2015-02-26

ペットの個別火葬ができる『うだペットセレモニー』@宇陀市

ペットの個別火葬ができる『うだペットセレモニー』@宇陀市

2015年1月、我が家で飼っていたうさぎが亡くなりました。ペットの葬儀業者は増えてきていますが、ほとんどが数体まとめて火葬するものです。しかし、色々と探しているうちに、無理のない価格で「個別火葬」を受け付けてくれる『うだペットセレモニー』さんのことを知りました。略葬儀・供花・お骨上げ・合同墓地への納骨など、まるで人間のように丁寧に見送ってあげることができました。


我が家のうさぎが7歳で亡くなりました

2015年1月14日、我が家で飼っていたうさぎ「まりも」が亡くなりました。7歳でした。

小さな生き物ですので、寿命も短いことも知っていましたし、おじいちゃんになって動きが遅くなってくるなど、老いの兆候はありました。そして、この日の昼過ぎから様態が急変し、夫婦で見守っている中、息を引き取りました。

夫婦して泣きじゃくりましたし、しばらくは呆然としていましたが、時間が傷を癒してくれます。間もなく49日を迎えますので、ペットの葬儀の様子を書き記しておきたいと思います。


うだペットセレモニー @宇陀市-01

亡くなった「まりも」。うさぎの中でも特に小さめの品種「ネザーランドドワーフ」の雄です。逃げ出して家の中を荒らしたり、電話線を噛み切ったり、壁の隅っこをボロボロにしてくれたり。いろんなやんちゃもしましたが、楽しい思い出をたくさん残してくれました


1体ずつの「個別火葬」専門です

「愛するペットが亡くなった場合、どのように弔い、どのように埋葬するか?」

ペットを飼い始めたときから考えておくべき問題です。

ウチのうさぎの場合、体長約40cm・体重約1kgくらいでしたから、当初は自宅の庭部分に土を盛ってお墓を作るつもりでした。しかし、深く埋められるような場所ではありませんし、万が一、カラスなどに掘り返されたらたまったものではありません。

また、山奥や川べりに埋めてくるという方法も考えられないことはありませんが、ひと昔前だったらいざ知らず、現在それをやったら問題も出てくるでしょう。

やはり現代であれば、火葬から納骨までできる「ペット葬儀業者」に依頼するのが一般的です。

しかし、改めて調べてみると、数体まとめて火葬するところがほとんどです。他の動物とも仲良くやれそうな大型犬ならともかく、小型うさぎはとても臆病で、犬や猫から追い掛け回される立場の生き物です。料金的にお手頃なのは分かるのですが、そんなことを考えてしまうと、どうしても他のペットさんたちと一緒に火葬されるのがつらくなってきました。

そんなことで迷いながら検索していると、それほど無理のない価格で「個別火葬」を受け付けてくれる『うだペットセレモニー』さんのことを知りました。


うだペットセレモニー @宇陀市-02

宇陀市大宇陀の『うだペットセレモニー』さん。動物たちと触れ合える『うだ・アニマルパーク』さんのすぐ近くですが、まったく無関係の施設です。かなりの山奥で、普通に野生の猿の姿が見られました(笑)


料金は体重別。人間並みの葬儀です

『うだペットセレモニー』さんでは「個別火葬のみ」を行い、料金はペットの体重別に決まります。

●1kg未満なら「12,000円」 ●1kg以上 5kg未満なら「25,000円」 ●5kg以上 10kg未満なら「28,000円」など(料金ページ

この料金には、略葬儀・供花・お数珠・お骨上げ・合同墓地納骨・納骨堂・合同墓地納骨・返骨などが含まれており、略式の部分は多いものの人間の葬儀にだいぶ近い形となっています。

ウチのうさぎはちょうど1kg程度でしたので、一番小さなダンボール箱(火葬用)を利用できたため、最小プランで立派なお葬式をあげられました(別途、骨壷・骨袋セットが1,000円~6,000円など)。事前に電話すると、とても親切に対応してくださって、特に不安もなく当日を迎えることができました。

事務所には、奥さん・娘さん・お孫さんの女性三代と、まだ来たばかりというやんちゃなチワワがいました。ワンちゃんと小さな女の子がウロウロしたり泣き出したり、決して荘厳な雰囲気ではありませんでしたが、逆にそれが良かったです。適度に気が紛れました。

ペットの死に直面してだいぶ気分は落ち込みましたが、「ちゃんとした式を出してあげた」と実感できたのが良かったのか、精神的には次第に落ち着いてきました。お葬式は生きている者の自己満足かもしれませんが、ちゃんと意味があることなんですね。


うだペットセレモニー @宇陀市-03

事務所の脇の小さな式場。右手の扉の奥には、遺族の控室まであります。ダンボール箱に遺体を移し、その周りをお花で埋め、略式ながら納経もしていただけます

うだペットセレモニー @宇陀市-04
壁面には、これまで見送ってきたペットたちの写真が掲示してあります。やはり犬や猫が多いですが、中にはうさぎもいましたし、フクロウや小鳥、ハムスターも見かけました

うだペットセレモニー @宇陀市-05
隣接して設置された火葬炉。1時間ほどで焼き上がります。小さなうさぎなので、骨が燃え尽きたりしないか心配していましたが、真っ白い骨が崩れたりもせず残っていました。人間を見送るのと同様に、しっかりお骨上げもできました

うだペットセレモニー @宇陀市-06
動物慰霊碑と墓地。ここで火葬をお願いすると、無料で合同墓地へ納骨していただけます。有料になりますが、大きめの墓石を建てたり、プレートを設置したりもできます

うだペットセレモニー @宇陀市-07
個別納骨堂。別途料金は必要ですが、いつでも会いにこれますね


ウサギは飼いやすく可愛いです!

飼い主を和ませてくれるペットたちですが、いつかこういうお別れの日が来ます。それを覚悟しながら、大事に楽しい日々を過ごしてほしいですね。

ちなみに、私たちは夫婦そろって大のうさぎ好きですが、嫁のアレルギーが悪化しているため、もうしばらくうさぎは飼わないことにしました。これは犬でも猫でも同じことですが、やはりずっと一緒にいる中でアレルギーを発症してしまうことはあり得ます(私自身も軽度の症状がありました)。うさぎの居ない生活も寂しいですが、致し方ないことですね。

とはいえ、うさぎは本当に可愛くて飼いやすい動物ですから、もっともっとたくさんの方にその魅力を知ってほしいですね。

●うさぎは鳴きません。不満があるときに、喉の奥でグゥッという音を鳴らしたり、足でダンッと床を踏み鳴らしたりしますが、気にならない程度です。ご近所迷惑にもなりづらいです。

●草食動物のため、ウンチもそれほど匂いません。簡単なしつけでトイレも覚えてくれます(ウチは小だけはちゃんとトイレでやってくれました)

●ただし、壁やコードなどを噛むため、室内で自由に放し飼いをするとなると、かなり準備が必要です。電気コードを隠したり、柵で囲ったり、噛まれてもいいような絨毯に変えたり。自由に走り回らせると、喜んでその場で大ジャンプしたりします!

●うさぎは臆病ですし、あまり賢くありません。犬や猫ほどの知能はありませんので、比較するとやや物足りなさも感じるかもしれません。また、急に背中から掴もうとしたりすると、怯えて噛み付いたりします。鋭い前歯で噛まれると間違いなく出血します(ウチでも一度だけありました)ので、慣れるまでは特にお気をつけください。

興味のある方は、以下の記事をご参考にどうぞ!

うさぎの飼い方・病気情報、通販 うさぎ専門店うさぎのしっぽ
お迎えするために知りたい、うさぎ飼育のデメリット | nanapi [ナナピ]


うだペットセレモニー @宇陀市-08

我が家に来たばかりのころのまりも。正確な誕生日などは分かりませんが、生後数ヶ月のころはこんなふわふわの毛並みでした

うだペットセレモニー @宇陀市-09
少年期のまりも。凛々しい!



■うだペットセレモニー

HP: http://web1.kcn.jp/udapet/
住所: 奈良県宇陀市大宇陀小附622
電話: 0745-83-2222
駐車場: あり
アクセス: 近鉄大阪線「榛原駅」から車で7分(名阪国道「針インター」から車で20分)

※葬儀は「2015年1月16日」に行いました


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ