2014-06-13

多宝塔に映える紫陽花!『あじさい園』@久米寺(橿原市)

多宝塔に映える紫陽花!『あじさい園』@久米寺(橿原市)

アジサイの名所として知られる、橿原市久米町の『久米寺』。本堂の西側には広々とした「あじさい園」(入園料400円)があり、約40種・約3,500株が植えられています。重要文化財「多宝塔」の周りにも紫陽花が咲き誇り見事でした!梅雨も悪くないですね!


雪柳・ツツジ・紫陽花など花のお寺

橿原市久米町の『久米寺(くめでら)』(Wikipedia)。

聖徳太子の弟「来目皇子(くめおうじ)」の開基と伝わり、娘のふくらはぎに見とれて空から落ちてしまったという、お茶目な「久米仙人」の伝説が残る古刹です。春には二十五菩薩の来迎をあらわす法要『久米レンゾ』が催されることでも知られています。


また、久米寺は、春から初夏にかけて、雪柳・ツツジ・紫陽花(あじさい)が咲く、花のお寺としても親しまれています。本堂の西側には広々とした「あじさい園」があり(有料400円)、6月第3日曜日には『あじさい祭(あじさい祈願)』という法要が行われます。

この日は平日の午後にお詣りしましたが、観光ツアーのお客さんが来たりしていて、かなり賑わっていました。とはいえ、混雑し過ぎるほどではありませんでしたので、のんびりとアジサイの花を観て回れました。


あじさい園@久米寺(橿原市)-01

橿原市久米町の『久米寺』。普段は静かなお寺さんですが、アジサイの名所として知られ、この時期は普段よりも賑やかになります。初代・神武天皇を祀る「橿原神宮」のすぐ近くですから、合わせてお詣りするといいでしょう

あじさい園@久米寺(橿原市)-03
久米寺の「多宝塔」(重文)。1659年に京都・仁和寺より移築されたもの。以前の特別公開の際に内部を拝見させていただきましたが、鮮やかな極彩色で、曼荼羅に紛れ込んだような美しい空間でした。外観も普段はこの角度からしか観られませんが、あじさい園に入ると裏側も拝見できます

あじさい園@久米寺(橿原市)-02
久米寺の「本堂」(本堂の拝観400円)。眼病に霊験あらたかな、目がギョロっとした薬師如来像がご本尊です。丈六の大きな坐像(約2.4m)で、迫力がありますよ!

あじさい園@久米寺(橿原市)-04
本堂前の「久米仙人」の像。仙術で大木や巨石を運んで東大寺の建立を手助けした功により、聖武天皇よりこの土地を与えられたという、すごいパワーの持ち主ですが、村娘のふくらはぎに見とれてしまって法力を失うなど、煩悩もいっぱいの方です!


有料の「あじさい園」は7月上旬ごろまで

本堂の脇の入り口から「あじさい園」(400円)に入場できます。

毎年6月上旬のオープンで、2014年は6月8日に開園。早咲き・遅咲きの品種が順番に咲き、7月初めまで楽しめるとか。アジサイは約40種・約3,500株が植えられて、とても華やかでした!


あじさい園@久米寺(橿原市)-05

久米寺「あじさい園」の入口。私も入園するのは初めてでしたが、池があったり、思っていた以上に広々としていました

あじさい園@久米寺(橿原市)-09
あじさい園では、約40種・約3,500株が植えられており、青白赤などのさまざまな色と、さまざまな形の紫陽花が咲いています。密集して咲くというよりも、バランス良く点々と大きな紫陽花が続くというイメージですね

あじさい園@久米寺(橿原市)-11
あじさい園は思った以上に広く、庭園の中をぐるぐると回遊できます。お庭のすぐ脇を線路が走っているのも面白いです

あじさい園@久米寺(橿原市)-14
小さな赤い花をつけるものと、やや大きめの白い花をつけるもの。じっくり紫陽花を見てみると色んな表情がありますね

あじさい園@久米寺(橿原市)-15
美しいガクアジサイ。可憐ですね!

あじさい園@久米寺(橿原市)-13
あじさい園の中には立派な池もあり、睡蓮も花開いていました

あじさい園@久米寺(橿原市)-12
池の周りもぐるりと回れます

あじさい園@久米寺(橿原市)-07
あじさい園に入ってすぐ右手、本堂の脇のスペースでは、あじさいの苗木などの販売もしています

あじさい園@久米寺(橿原市)-08
お土産物の「あじさいはんかち」など。美しいですね!


久米寺の美しい紫陽花の花たち

あじさい園@久米寺(橿原市)-10

あじさい園@久米寺(橿原市)-16

あじさい園@久米寺(橿原市)-17

あじさい園@久米寺(橿原市)-18

あじさい園@久米寺(橿原市)-19

あじさい園@久米寺(橿原市)-20

あじさい園@久米寺(橿原市)-21

あじさい園@久米寺(橿原市)-22

あじさい園@久米寺(橿原市)-23

あじさい園@久米寺(橿原市)-24

あじさい園@久米寺(橿原市)-25

あじさい園@久米寺(橿原市)-26


多宝塔と周りに紫陽花が咲く姿が見事!

久米寺のあじさい園では、重要文化財の「多宝塔」の周りにも紫陽花が植えられているため、この時期は塔と花の美しいコラボレーションが観られます。

多宝塔も紫陽花の花も、どちらも純然たる和のものではありませんが、しっとりとした風情があっていいですね。梅雨空が似合う、とても素敵な光景でした。


あじさい園@久米寺(橿原市)-27

多宝塔の周囲には紫陽花の花が。普段は立ち入れない場所なので、このアングルから多宝塔を観るのも貴重です。雰囲気があっていいですね!

あじさい園@久米寺(橿原市)-28

あじさい園@久米寺(橿原市)-29

あじさい園@久米寺(橿原市)-30

あじさい園@久米寺(橿原市)-31

あじさい園@久米寺(橿原市)-32
参拝記念として「あじさいはんかち」をいただけます(一人一枚です)。いい記念になりますね!



■久米寺(霊禅山)

HP: 参考(かしはら探訪ナビ)
住所: 奈良県橿原市久米町502
電話: 0744-27-2470
宗派: 真言宗御室派
本尊: 薬師如来
創建: 不明
開基: 来目皇子(聖徳太子の弟。寺伝による)
拝観料: 境内無料。本堂拝観 400円(アジサイ園 400円)
拝観時間: 9:00 - 17:00
駐車場: 無料駐車場あり(10台分)
アクセス: 近鉄「橿原神宮前駅」から徒歩5分

※実際に拝見したのは「2014年6月17日」です


■参考にさせていただきました

久米寺 - Wikipedia
【MSN産経ニュース】梅雨空に映え、アジサイ見頃 奈良


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ