは、雪柳(ユキヤナギ)の花も可憐な花をつけています。写真には写っていませんが、通常の白色のものと、ピンク色のものの2種類が植えられています。見比べるとコントラストが見事でした



■県営馬見丘陵公園

HP: http://www.pref.nara.jp/1780.htm
住所: 奈良県北葛城郡河合町佐味田2202
駐車場: あり(無料)
※ペットの入園は不可です。お気をつけください。


藤原宮跡の「菜の花」は今ひとつ

かつて都が置かれた「藤原宮跡」では、春先になると「菜の花」と「桜」が同時に開花する、美しい光景が見られます(過去記事)。しかし、この日(2020/3/19)はどちらもイマイチでした。


菜の花と桜@藤原宮跡(橿原市)-10

藤原宮跡の北側エリアに広がる「菜の花」ゾーン。開花状況は今ひとつです。これから咲くのか、それとも暖冬のためもう終わりかけているのか、それとも連作障害でも出ているのでしょうか?

菜の花と桜@藤原宮跡(橿原市)-11
桜(ソメイヨシノ)も一輪だけ咲いていました。こちらは近いうちに見頃となるでしょう。楽しみです!



■藤原宮跡

HP: https://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_kankou/kankou/spot/fujiwara_kyuuseki.html
住所: 奈良県橿原市
駐車場: あり(無料)


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ