2013-07-03

築80年の郵便局がカフェに!『伊那佐郵人』@宇陀市榛原

築80年の郵便局がカフェに!『伊那佐郵人』@宇陀市榛原

宇陀市榛原の「旧伊那佐郵便局」をリノベーションした『伊那佐郵人』(いなさゆうと)さん。懐かしい雰囲気の建物で、カフェやショップが営業しています。カフェも日替わりで料理人が入れ替わる、面白いシステムです。オーナー松田さんのランチをいただきましたが、地元の採れたて有機野菜を使用したシンプルなお味で、ハッとするくらい美味しかったです!


取り壊し寸前の「旧伊那佐郵便局」を改修

宇陀市榛原の「旧伊那佐郵便局」の建物を使用した施設『伊那佐郵人』(いなさゆうと)さん。2013年4月にオープンし、1階はカフェスペース、2階は店舗と貸しスペースとして営業なさっています。

この旧伊那佐郵便局は、今から80年ほど前の建物ですが、使用されないまま20年以上も放置され、2011年に取り壊し寸前まで話が進んでいました。それを、現在のオーナーである局長の松田さん(@matsudamayuko)が中心となって買い取り、地域のコミュニケーションの中心となるべく活動を続けています。

(その経過の一部は、「旧伊那佐郵便局、活用の道 進捗状況 - Togetter」にまとめられています)

私はその活動を途中から知って、Twitterなどで興味深く拝見して来ましたが、自分たちで壁を塗ったり床を貼ったり、とても大変そうなのと同時に、本当に楽しそうに活動していらっしゃる姿が印象的でした。

オーナーの松田さんはとても不思議な方で、キーワードは「奈良工専卒、理科実験、ロケットストーブ、大和野菜、地域づくり、町おこし、多世代間交流」など。3児の母であり、とても精力的に動いている方ですから、いつかお会いしたいと思っていましたが、ようやくご挨拶できました。

実際に蘇った旧伊那佐郵便局を拝見すると、和洋折衷具合がとてもいい感じですね。白く塗られた壁や窓枠は洋のテイストですが、瓦屋根を使用しています。玄関先の軒瓦には郵便マークが入っていたりするのもいいですね。私はこの手の「擬洋風建築」が大好きなので、この建物が取り壊されなくて良かったと、心から思いました!


伊那佐郵人@宇陀市榛原-01

『伊那佐郵人』(いなさゆうと)という施設として蘇った「旧伊那佐郵便局」の建物。80年も前に建てられたものとは思えないほど、きれいにリノベーションされています。大きな通りから外れた、かなり分かりづらい場所にありますので、カーナビ(またはスマホのナビ)などを使用した方が無難でしょう

伊那佐郵人@宇陀市榛原-02
とても可愛らしい和洋折衷の建築物で、玄関先の作りが素敵です!郵便マークが入った軒瓦にも注目ですね

伊那佐郵人@宇陀市榛原-03
すぐお隣が空き地のため、ここに車を停めたくなりますが、駐車場はここではありません。角を曲がった50メートル先くらいに駐車スペースがありますので、そちらを利用してください

伊那佐郵人@宇陀市榛原-04
伊那佐郵人さんの建物を入ると、そこはカフェスペースになっています。手作り感が伝わってきますね。大きめの通りからは奥まっていますし、目の前には芳野川が流れていて、静かでのんびりした雰囲気でした

伊那佐郵人@宇陀市榛原-05
別角度から。テーブルや椅子のテイストがばらばらなのも面白いところですね。テーブル席が4つ、座敷席もあって、席数は20以上あります

伊那佐郵人@宇陀市榛原-06
こちらは座敷席。お子さん連れでもくつろげそうですね

伊那佐郵人@宇陀市榛原-07
伊那佐郵人さんの施設図。「築80年の旧郵便局舎をリノベーションした建物です」図にしても可愛らしいですね。入ってすぐが「CAFE/飲食スペース」、隣に「KITCHEN/厨房」が、2階部分は「SHOP/雑貨SORA」さんが営業しています

伊那佐郵人@宇陀市榛原-08
置いてあったアルバムに、取り壊される直前だったころの写真が貼ってありました。20年も放置されていたというのですから、確かに荒れて見えますね

伊那佐郵人@宇陀市榛原-09
郵便局だった頃の看板。昔は普通にありましたよね


日によって料理人とメニューが変わります

伊那佐郵人さんでは、日によって提供されるメニューが変わります。

オーナー松田さんが腕を振るう「UDA cafe」(オーナーランチの日。現在は毎週水曜日)があったり、その他の日には「ワンデーシェフランチ」として、他の飲食店の方が料理を提供なさったりしています。営業予定は「Facebookページ『旧伊那佐郵便局』」をチェックしてください。

現在は、新鮮野菜を使った『畑ごはん 風舎』さん、マレーシア料理の『Bak Kut Teh 茶寮 Masukin』さんなどが定期的に営業なさっていて、まだワンデーシェフ(日替わり店長)は募集中とのことですから、興味のある方は連絡してみるといいですね!

この日は、松田さんによるオーナーランチをいただきましたが、これが驚くほど美味しいんですよ。メニューは「むね肉のむしどり」「サラダ」「せきものの甘から煮」「ラタトゥイユ」など。ご本人は「お料理のプロではありませんから…」とご謙遜なさってましたが、とんでもない。十分に満足できるお味でした。

美味しさの秘訣は、いい食材を使っていることでしょう。

●鶏肉は、地元・宇陀で人気の「仲尾かしわ店」さん(食べログ)のものを使用。ちょっと変わった「せきも(背肝)」という部位など、美味しくてびっくりしました!

●野菜は、地元・榛原で有機野菜の栽培を行なっている「グリーンワーム21」さんのもの(陽光ファーム21」さんの関連です)。奈良の某超高級レストランでも使用される新鮮な有機野菜を、収穫の直後にいただけて、本当に美味しかったですね。感動的でした!


伊那佐郵人@宇陀市榛原-10

店前のチョークボードに、その日のメニューが書かれています。この日は、オーナー松田さんのランチ(@800円)でした

伊那佐郵人@宇陀市榛原-11
伊那佐郵人「UDA cafe」のこの日のランチ。仲尾かしわ店さのむね肉のむしどり・せきもの甘から煮・グリーンワーム21のサラダ・まっかうり・豆みょうのあえもの・ラタトゥイユ。さらにコーヒーか紅茶が付きます。シンプルなんですが、いちいちハッとするほど美味しいんです!

伊那佐郵人@宇陀市榛原-13
メインのプレート。見た目の派手さはありませんが、どれも滋味深くていいですね。鶏の「背肝」とか「まっかうり」とか、初めて食べました。鶏肉とお野菜で、いかにもヘルシーなのも嬉しいですね

伊那佐郵人@宇陀市榛原-12
これはラタトゥイユ。野菜をただただ煮込む…というシンプルなお料理のようですが、こんなものこそ素材の良さが際立ちます。茄子とかタマネギとか絶品でした

伊那佐郵人@宇陀市榛原-14
ランチに200円プラスで、「ほうれん草のシフォンケーキセット」にしてもらえました。生地がふわっふわで、付け合せのベリーも美味!期待をはるかに上回るお味で驚きました(笑)


可愛らしい建物を見るだけで癒されます

私のような古い建築好きな人間は、伊那佐郵人さんの建物を観ているだけで幸せですし、さらに美味しいご飯までいただけるのであれば楽しくて仕方ありません。定期的にイベントなども開催なさるようですから、こちらも期待したいですね。

やや分かりづらい場所ですが、『うだ・アニマルパーク』(紹介記事)や、『奈良カエデの郷 ひらら』(紹介記事)などと近い位置になります。のんびりとして気持ちいい場所ですから、ぜひ観光のついでに立ち寄ってみてください!


伊那佐郵人@宇陀市榛原-15

伊那佐郵人さんの急な階段を上がった、2階部分で営業なさっている「雑貨SORA」さん。シックなスペースの中にこんなガーリーなお店があるなんて、ギャップが面白いですね!

伊那佐郵人@宇陀市榛原-16
入り口脇には、ちょっとした販売コーナーが。この日は偶然、ランチで使い切れなかったという、グリーンワーム21さんの有機栽培のお野菜も販売されていました!運が良ければこんなこともあり得るみたいですよ!

伊那佐郵人@宇陀市榛原-17

伊那佐郵人@宇陀市榛原-18

伊那佐郵人@宇陀市榛原-19

伊那佐郵人@宇陀市榛原-20

伊那佐郵人@宇陀市榛原-21

伊那佐郵人@宇陀市榛原-22

伊那佐郵人@宇陀市榛原-23

伊那佐郵人@宇陀市榛原-24
伊那佐郵人さんの近くにある、とても渋い看板。「世は完全にディーゼルの時代です」。時代が一周りして、また最先端へ舞い戻っていますね!

伊那佐郵人@宇陀市榛原-25
同じく、古いヤンマーさんの看板です



大きな地図で見る


■伊那佐郵人(いなさゆうと)

HP: http://inasa.pupu.jp/
住所: 奈良県宇陀市榛原比布1312-2
定休日: 不定休
営業時間: 日によって変わります(11時~17時くらい)
駐車場: あり

Twitter: @inasayuuto
Facebook: https://www.facebook.com/inasacafe

※営業予定の確認は、現在のところ「Facebookページ『旧伊那佐郵便局』」をチェックするのが早いようです。


■参考にさせていただきました

旧伊那佐郵便局、活用の道 進捗状況 - Togetter


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ