2011-04-10

実験「春の飛鳥で何種類の花が見られるか?」@明日香村

実験「春の飛鳥で何種類の花が見られるか?」@明日香村

お天気の日曜日、明日香村に春の花々を探しに行ってきました。この日のテーマは、「明日香村を自転車で回って何種類の花が見られるか?(鉢植えはカウントしない。地植えはOK)」というルールで探してみたら、20種類以上見つかりました!桜が終わっても、まだ飛鳥は春爛漫ですね。


「菜の花と石舞台古墳」の眺めが見事です

この時期(2011年4月17日)の明日香村は、桜が終わりかけで、菜の花が満開でした。まずは石舞台古墳に行ってみたのですが、いいお天気の日曜日だったため、たくさんの方がピクニックと菜の花見物に来ていらっしゃいました。

小高い丘からは、菜の花と石舞台古墳(時期が良ければ桜も)という構図が見られますので、ぜひこちらも忘れずに立ち寄ってみてください。


春の花々@明日香村-03

満開の菜の花と石舞台古墳

春の花々@明日香村-04
石舞台古墳と、遠くに見える二上山


春の飛鳥は桜以外にもお花でいっぱい

この日は、「明日香村を自転車で回って何種類の花が見られるか?」というのがテーマでした(「鉢植えはカウントしない。地植えはOK」というルールです)。

結論からいうと、素人がわずか数時間探しただけで20種類以上は見つかりましたから、やはり春はお花の季節なんですね。

とりあえず撮影してきた花の画像をズラズラッとご紹介していきますが、遠かった・上手く写らなかったなどの理由で「ユキヤナギ(ユキヤナギ - Wikipedia)」や「カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ - Wikipedia)」の画像はありませんが、ちゃんと確認できました。

なお、私は花の種類や名前などの知識は皆無ですので、奥さんに聞いたり、ネットで調べたりしたものを掲載しておきます。間違いなどがありましたら、Twitterかコメントで教えていただけると助かります。


春の花々@明日香村-01

【01】桜(ソメイヨシノやしだれ桜)。今年は開花が遅れていましたが、さすがにもうだいぶ散っていました(サクラ - Wikipedia

春の花々@明日香村-02

春の花々@明日香村-30



春の花々@明日香村-05
【02】菜の花。これは甘樫丘のもの。石舞台古墳の周辺にも大きな菜の花畑はありますが、こちらの方が近づいて撮影できます(菜の花 - Wikipedia

春の花々@明日香村-06

春の花々@明日香村-07



春の花々@明日香村-08
【03】タンポポ。今が盛りでした!(タンポポ - Wikipedia

春の花々@明日香村-09

春の花々@明日香村-10



春の花々@明日香村-11
【04】レンゲ。畑の畦などにたくさん咲いていました。正式には「ゲンゲ」と呼ぶそうです(ゲンゲ - Wikipedia

春の花々@明日香村-12



春の花々@明日香村-13
【05】キンポウゲ(金鳳花)。「きんぽうげ」といえば甲斐バンドの古い曲が有名ですが、こんな花だったんですね!初めて知りました(笑)(ウマノアシガタ - Wikipedia

※コメントで長澤さんからご指摘をいただきました。この花は、「ヘビイチゴ」(Wikipedia画像)、あるいは「キジムシロ」(Wikipedia)ではないかとのことです。確かに、キンポウゲとは花の形が少し違いましたね。ご指摘ありがとうございました!

春の花々@明日香村-14
【06】スミレ。あまり見かけませんでした(スミレ - Wikipedia

春の花々@明日香村-15
【07】(恐らく)大根の花。畑に植わっていました。遠目には白い菜の花に見えます

春の花々@明日香村-16
【08】オオイヌノフグリ。小さくて可憐ですね(オオイヌノフグリ - Wikipedia

春の花々@明日香村-17
【09】ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)。調べてみて初めて知りました。ヨーロッパ原産の帰化植物なのだそうです(ヒメオドリコソウ - Wikipedia

春の花々@明日香村-18
【10】ナズナ。春の七草の一つとして有名ですが、別名ぺんぺん草。「ぺんぺん草も生えない」などと言われるように、痩せた土地にも育つそうです(ナズナ - Wikipedia

春の花々@明日香村-19
【11】ヒメジョオン。可憐な花ですね。キク科の一年草です(ヒメジョオン - Wikipedia

春の花々@明日香村-20



春の花々@明日香村-21
【12】シロツメグサ。まだ少し早かったのか、あまり見かけませんでした。マメ科の多年草で、ご存知「クローバー」です(シロツメクサ - Wikipedia

春の花々@明日香村-22
【13】コメツブツメクサかも(不明)。画像検索したら一番似てました。「米粒詰草」なんて名前のとおり、小さな小さな花です(コメツブツメクサ - Wikipedia

春の花々@明日香村-23
【14】ツバキ。こちらはシーズン終わりかけでしたが、まだ鮮やかな花も見られました。艶やかで和を感じる花ですね(ツバキ - Wikipedia


花壇ではチューリップやパンジーが満開

以下は、花壇などに植えられていた花々です。自然のものではないかもしれませんが、どれも美しく咲いていました。


春の花々@明日香村-25

【15】スイセン。石舞台古墳の駐車場脇で、ラッパスイセンと八重咲きのものが見つかりました(スイセン属 - Wikipedia

春の花々@明日香村-24



春の花々@明日香村-26
【16】ハナニラ。ユリ科の多年草で、葉っぱからはニラのような香りが。ただし、食べると不味いのだとか。民家のお庭から顔を覗かせていました(ハナニラ - Wikipedia

春の花々@明日香村-27
【17】パンジー。花壇いっぱいに植えられていました。色とりどりで鮮やかですね!(パンジー - Wikipedia

春の花々@明日香村-28
【18】チューリップ。今が盛りです。色んなお宅の軒先で鉢植えのチューリップが見られましたが、やっぱりきれいですね。ウチにも欲しくなりました(笑)(チューリップ - Wikipedia


明日香川の「ハナモモ」並木も見事でした

甘樫丘の近くの明日香川沿いには「ハナモモ」が並木のようになっていて、満開になっていました。これは桜の種類かと思っていたんですが、桃なんですね。もうしばらく見頃は続きそうでしたので、お近くの方はぜひ行ってみてください。


春の花々@明日香村-29

【19】ハナモモ。甘樫丘の麓、明日香川沿いにはたくさんのハナモモが植わっていました。色や形は様々で、とても見事でした(ハナモモ - Wikipedia

春の花々@明日香村-31

春の花々@明日香村-33

春の花々@明日香村-34

春の花々@明日香村-35

春の花々@明日香村-36



春の花々@明日香村-37
【20】モクレン(モクレン - Wikipedia)【21】レンギョウ(レンギョウ - Wikipedia)。モクレンは終わりかけです。レンギョウの黄色い鮮やかな姿は、そこら中で目立っていました

春の花々@明日香村-38
【21】アセビ(馬酔木)。これも終わりかけ。残念ながらそれほどキレイではありませんでした(アセビ - Wikipedia

※こちらも、コメントで長澤さんからご指摘をいただきました。この花は「ドウダンツツジ」(Wikipedia画像)のようです。ご指摘ありがとうございました!


※実際に行ったのは「2011年4月17日」です。






 【実験「春の飛鳥で何種類の花が見られるか?」@明日香村】へのコメント
長澤治枝  12-04-15 23:52

はじめまして、わたしは下野国在住の64歳女性です。
 還暦の誕生日(3月12日)を期して、東大寺のお水取りに行って以来、奈良をもっと知りたい・もっと行きたい気持ちを常に抱えるようになってしまいました…ならこひ…
 半年ほど前にこちらのブログに出会った時は、ほぼ小躍り状態!
本当に感謝しながら、日課のように楽しく味わっています。
 さて、わたしのもうひとつの好きなものに”草木”があるのですが、今日、一年前の明日香の花々の記事を拝見して、写真に記された名前で2点ほど気になるものがありました。不躾とは思いますがお知らせさせていただきます。
【05】ヘビイチゴ あるいは キジムシロ ではないでしょうか?
   『野の花さんぽ図鑑』長谷川哲雄著 築地書館 2009年発行を参照しま   した。
【21】ドウダンツツジ だと思います
    家の庭にアセビもドウダンツツジもあり、よく見なおしましたが、花   の姿・葉の形状から間違いないと思います。
 はじめての投稿がこんなで気がひけますが、お許しください。
 これからも、楽しみに愉しみにしております。  

 

 

naka  12-04-16 20:07

>長澤さん

丁寧なコメントをありがとうございます!
お褒めくださっていることも、また私の間違いをご指摘くださることも、本当に感謝です。草花に関しては、実は私はまだほとんど知識がありませんので、こうして教えていただけると助かるんですよ!本文中も訂正しておきますね。

奈良という土地に住んでよく思うことなんですけど、見たい場所や知りたいことが尽きないんです。これからも少しずつそんな情報をお伝えできるように頑張りますので、またお付き合いくださいませ。ありがとうございました!

長澤  12-04-19 12:26

早速のご返信ご対応ありがとうございます。
少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

わたしは、このサイトからたくさんのものをいただいています。
遠くにいながら「奈良」の風にあったっているような気持ちになれますし、自分で行った場所や見たものでも、nakaさんご夫妻の感性を通して表現された文章や写真に接すると、前とは違って見えたり、深まったりするのです。
それにカフェやお食事処の記事には、いつか行くぞ~と、気合いが入ります。
本当に幸運な出会いに感謝しています!

季節の変わり目、体調にお気をつけて、さまざまな「奈良」を発信してください。楽しみにしています☆

naka  12-04-20 20:20

>長澤さん

いえいえ、とんでもないです。過分なお褒めの言葉をいただきまして、恐縮しちゃいますよ(笑)

私は奈良への居住者なので、奈良生まれの方とも、奈良への旅行者とも違う、ちょっとややこしい視点から奈良を見ています。そんな私でも「奈良はなんて面白いんだろう!」って今でも毎日のように思うんですよ。観光ネタやローカルネタなど、あれこれ取り混ぜてお届けしていますが、それもこれも全て奈良ですから、これからもお付き合いくださいませ!これからも出来る範囲で頑張ります!





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ