2011-04-11

『大和三山』登頂は一日で完全制覇できます@橿原市

『大和三山』登頂は一日で完全制覇できます@橿原市

万葉歌でも有名な、藤原宮跡を囲むように立つ『大和三山』。天候の関係で2日に分けましたが、大和三山を巡って山頂に立つためには、自転車を使ってトータル3時間ほど、徒歩でも6時間ほどで可能です。ぜひ大和三山巡りハイキングにチャレンジしてみてください!


大和三山を回る道のりは「17km」でした

万葉集にも詠まれた神聖な「大和三山」。その標高は、香具山(152.4m)、畝傍山(199.2m)、耳成山(139.7m)と、いずれも200mに満たない低山ですので、いずれもお子さんでも軽々と登れる山です。私は写真を撮りながら登りましたが、最も時間がかかった畝傍山でも、20分ほどで山頂に到着しました。

また、この日計測してみたら、大和三山を全て回る道のりはほぼ17kmでした。

私のように自転車で移動した場合、トータルわずか3時間ほどで大和三山を制覇できます。また、4km/hで歩いたとしても、計6時間あれば全ての山頂に到達できるでしょう。実際に、歩いて大和三山を巡っているらしい団体さんも何組もいらっしゃいましたので、ハイキングコースとしても丁度いいくらいでしょう。


大和三山サイクリング

大和三山を回って、香久山・耳成山に登ったデータを、iPhoneのアプリで計測したもの(雨足が強かったため、この日は畝傍山に行きましたが登っていません)。移動距離はほぼ17km。自転車を使っているため、畝傍山に登ったとしても、トータル3時間ほどで大和三山制覇できます。ゆっくり歩いても、倍の6時間見ておけば十分でしょう


車は藤原宮跡の無料駐車場に停めましょう

私は、自家用車に折りたたみ自転車を積んで現地へ移動しました。車は藤原宮跡の周辺にある無料駐車場が利用できますので、車の方はここからスタートするといいでしょう。

また、せっかくですから、藤原宮跡の南西角にある無料施設「藤原京資料室」に立ち寄っておくといいかもしれません。これから巡る藤原教についての概略が分かります。

なお、電車でお越しの方は、耳成山への最寄り駅となる近鉄大阪線「耳成駅」、または畝傍山への最寄り駅の近鉄橿原線「畝傍御陵前駅」からスタートするといいでしょう。乗換駅の「大和八木駅」から耳成山を目指しても、距離は1kmほどしかありません。


藤原京@大和三山サイクリング-02

藤原宮跡の周辺には無料駐車場も多く、散策のスタートには最適です。写真は、藤原宮跡の大極殿跡と、背後に見える丘が天香久山です


大和三山の登山ルートは各ページから

大和三山の各山の登山ルートについては、以下のページにそれぞれ詳しく記してありますのでご覧ください。

大和三山に登ろう!<その1>『天香久山』@橿原市
2011-04-11
  • 標高 152.4m 所要時間約10分
大和三山に登ろう!<その2>『耳成山』@橿原市
2011-04-11
  • 標高 139.7m 所要時間約10分
大和三山に登ろう!<その3>『畝傍山』@橿原市
2011-04-11
  • 標高 199.2m 所要時間約20分


万葉歌「香具山は 畝傍を惜しと 耳成と…」

最後に、大和三山といえば、中大兄皇子が詠んだこの万葉歌を忘れることはできません。

香具山は 畝傍(うねび)を惜しと 耳成と
相争ひき 神代(かみよ)より かくにあるらし
古(いにしえ)も しかにあれこそ
うつせみも 妻を争ふらしき
中大兄皇子 万葉集 巻第1-13
香具山は、畝傍をば失うには惜しい山だと、耳成山と争った。神代からこんなふうであるらしい。いにしえもそんなふうであったからこそ、今の世の人も妻を取りあって争うのであるらしい。

大和三山の三角関係という、何ともスケールの大きな歌ですね。

この歌には様々な解釈があり、香久山・耳成山と畝傍山、どちらを男性としてどちらを女性とするかが定まっていないそうです。二人の男性が一人の女声を争うのか、二人の女性が争うのかでは、印象がガラリと違ってきます。

この歌を詠んだとされる「中大兄皇子(後の天智天皇)」には、「大海人皇子(後の天武天皇)」という弟がいました。女流万葉歌人として有名な「額田王(ぬかたのおおきみ)」は、当初は弟の大海人皇子の妻であり、娘・十市皇女をもうけていますが、後にその兄の天智天皇の妻となっています。

この三角関係が、後の大乱・壬申の乱の一因となったとする説もあるほどですから、中大兄皇子がこの歌を詠んだとすると、とても意味深ですね。



より大きな地図で 大和三山 を表示


■参考にさせていただきました!

天香久山 - Wikipedia
耳成山 - Wikipedia
畝傍山 - Wikipedia
大和三山 - Wikipedia


※天香久山・耳成山に登ったのは「2011年3月6日」、畝傍山は「2011年4月2日」でした。
※画像は全てiPhoneで行っています。曇りだったこともあり、全て暗く写っていますがご容赦ください










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ