2009-09-01

新潟の銘酒『越の三梅』の制覇目前ですが・・・

「越の三梅」の二つ雪中梅・越乃寒梅

日本を代表する米処・酒処「新潟」。私も新潟生まれですので、もちろん大の日本酒党です。新潟のお酒も色々とありますが、その中でも「越の三梅」という、名前に「梅」がつく有名な三種類の日本酒があります。

今回は、そのうちの2種類「雪中梅」と「越乃寒梅」が手元に揃ったので(もう一つは「峰乃白梅」)、とりあえず記念撮影しておきました!


新潟の地酒にも色々とありますが・・・

新潟の地酒というと、他にも「八海山」「久保田」「〆張鶴」などの有名どころや、個人的に大好きで見つけるたびに飲んでいた佐渡のお酒「北雪」など、美味しいお酒はたくさんあります。

その中で「越の三梅(または、越後の三梅)」とは、地元・新潟でも手に入りにくい日本酒の代名詞のように語られていたお酒です。

バブルの時代には、とんでもない高値で取り引きされていたお酒ですが、インターネットが発達した今となっては、「他の日本酒+α」くらいのお値段で手に入りますので、それほど大騒ぎするほどのものでは無くなりました。しかし、やはり新潟の日本酒好きにとっては、今でも特別な存在であることには変わりありません。

お値段は3千円前後と、それほど驚くほどのものではありませんが、やはりそれ以上の価値がある美味しいお酒なんですよね。


新潟の日本酒-01

「越の三梅」と呼ばれる日本酒がありますが、我が家に「雪中梅」「越乃寒梅」の2種類が揃いました!残る一つは「峰乃白梅」なんですが、こればかりはツテがないので、誰かからいただくことも期待できそうにありません・・・

新潟の日本酒-02
「幻の酒」などと言われていた越後の三梅ですが、どちらもお値段は3,000円前後で手に入るようです。バブル期には、これがとんでもないお値段で取り引きされていましたので、お高いイメージがありますが、意外とお手頃ですね


希少な「越の三梅」を飲み比べたい!

ちなみに、私は上越地方の出身で親父につてがあるため、(株)丸山酒造場の「雪中梅」だけは何度も口にしています。一般に、新潟の地酒は辛口のキリッとしたものが多いのですが、雪中梅は口当たりの柔らかな、とても穏やかな味わいです。

井戸水の量に限界があるため、今でも量産されておらず、店頭で見かけることはなかなかありませんが、穏やかな飲み口がお好きな方は、ぜひお試しください。かなり美味しいです!

そして、一方の「越乃寒梅」は、新潟市にある石本酒造株式会社のお酒です。同じ新潟県とはいえかなり離れているため、私などでは滅多に口に出来るようなお酒ではありませんでした。味わいは淡麗で切れ味バツグン・・・というのですが、正直なところ、あまり記憶に残っていないんですよね(笑)

もう一つの、まだ手元に無い、福井酒造の「峰乃白梅」に至っては、ほとんど実物すら見た記憶が無いほどでして・・・。

どうせなら越の三梅をズラリと並べて飲み比べをしてみたい気もするし、それが待ち遠しい気もするし・・・。とにかく、しばらく悩んでから決めたいと思います(笑)


新潟の日本酒-03

「峰乃白梅」も手に入れてから飲み比べをしようか・・・と、迷っている最中です。そっちの方が企画としては面白いんですが、早く飲みたい気もするし(笑)










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ