2017-04-16

ユニーク!遊べる!『天理駅前広場コフフン(CoFuFun)』

ユニーク!遊べる!『天理駅前広場コフフン(CoFuFun)』

天理市・天理駅前広場が『天理駅前広場コフフン(CoFuFun)』として整備されました。古墳をイメージしたという5つの構造物は、野外ステージ「ステージコフン」、お子さんの遊具「ふわふわコフン」「すりばちコフン」、さらにはカフェや観光案内所になっています。お子さん連れでのんびり楽しめます!


天理駅前に登場した不思議構造物群

天理市のJR・近鉄天理駅の駅前広場が整備され、2017年4月から『天理駅前広場コフフン(CoFuFun)』(FacebookInstagram)として生まれ変わりました。

・200人を収容できる野外ステージ「ステージコフン」
・巨大トランポリンの遊具「ふわふわコフン」(3歳~小6
・滑り台などとして遊べる遊具「すりばちコフン」(小1~小6)
・観光案内所・バイクショップ・カフェレストランなどが入った「インフォ&ラウンジコフン」など

いずれも、天理市内に1600基もあるという「古墳」をイメージした、白いすり鉢形の構造物とした、かなりユニークな施設です。

●【参考記事】【関西の議論】宗教都市「天理」のイメージを変える? 14億円投じた駅前広場「コフフン」のインパクト - 産経WEST

この記事に詳しいのですが、天理駅前の整備には総事業費「約14億3200万円」かかっており、そのほぼ全額を国土交通省が地方自治体に交付する「社会資本整備総合交付金」でまかなっているそうです。


天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-01

天理駅前から『天理駅前広場コフフン(CoFuFun)』を眺めてみたところ。以前はちょっとしたグラウンドくらいのだだっ広いスペースでしたが、あれこれと新施設が登場しています

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-02
現地にある案内。円盤状の5つの構造物が重なり合うように並ぶ、かなり不思議な空間です。デザインを担当したのは、世界的に活躍している、東京「デザインオフィスnendo」代表の佐藤オオキさんです


ステージやお子さん用遊具など

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-04
200人を収容できる野外ステージ「ステージコフン」。この日は何も行われていませんでしたが、ユニークな外観に見とれてしまいました

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-05
ステージの奥は半屋根になっていて、雨天でも使えます。夜間用の照明機器や映像機器、スクリーンやプロジェクターなど、約14畳の楽屋まで完備しているとか。ちなみに、通常は数千円ほどの使用料がかかりますが、今年度(2017年4月1日~2018年3月31日)は無料で使えるとか!すごい!

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-06
ステージコフンの頭上にあるのは「ふわふわコフン」。お子さん用(3歳~小6)のふわふわドーム(巨大トランポリン)です。ただ、この日は整備中のため拝見できませんでした。広場を一望できるビューポイントとなっているそうなので、ぜひのぼってみたいですね

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-07
そのお隣の円墳状の構造物へ上ってみると……

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-08
こちらもお子さんの遊具「すりばちコフン」でした!対象は小1~小6。木の板を傾斜36度のすりばち状に張りめぐらせてあり、底まですべり降りたり登ったりして遊びます。お子さんたちが夢中になって遊んでましたが、本当に楽しそうでした!

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-10
自由に過ごせる「テーブルコフン」。頂上部分がテーブル型になっていて、お弁当を広げたり、お子さんを遊ばせながら読書できたりします

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-09
ショップなどが入った「インフォ&ラウンジコフン」。カフェレストラン(この日はオープン直前でした)や、自転車の販売・修理・レンタルスポット、観光案内所などが入っています。駅から始まる天理観光の拠点になる場所です


「コフフンショップ」もオープン!

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-11
5つの古墳状の構造物の周りも、楽しく整備されています。ブランコには、奥側に寝そべって使えるタイプのものもあったりします。この他にもいくつかの遊具が設置されています

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-12
また、大人の体力測定、お年寄りの体力増強などに利用できる器具も設置されています。手すり付きで段差を渡っていくものなど、お年寄りのちょっとした運動にいいですね。これからこういう設備もより必要とされてくるんでしょうね

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-13
また、駅の構内から広場に面して「コフフンショップ」もオープンしました。「柿菓子、ジャム、お茶、調味料、ハンドクリーム、ペーパーナイフ、ボタンなど、天理を中心とした奈良県内でつくられた逸品を展示販売」しているとか。お土産にどうぞ!

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-14
この日は、奈良市帯解のあたりで営業なさっている、いちご農家さん直営店『ストロベリー工房』さん(紹介記事)の出張販売などもありました。こういう出店が増えると、ますます賑わいが出てきますね

天理駅前広場コフフン(CoFuFun) @天理市-15
天理駅前広場コフフンのオープンに合わせて、天理本通の入口の看板も新しくなりました。天理ブランドの構築のためのロゴマークなども登場していますし(詳細)、これからも楽しみですね!



■天理駅前広場コフフン(CoFuFun)

HP: http://cofufun.com/
Facebook: https://www.facebook.com/cofufun.official/
Instagram: https://www.instagram.com/cofufun/

住所: 奈良県天理市川原城町816
電話: 0743-63-1001(天理市総合政策課コフフン賑わいづくり推進室)
駐車場: あり(天理駅前広場自動車駐車場は90分まで無料)

※毎月第2・第4日曜日には、たくさんのお店が出店する「コフフンマルシェ」が開催されます
※実際に現地を拝見したのは「2017年4月14日」でした


■参考にさせていただきました

天理駅前広場コフフン オープン!!/天理市ホームページ
【関西の議論】宗教都市「天理」のイメージを変える? 14億円投じた駅前広場「コフフン」のインパクト - 産経WEST










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ