2008-06-25

九州一周が3万円!?<格安バスツアー体験記:序>

『九州大感謝祭4日間』行程表

阪急交通社』さんの「trapics(トラピックス)」ブランドのバスツアーに参加してきました。

・日程 -- 2008/06/26(木)~06/29(日)までの「三泊四日」
・内容 --『九州大感謝祭 4日間』(九州をほぼ一周します)
・料金 -- 一人わずか「3万円」也!

これだけのスケールでこのお値段。正真正銘の格安バスツアーです。義父・義母・相方と私の計4名で参加したのですが、ある意味ではヘビーだし、ある意味ではラクだし、なかなかの体験となりました。


■こんなシリーズになってます
九州一周が3万円!?<格安バスツアー体験記:序>
新大阪~長崎まで<格安バスツアー体験記1>
長崎~霧島まで<格安バスツアー体験記2>
霧島~宮崎まで<格安バスツアー体験記3>
宮崎~博多まで<格安バスツアー体験記4>
ツアー後に思うこと<格安バスツアー体験記:終>


九州三泊四日で「3万円」って!

個人的には、特に車の運転が好きというワケでもありませんが、普段は常に自分たちで車を運転して、フラッと好きなところに出かけています。同様のパターンで、これまでも四国一周旅行や山陰旅行などに出かけてきました。

ところが今回はバス旅行です。以前に一度だけ、相方の両親と一緒に京都北部へ日帰りで「カニ食べ放題バスツアー」に出かけたことがあったのですが、とにかく慌しい・混んでいる・座席が狭い・自由が利かないと、とても快適なツアーだとは言えなかったことがあります。もうバスツアーはコリゴリだと思っていたりもしたのですが・・・。

6月上旬のある日のこと、実家へ寄ると、阪急交通さんのツアーパンフレットの冊子が届いていました。ビールなどを頂きながらこれをパラパラと眺めていると、九州地方をほぼ一周する三泊四日のツアーが、何とたった「3万円」という、驚きの価格のツアーがあるんです!

ちなみに、これまで私個人としては、九州・東北・北海道には一度も行ったことがありません。遠いし高いし時間がないし、「それなら海外の方が楽じゃね?」なんて思っていたくらいで、意外と狭い世界に暮らしていたんですよね。

どうせ遠くまで行くなら、飛行機で現地に飛んで、レンターカーと宿の手配だけしてもらって、適当に好きなところを周る「フリープラン」の方がいいじゃないですか?北海道へ行ったら地元の居酒屋で好きな海産物を食べたいし、東北へ行けば温泉巡りをしたいし、九州へ行けばラーメンも食べられるし・・・。

しかし、そうなるとどーしても料金的な問題が発生します。ツアー会社さんの旨味も少なくなるため、当然割引率も低くなります。自分で全てを手配するよりも安くはなりますが、なかなか踏ん切りがつくほどのお値段ではありませんし、しっかりと旅行用に貯金をしておかなくてはいけないような価格になるものです。

ところが、これがバスツアーなら「3万円」です。また、(後述しますが)実際にはオプションなどに申し込みが必須なところも多いため、4万円以上はかかってしまいますが、それにしたって十分に安いでしょう。三泊四日で、電車代も宿代も交通費も食事代も全部含まれて1日1万円なら、価格的には魅力ですよね。多少の不自由さにだって我慢できそうなものでしょう。

・・・と、そんな話を何となくみんなでしていたら、義父が「よし、これに参加しよう!」ということになって、トントン拍子で話が進み、6月の末に人生初の九州旅行へ出かけることになったのです!

ちなみに、義父たちは昔からこの手のツアーが大好きでよく出かけていた関係で、その娘である相方も、何度かバスや電車に乗って日本全国を周っています。私以外、九州には何度も出かけている人たちばかりでした。


『九州大感謝祭』はかなりの弾丸ツアー!

今回のツアー名は『九州大感謝祭 4日間』。名前からしてジャ○ネットみたいですが、その内容がまたスゴイ!


週末出発でも2名様一室利用でも4日間の九州旅行が3万円!
名湯と豪華ホテルに泊まる九州旅行の決定版!

◆九州が誇る名所・名景へご案内
<門司港レトロ・太宰府・長崎・柳川・熊本・高千穂・阿蘇・真名井の滝・関之尾の滝>

◆往復新幹線のぞみ利用
・往路;新大阪・新神戸駅~小倉駅
・復路;博多駅~新神戸・新大阪駅

◆ご宿泊は・・・
1泊目:異国情緒溢れる長崎
2泊目:子孫降臨の伝説が残る高原のいで湯「霧島温泉」
3泊目:広大なリゾート地に佇むAクラスのホテル(弊社基準)「フェニックスシーガイア」

◆ちょっぴりお土産付
・焼酎「黒霧島」
・銘菓「黒糖」
・明太子せんべい

◆長崎の新しいシンボルとなった「女神大橋」からの日本三大夜景見学へご案内致します。
阪急交通社さん該当ページより


冗談ヌキで、たったの4日間で、奈良との往復も含めて、九州を一周してしまおうという(ただし大分県を除く)、とんでもない弾丸ツアーなのです。

以前、自家用車で四国一周をしたことがありましたが、その時の日程が「二泊三日」。一周するために無理やり頑張りましたが、これでも相当な駆け足で、ちょっとした観光地などは全てスルーしてきたことがありました。

まぁ、例えば「はりまや橋」などのスポットには、個人的に特に興味が無いため、全く後悔はしていません。「四国を制覇した!」的な自己満足と、「次は気になった場所で集中的に遊ぶぞ!」という時のために下準備というような意味合いが大きかったのです。

今回は、その時よりも1日多いとはいえ、四国よりも広い九州を周るのですから、かなりの慌しさになることは間違いありません。明らかに九州の魅力を満喫する・・・なんてことは不可能です。

「またいつかじっくりと九州に行く機会もあるだろう」と思っている私のようなタイプの方か、「九州は広く浅くでいいや」というタイプの方でなければ、旅行の意味は見出せないでしょう。そうでないと、ある意味「罰ゲーム」のような時間を過ごすハメになりますから(笑)


バスの走行距離は「1,234km」だ!

細かい行程表はコチラ。見れば見るほどのハードスケジュールっぷりです。


<1日目(バス走行距離:約253km)>
新大阪駅(7:30~8:30発)-新神戸駅-<新幹線のぞみ>-小倉駅-★門司港レトロ(関門海峡をのぞむレトロな街並を散策【OP(別途代金3,500円)にて壇ノ浦遊覧船と昼食】)-★太宰府天満宮(学問の神様「菅原道真」を祀る由緒ある神宮を参拝)-○陶彩館-長崎市内(神戸・函館と並ぶ日本三大夜景見学付)

宿泊:ホテル長崎


<2日目(バス走行距離:約375km)>
ホテル-<(車窓)出島跡地>-★長崎めがね橋、○江崎べっ甲店-○長崎カステラセンター-★柳川(白秋ゆかりの地【OP(別途代金3,500円)にて川下りと名物「鰻のセイロ蒸し」のご昼食】)-○高橋商店-★熊本城(築城400年、日本三名城を各自散策)-○肥後象嵌-霧島温泉

宿泊:霧島観光ホテル


<3日目(バス走行距離:約261km)>
(14時頃まで、自由行動)【OP城山展望台と薩摩島津の名園「仙巌園」観光・昼食付】ホテル-★城山展望台(鹿児島市内を一望)-○薩摩庵-★仙巌園(薩摩島津の名園を散策、昼食)-ホテル

ホテル-★関之尾の滝(甌穴で有名な南九州屈指の名瀑、滝百選)-○霧島酒造-フェニックスシーガイア

宿泊:サンホテルフェニックス


<4日目(バス走行距離:約345km)>
ホテル-★高千穂峡(滝百選「真名井の滝」見学)-★阿蘇草千里ヶ浜(放牧の牧歌的風景)-○阿蘇ファームランド-○観光会館はかた-博多駅-<新幹線のぞみ>-新神戸駅-新大阪駅(20:30~22:30着)


「★=観光地」「○=お土産屋」という表記ですので、4日間で観光地を10ヶ所(オプション含む)、お土産屋には9店に立ち寄ることになります。

バスの走行距離は4日間合計で「1,234km」!関西から新幹線で移動する距離(ちなみに往復「1,174km」です!)は含まれていませんので、これはなかなか・・・。少なくともこれだけの時間をバスの車内で過ごさなければいけないかと思うと、かなり気が滅入るほどの長距離移動ですね。

それにしてもお土産屋さんの多いこと!トイレ休憩を兼ねることも多く、ツアー料金を格安で抑える必要があるため、ある程度は仕方ないことなんですが、格安バスツアーの最大の弱点でしょう。

朝早く出発したと思ったら、いきなり「お土産をどうぞ」とか言われても困るんですが、これだけは覚悟しておかなくてはいけないですね。











  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ