2013-12-16

洞川温泉のリーズナブルな宿『ゲストハウス一休』@天川村

洞川温泉のリーズナブルな宿『ゲストハウス一休』@天川村

天川村の洞川温泉には、風情ある立派なお宿が多くそれなりにお値段もしますが、私たちはリーズナブルな『ゲストハウス一休(ひとやすみ)』さんにお世話になっています。料金は1泊1名「3,800円~」。オーナーさんもとても親切な方ですし、ぜひ利用してみてください!


リーズナブルな素泊りのお宿です

天川村にある『洞川温泉』。修験道の聖地とされる独特の雰囲気のある土地です。

私たちはこれまで何度か遊びに行っていますが、ほとんどが夏の季節でした。今回、友人たちと初めて冬の洞川へ宿泊してきました。さすがに雪深くて、夏とはまったく違った印象を受けました。


洞川温泉のメインの温泉街には、旅館や民宿が20数軒あり、「花屋徳兵衛」さんや、「角甚」さんなど、風情ある立派なお宿が並びます。味のある建物ですし一度泊まってみたいのですが、お値段もそれなりにしますし、なかなか気軽には利用しづらいでしょう。

そこで、オススメなのが洞川温泉のリーズナブルなゲストハウス『ゲストハウス一休(ひとやすみ)』さんです。

友人の紹介もあって以前も利用していますが、料金は1泊1名「3,800円~」(※金曜・土曜・祝前日はプラス200円。季節で変動あり)とお手頃ですし、建物も新しくて綺麗。オーナーさんにもとてもよくしてくださって、自宅のようにくつろげます(笑)


ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-01

天川村の洞川温泉で唯一のゲストハウスとなる『ゲストハウス一休』さん。温泉街の通りからはやや離れていて、洞川中学校の裏手にあります。詳しくは「このマップ」をご覧ください

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-02
建物を引いて見たところ。まだ初冬の雪の降り始めでしたが、それなりに積もっていました。晴れた日には、山の間から聖なる山・大峯山の姿が見られるそうです

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-03
ゲストハウス一休さんのロビー部分。木の雰囲気がいいですね。冷蔵庫・レンジ・調理器具などがそろっていて、簡単な調理も可能です(※なお、施設内の写真は、すべて2012年夏に撮影したものを使用しています)

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-04
ロビーから入口部分を見たところ。壁にアニメの一休さんの絵と「ひとやすみ」の文字を描いた板が飾ってあります。オーナーさんが旅行中に一休さんの作画を手がけた方とお知り合いになり、そのご縁で描いてもらったものだとか!

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-05
ゲストハウス一休さんの客室内。1室1~6人で利用できて、4人以上だとお得になります。特に豪華だったりしませんが、十分に清潔で、十分に居心地がいいですね

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-07
他の部屋の様子。ここは二段ベッドが入ってますね

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-06
さらに他の部屋。二段ベッド×2つです

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-08
お風呂の様子。男風呂・女風呂が別々に用意されています。また、少し歩くと「洞川温泉センター」があります(営業時間 11時~20時)。温泉へ入りに行くのもいいですね

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-09
これは冬に宿泊した時の一枚。基本は素泊まりですから、食事などの用意はありませんが、この日は仲間内だけだったので、ビールなどを持ち込んでロビーでお鍋を食べました!普段は洞川の温泉街にはお食事処もありますし、和食・中華などの出前も利用できるそうです。気になることは事前に電話で相談してみるといいでしょう


夏の川遊びも、冬の雪遊びも楽しいです!

冬の洞川は初めてでしたが、さすがに標高が高いだけあって、夜の寒さも厳しかったです。夏の川遊びも楽しいですが、雪と戯れるのもいいですね。観光客の姿もあまりありませんし、冬をのんびりと楽しむのもオススメです。

なお、冬に車で行かれる方は、必ずスノータイヤを履いていきましょう。それ以外の方は、奈良交通バスを利用するようにしてください。


ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-10

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-11

ゲストハウス一休@洞川温泉(天川村)-12



大きな地図で見る

※実際には「天川村立洞川中学校」の裏手になります。詳しくは「このマップ」をご覧ください


■ゲストハウス一休

HP: http://www.nara-hitoyasumi.com/
Twitter: @ryu_hitoyasumi

住所: 奈良県吉野郡天川村洞川466
電話: 0747-64-0212
アクセス: 近鉄「下市口駅」から、奈良交通バス「洞川温泉行き」に乗車。「洞川温泉」で下車。バス停から徒歩約10分(※下市口駅から車で1時間ほど)

宿泊料金: 1泊1名 3,800円~

※金曜・土曜・祝前日はプラス200円。変動あり
※冬季の利用の際は別途「暖房燃料費」が必要


■参考にさせていただきました

修験道行者の宿場町でみかん山モノレールに乗る - メレンゲが腐るほど恋したい


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ