2017-06-10

奈良の地酒がずらり『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市

奈良の地酒がずらり『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市

近鉄奈良駅の近くにオープンした『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』さん。奈良県内の30の酒蔵の、計66種類のお酒が、おちょこ1杯の単位で味わえます!「和食屋 八寶」さんの姉妹店のため、お料理も充実。「奈良の日本酒をいろいろと味わってみたい」という方には最適なお店でしょう!


近鉄奈良駅から徒歩2分で便利

近鉄奈良駅からすぐ近く、東向商店街の一角に『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』さん(食べログ)がオープンしました。奈良県内の30の酒蔵の、計66種類のお酒が、おちょこ1杯の単位で味わえる楽しい居酒屋さんです。

こちらは、すぐ真向かいにある居酒屋「和食屋 八寶(はっぽう)」さんの姉妹店に当たります。奈良市内の有名店の新店舗ですから、お料理なども期待できますね。


『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-01

2017年5月31日にオープンした『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』さん。近鉄奈良駅からはわずか徒歩2分ほどという近さです。入口はやや奥まっていますが、東向商店街のうどん店「むぎの蔵」さん(紹介記事。同じく八寶さんの姉妹店です)の奥に当たります

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-02
入口部分。日本酒がいただけるお店であることを主張するように酒樽が積み上げられています。海外からの旅行者さんにも喜ばれそうですね

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-03
店内の様子。入ってすぐに丸木のテーブル席があり、コの字型のカウンター席、奥には小上がり席があります。お一人でもグループでも利用できますね。この日はすでにほぼ満席で、たくさんのお客さんが楽しそうに飲んでいました

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-04
入って左手には、冷蔵ケースに入った日本酒がずらりと並んでいてワクワクしますね!店内の様子は八寶さんのブログでよりわかりやすく紹介されていますので、そちらもご覧ください(姉妹店「奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ」オープンしました! | 居酒屋「八宝」ブログ


奈良の30の蔵元の計66種類がずらり

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-05
『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』さんの日本酒メニュー。奈良県内にある30の蔵元がそろい、各蔵の計66種類が味わえます。

【生駒市】中本酒造店・上田酒造・菊司醸造
【奈良市】今西清兵衛商店・奈良豊澤酒造・八木酒造・西田酒造・倉本酒造
【天理市】増田酒造・稲田酒造
【桜井市】今西酒造・西内酒造
【大和郡山市】中谷酒造
【橿原市】河合酒造・喜多酒造
【広陵町】長龍酒造
【香芝市】澤田酒造・大倉本家
【葛城市】梅乃宿酒造
【御所市】油長酒造・千代酒造・葛城酒造
【宇陀市】芳村酒造・久保本家酒造
【五條市】五條酒造・山本本家
【吉野町】北岡本店・北村酒造・美吉野醸造
【下市町】藤村酒造

ちなみに、日本酒を飲む間に口をさっぱりとさせる「和らぎ水」には、天川村洞川の名水「ごろごろ水」を使っていらっしゃるとか。徹底してます!また、日本酒だけではなく、ビールや焼酎、ソフトドリンクなどもありますのでご安心を

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-09
日本酒はそれぞれ「大・中・小」と、大きさの違う3つのおちょこを選んでいただきます。例えば、御所市・油長酒造さん「風の森 純米しぼり華 雄町80」だと、大650円・中520円・小270円でした。おちょこ小でいろいろと味わうのもいいですし、おちょこ大でゆったり飲むこともできます

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-10
この日、まずは地元・香芝市の澤田酒造さんの「歓喜光 純米蔵原酒」(中サイズ 480円)からいただきました。まろやかで全身に染み渡るよう!スタッフさんが注ぎに来てくれますので、「写真を撮らせてください」とお願いすると、一升瓶と一緒に撮影させてもらえます

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-11
30の奈良の蔵元がそろっているということで、こんなスタンプラリーカードも用意されていて、注文した酒蔵にはハンコが押してもらえます。ちなみにこれは「ブロンズカード」で、10蔵めぐるごとに好きな酒(小)が1杯サービスになります。30の蔵すべてを巡るとブロンズマイスターに認定され、次のシルバーカードが進呈されるとか!チャレンジしたくなりますよね!


お料理も充実。お値段もお手頃です

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-07
『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』さんのこの日のメニューその1。本日のおばんざい各種は280円、その他の一品物は380円など。お刺身類でも480円と、注文しやすい価格帯ですね

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-08
おつまみメニューその2。肉料理から焼き物、揚げ物など、ひと通りのメニューは楽しめます。〆に食べたいだし茶漬けも480円です。すぐ近くに本店の居酒屋八寶さんがあるだけに、無理をしてメニューを絞り込んだりする必要がないのも強みでしょう

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-12
この日も気持ちよく飲み食いしていましたが、店内の黒板メニューから真っ先に注文したこれ(魚介の塩辛みたいなもの)からして、名前もお値段も失念してしまいました……。かなり塩辛かったんですが、これを舐めてるだけでお酒が何杯でもいけました!

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-13
こちらは、本日のおばんざいメニューから「雷こんにゃく」(280円)

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-17
「大根としらすのサラダ」(380円)も。それほど空腹じゃなかったこともあって、軽めのものばかり注文していますね(笑)

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-14
もちろん、お酒もあれこれと。吉野郡下市町・藤村酒造さんの「老松 純米原酒(中 480円)。おそらく老松をいただくのはこれが初めてだと思います。どーんと原酒の力強さが感じられますが、まったく刺々しさはなくまろやか。美味しいお酒でした


こちらは、天理市・稲田酒造さんの「うまっしゅオリジナル 稲天 純米吟醸」(中 580円)です。オリジナルと聞いたら注文しておかないわけにはいかないでしょう!稲天は好きなお酒ですが、これも間違いない安定の味わいですね

『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』@奈良市-16
奈良市都祁・西田酒造さんの「両白 菩提元 純米酒(中 580円)。おそらく両白をいただくのも初めてです。奈良らしいお酒をと思って、清酒発祥の地である奈良市・正暦寺で復活した「菩提もと」(Wikipedia)もいただきました。酸が印象的。美味しかったです!


美味しい奈良の地酒をお楽しみあれ!

奈良の地酒をあれこれ飲み比べしようと思うと、『なら泉勇斎』さんや『酒商 のより 奈良三条店』さん(食べログ)が思い浮かびます。

それぞれ種類豊富で、お酒に詳しい店長さんがいらっしゃるため、お酒に関しての詳しい情報を教えてもらえたり、好みのものを見繕ったりしてくれるので、日本酒の初心者からベテランまで、どなたでも楽しめるでしょう。

しかし、どちらも「日本酒の試飲」というスタイルで、純粋に奈良の日本酒を味わうためのお店です。腰を据えて飲むということはあまり推奨されません。とりあえずあれこれつまみながら、気軽にいろんな種類の日本酒を味わえるという点では、『奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ』さんの存在はありがたいですね!

奈良の日本酒はどれも美味しいですから、同じ蔵のお酒をすべて飲んでみたり、同じエリアの蔵を飲み比べたり、楽しみ方はいろいろですね。また、日本酒のバラエティも豊富です。

●広陵町・長龍酒造さんの発泡日本酒「スパークリング sake 爽爽」
●天理市・稲田酒造さんの「天理教 御神酒」
●生駒市・菊司酒造さんの、ササユリの酵母から作った「往駒 山乃かみ仕込み 純米原酒」 など

いろんな美味しさがそろってますので、ぜひ気軽に日本酒で乾杯してください!



■奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ

HP: 参考サイト(食べログ)
住所: 奈良県奈良市東向中町11 八宝マルハチビル1F奥
電話: 0742-94-3735
定休日: 月曜日
営業時間: 3:00 - 11:00(LO10:30)
駐車場: なし
アクセス: 近鉄奈良駅より徒歩2分ほど

※実際にお店にお邪魔したのは「2017年6月2日」でした


■参考にさせていただきました

姉妹店「奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ」オープンしました! | 居酒屋「八宝」ブログ
奈良県酒造組合










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ