2014-04-19

深吉野ののんびりした温泉施設『たかすみ温泉』@東吉野村

深吉野ののんびりした温泉施設『たかすみ温泉』@東吉野村

東吉野村平野の温泉施設『たかすみの里 たかすみ温泉』。吉野らしく木のぬくもりを感じさせる建物で、とてもゆったりと贅沢な造りです。浴槽は小じんまりとしていますが、のんびり入るにはちょうどいいくらいでしょう。著名作家の書画などを展示した施設「たかすみ文庫」が併設されていますので、合わせてどうぞ!


ゆったり清潔な施設。「たかすみ文庫」併設

東吉野村平野にある公営の入浴施設『たかすみの里 たかすみ温泉』(温泉名は深吉野温泉)。東吉野村のメイン道路となる169号線から、高見郵便局のあたりから28号線(水分神社方面)へ入って、車で7分ほどの位置にあります。

オープンは2000年で、まだ建物も新しく、とてもゆったりと贅沢な造りになっています。入ってのフロアには、ソファーがゆったりと並べられ、大きなテレビが置かれた座敷スペースも。吉野らしく、木のぬくもりを感じさせる施設でした。

この日はもう閉館していましたが、たかすみ温泉の建物には、俳人・山口誓子や田村木國、杉田久女、またこの地と緑の深い原石鼎など、著名作家の書画などを展示した「たかすみ文庫」が併設されています。村内にも多くの句碑や歌碑が建てられていますので、お好きな方は合わせて拝見しておくといいですね。


たかすみ温泉@東吉野村-01

奥まった東吉野村の、さらに奥まった平野地区にある入浴施設『たかすみの里 たかすみ温泉』。「たかすみ文庫」が併設されており、ゆったりとした立派な建物です。入ってすぐの券売機で入浴券を購入しましょう

たかすみ温泉@東吉野村-02
建物に入ってすぐのロビーには、立派なソファーがずらりと並んでいます!吉野らしくウッディーな雰囲気です

たかすみ温泉@東吉野村-03
その脇には座敷スペースも。贅沢!

たかすみ温泉@東吉野村-04
さらにお庭にも出られるようになっています。すぐ脇に流れる平野川の川音が聞こえてきます


マキ風呂とヒノキ風呂。浴槽は小さめです

たかすみ温泉は、「マキ風呂」「ヒノキ風呂」に分かれていて、日によって男湯と女湯が入れ替わります。

それぞれ、主浴槽1つ・露天風呂1つ。サウナなどもありません。湯船もそれほど大きくはありませんが、地元の方や高見山の登山帰りのお客さんが利用するくらいなら、このサイズで十分でしょう。この日は金曜日の夕方でしたが、お客さんの姿はまばらで、のんびりと手足を伸ばして楽しめました。

泉質は「塩化物泉」。27.4℃の源泉を加温しています。お湯自体も特にクセはなく、とても素直な泉質ですね。あまり気合を入れたりせず、気軽に楽しめるお湯だと思います。

なお、たかすみ温泉は木曜定休ですが、同じ東吉野村にある『やはた温泉』は、火曜定休です。覚えておくと便利かもしれませんね。


たかすみ温泉@東吉野村-05

お風呂の入口部分。浴室は2つあり、この日は男湯が「槇(まき)風呂」、女湯が「檜(ひのき)風呂」でした。浴室は無料の鍵付きロッカーになっていますが、貴重品などはここのロッカー(100円の有料)を利用してもいいかもしれません

たかすみ温泉@東吉野村-07
「檜(ひのき)風呂」の様子。他のお客さんが居なくなったタイミングで撮影したものです

たかすみ温泉@東吉野村-08
同じく檜風呂の露天風呂。どちらもそれほど広くはありませんが、小じんまりとしていて、ちょうどのんびりできるサイズですね

たかすみ温泉@東吉野村-06
温泉の成分表の一部。お湯はシンプルな塩化物泉でした



大きな地図で見る


■たかすみの里 たかすみ温泉

HP: http://higashiyoshino.com/pg66.html
住所: 奈良県吉野郡東吉野村平野835
電話: 0746-44-0777
定休日: 木曜日(祝日の場合は翌日休)
営業時間: 11:00 - 21:00
入浴料: 大人500円、小人(6才以上12才未満)200円、6歳未満は無料
駐車場: 無料


■参考にさせていただきました

吉野郡宿泊温泉施設事務連絡協議会公式サイト│たかすみ温泉(東吉野村)
たかすみの里 たかすみ温泉
たかすみ温泉(深吉野温泉) たかすみの里










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ