2011-08-23

奈良グッズの企画・製作【鹿野堂】スタートしました

奈良グッズの企画・製作【鹿野堂】スタートしました

私たち自身で、革小物や鹿グッズなどを企画・製作する【鹿野堂(ろくやどう)】というプロフェクトをスタートしました。また少しずつアイテムも増えていくかと思いますが、現在の商品ラインナップなどをご紹介いたします。


鹿モチーフのグッズを制作する【鹿野堂】

このブログの撮影担当である、私の奥さん「にっしゃん」。手先が器用で、小物の製作などを行っていました。Twitterでは簡単にお知らせしていましたが、先日から彼女が作った革小物の一般販売をスタートしました。

なお、革小物の製作にあたって、さすがに「奈良に住んでみました」名義というわけにはいきませんので、新たに【鹿野堂(ろくやどう)】という屋号を名乗ることにしました。特に深い意味はありませんが、鹿モチーフのグッズを作っていこうという意気込みを込めています(笑)


鹿野堂@フルコト-07

私の奥さんの作品たち。鹿をモチーフにした革細工です。さすがに「奈良に住んでみました」名義だと長ったらしいので、屋号として【鹿野堂(ろくやどう)】と名乗っています


鹿野堂「木簡型しおり(@800円)」

鹿野堂オリジナル商品の第一弾は「木簡型しおり(@800円)」です。

この「木簡(もっかん)」とは、紙の代わりに短冊形の板に文章を書き付けたもの(木簡 - Wikipedia)。平城宮跡や長屋王邸宅跡などから多数出土しています。この独特の形をモチーフに、革製の栞を作ってみました。

全て鹿型のチャーム付き。木簡型ではなく、編みこみタイプのものもあります。本の上部から鹿チャームが見えて、ゆらゆらと揺れる姿はなかなか可愛らしいですよ!


鹿野堂@フルコト-10

鹿野堂オリジナルの「木簡型しおり(@800円)」。「木簡(もっかん)」とは、まだ紙がない時代に、板に文章を書き付けたもの。平城宮跡や長屋王邸宅跡などから多数出土しています。色は2色で、茶色には鹿の判子が、焦げ茶には鹿の押し印が入れてあります

鹿野堂@フルコト-09
木簡型しおりの先端には、鹿をモチーフにしたチャームがついています。栞を本にはさむと、本の上部からこの鹿がブラブラと揺れるような使い方をイメージしています。金具も小さめで、本を傷めることもないでしょう

鹿野堂@フルコト-08
鹿チャームのアップ。革からこれを切り出して、表面や側などの処理をして…。なかなか大変な作業なのです(笑)

鹿野堂@フルコト-11
鹿野堂オリジナル栞には「編みこみタイプ」もありますが、やや厚みがあるためか売上はイマイチ。また、チャーム部分が鹿の顔型になったものも用意していましたが、こちらも全身タイプには及ばず…。いずれ廃盤になるかもしれません

鹿野堂@フルコト-12
革製栞のアップ

鹿野堂@フルコト-18
革製栞の使用イメージ。長さは文庫本の長辺よりも短めです

鹿野堂@フルコト-19
こんな感じで、鹿チャームをブラブラさせる使い方を想定しています。なお、写真の革製ブックカバーも手作りです。いずれ商品化したいと思っていますので、どうぞご期待ください!


鹿野堂「鹿ストラップ(@1,300円)」

革の編みこみタイプの「鹿ストラップ(@1,300円)」は、ループ状になっていて、キーホルダーや携帯ストラップとしてお使いいただけます。こちらも色は2色で、鹿チャーム付き。しっとりとした革の質感が手に馴染みます。


鹿野堂@フルコト-13

鹿野堂オリジナルの「鹿ストラップ(@1,300円)」。この写真では分かりづらいですが、編みこみ部分はループ状になっています。ストラップひもがついているので、携帯ストラップとしてもキーホルダーとしても使えます。色は茶と焦げ茶の2色。栞と同じ鹿型チャームがついています

鹿野堂@フルコト-14
金具のつなぎ目部分のアップ

鹿野堂@フルコト-15
革の編み込み部分のアップ(リング状になっています)。ギッチリと編みこんであるものではありません。私も使用していますが手に馴染んで使いやすいですよ!


鹿野堂「鹿キーカバー(@1,000円)」

そして、やや馴染みが薄いかもしれない「鹿キーカバー(@1,000円)」。

「キーカバー」とは、鍵のヘッド部分にかぶせるもの。たくさんの鍵の中からでもすぐに必要な鍵が見分けられますので、使い始めるととても便利なんですよ。革の手触りもいいので、ぜひお試しください。ただし、鍵の形状によっては使用できないものもありますので、店頭でお確かめください。


鹿野堂@フルコト-16

鹿野堂の「鹿キーカバー(@1,000円)」。キーカバーとは、鍵のヘッド部分にかぶせるもの。たくさんの鍵の中からでもすぐに必要な鍵が見分けられます。1個だけつけておくと、暗いところでも手触りで鍵が選べますので、使ってみるととても便利ですよ

鹿野堂@フルコト-17
「鹿キーカバー」は、色は2色で、鹿柄の押し印入りです。(※写真に写っている鍵と革紐は付属しません。また鍵の形状によっては取り付けできないものがあります。店頭でお確かめください)


きたまち『フルコト』さんで販売中です

これら鹿野堂の商品は、奈良市きたまちエリアにある「奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト」さんで販売していただいています。


フルコトさんは、奈良に関するグッズが集まった、奈良好きにとっては夢のような空間です。そんなお店に、自分たちが企画・制作したグッズを置いていただけるなんて、とても嬉しいですし、光栄なことですね。

お店の位置はやや分かりづらいかもしれませんが、ぜひ奈良散策の際には足を伸ばしてみてください!


鹿野堂@フルコト-01

『奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト』さんの店内の様子。以前も詳しくご紹介しましたが、奈良好きな店主さんたちが集まって、奈良にまつわるアイテムを販売している、本当に楽しい空間になっています

鹿野堂@フルコト-04
最近になって種類が増えた、手編みの鹿柄のマット。他では手に入りません!

鹿野堂@フルコト-05
天川村のハチミツなども販売が始まりました。少しずつ試食もできます。どれも味わいに特徴があって、本当に美味しいんですよ



より大きな地図で 旅とくらしの玉手箱 フルコト を表示


■旅とくらしの玉手箱 フルコト

HP: http://furukoto.exblog.jp/
住所: 奈良県奈良市東包永町61-2 2F
電話: 0742-26-3755
定休日: 木曜日
営業時間: 11:00 - 19:00(土日は17:00まで)
駐車場: 2台分あり
アクセス: 近鉄「奈良駅」から徒歩約15分

※急な休業日や営業時間の変更などもあるようですので、必ず事前にブログを確認してから来店するようにしてください。
※駐車場は、近隣の若草公民館近くの「山内モータープール」に2台分あるそうです






 【奈良グッズの企画・製作【鹿野堂】スタートしました】へのコメント
深雪  11-08-30 15:02

nakaさん、こんにちは。
鹿のかわいらしさにつられてコメントを。
すごい!とっても素敵なしおりですね!!
いつも、本屋がタダでくれる色気のないしおりを使っているので、このしおりで本を読んだらきっと幸せな時間をすごせるんだろなぁと、勝手に想像をまくし立てております。^^;
さすがに通販はやっていませんよね……。
地道にお金をためて、奈良に行く際には絶対にGETしようと思います!
それまでは、こちらのブログの写真で目の保養を(笑)。

naka  11-08-30 21:02

>深雪さん

ありがとうございます!手前味噌ですけど、なかなかいい栞ですよ。私のアイディアもそれなりに採用してもらってますので、お褒めいただけると嬉しい限りです!ちなみに、フルコトさんで通販も行うような計画もあるようですから、その際にはラインナップに加えてもらえるかもしれないですねー。まだ未定なんですが、ちょっとだけご期待ください(笑)

noma  11-09-18 21:04

こんにちは。素敵な栞ですね。先のコメントを見ると、通販はやられてないようですね。残念。でも、期待してます。

naka  11-09-19 15:37

>nomaさん

そうなんですよ、まだ通販などの準備が無くて…。どうもスミマセン!
いずれ何らかの形でそんな販売ルートに乗せていただければ…と思っていますので、申し訳ございませんが、のんびりとお待ちくださいませ!

shion  12-01-20 21:32

素敵な栞ですね!
編み込みのタイプは端に金具を付けてブレスタイプも販売していただけたらなぁと思うのですが、いかがでしょうか?

naka  12-01-21 20:00

>shionさん

コメントありがとうございます!

編み込みタイプをブレスレッドのように…ということですよね?
実は、他の方からも同様のご要望をいただいていますので、皮ブレスシリーズもいくつか商品化を考えています。ただ、どうしてもごつくなって、奈良っぽさが足らない感じになってしまうので、今そこを調整しています。春までには登場させたいと思っていますので、どうぞご期待ください!





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ