2016-11-01

天平ファッションの特集がすごい!@『ならめがね』2016秋号

天平ファッションの特集がすごい!@『ならめがね』2016秋号

毎回、奈良の魅力を独特のアングルから伝えてくれる季刊誌『ならめがね』さん。最新の「2016年秋号」の巻頭特集は「なんと華麗な天平ファッション」。復元された天平衣装をどーんと大きな画像入りで紹介するなど、見応えある内容でした!正倉院展に関連した「旅する文様」のページなども充実していて、最後まで楽しく拝読しました!


奈良の魅力を独特のアングルから紹介

2015年9月に創刊された奈良の情報誌『ならめがね』さん(TwitterFacebook)。

奈良ローカルの編集プロダクション「合同会社 EditZ(エディッツ)」さんが発行しているだけに、他の情報誌とはまた違ったディープな、そしてちょっとユニークな視点から奈良の魅力を伝えてくれるため、毎号楽しく拝見しています。


『ならめがね』さんは年4回発行(3月、6月、9月、12月)の季刊誌で、最新の「Vol.05(2016年秋号)」は、2016年10月28日(金)に発売になりました。

●なんと華麗な天平ファッション
●旅する文様
●ほぼほぼ原寸! 秋の恵みスイーツ名鑑
●秋の吉野路、素敵な電車旅
●平城宮跡、秋空さんぽ
●今年の見どころは?第68回正倉院展
●Interview 空閑 理『d design travel』編集長
●カムカムミニキーナ「野狂」の大千秋楽、観劇しました! など

この雑誌の特徴として、「巻頭の特集が濃くて読み応えがある」という点が挙げられます。それも安全な(=そこそこ反応がいいと明らかに予想できる)ものだけではなく、かなりひねったテーマにも果敢にチャレンジしていて、毎回お届かされます。


『ならめがね』2016年秋号-01

『ならめがね』2016年秋号の表紙。美しい文様に奈良一刀彫の神鹿がちょこんと。華やかな赤を用いながらも、全体的にシックなデザインですね


今回の巻頭特集がすごい!迫力です!

2016年秋号の巻頭特集は「なんと華麗な天平ファッション ~Fashion of The TENPYO~」。復元された天平衣装を1ぺージごとにどーんと大きな画像入りで紹介するなど、ページを開いた瞬間に「おっ!」と声が出てしまうような迫力のある誌面でした。

「平城京天平祭」の天平行列などの衣装を担当なさっている、万葉衣装服飾家・山口千代子さんの全面協力で、きらびやかでまるで女性ファッション誌のよう。しかし、内容はマニアック。小物から髪型まで、しっかり画像入りで紹介されています!

【LADY'S & MEN'S】 礼服/朝服/制服/小物/布作面(ふさくめん)/袞冕(こんべん)

【others】
天蓋(てんがい)/冕冠(べんかん)

【天平ヘアスタイル】
雲朶髻(うんだけい)/半翻高髻(はんほんこうけい)/螺髻(らけい)/双髻(そうけい)/驚鵠髻(きょうこくけい)/双Y髻(そうあけい)

【天平衣装体験】
装束散歩710/みつきうまし祭り(平城京天平祭・秋)
公式ページより

聞いたことがない単語もいっぱいですね(笑)。観て楽しいのはもちろん、しっかりと解説も入っていて面白いです。天平時代をモチーフに絵や文章などの創作活動をしている方などにも参考になるでしょう!


『ならめがね』2016年秋号-02

「なんと華麗な天平ファッション」の扉ページ。実際にページをめくったときのインパクトが損なわれてしまいますので、画像はこれだけ載せておきます。ぜひ手にとって「おっ!」と驚いてみてください!


正倉院文様やインタビュー記事も

『ならめがね』2016年秋号-03
第二特集「旅する文様」のページ。美術史家・永井美由紀さんが、正倉院宝物の文様の世界を解説しています。ヨーロッパのバリエーションなども解説されていて、とても濃い内容でした

『ならめがね』2016年秋号-04

『ならめがね』2016年秋号-05
奈良国立博物館で開催中の「第68回正倉院展」に関連して、その見どころ紹介なども

『ならめがね』2016年秋号-06
後半にはグルメ記事なども掲載されます。これは「ほぼほぼ原寸!秋の恵みスイーツ名鑑」のページ。奈良の人気スイーツを、大きな画像を使って紹介しています。贅沢な誌面構成ですね!お腹が空いてきます(笑)

『ならめがね』2016年秋号-07
連載「古刹の古仏」では、正暦寺・孔雀明王像が登場。この他には、「秋の吉野路、素敵な電車旅」「Interview 空閑 理『d design travel』編集長」など、面白い記事が並びます


メールフォームからも注文可能です

取り扱い店舗は「本のご購入」ページからご覧ください。奈良県内や大阪府内の大手書店、京都・兵庫・愛知・東京・神奈川の一部店舗でも取り扱いがあります。

また、メールフォームで直接オーダーできるようにもなっています。1冊から注文可能で、2冊までは送料無料!バックナンバーと合わせて買い求めるのにもいいですね。

毎号とても素敵な内容ですので、渋い奈良がお好きな方はぜひ手にとってみてください!


■『ならめがね』Vol.05 (2016年秋号)

HP: http://naramegane.com/
Twitter: @naramegane_mag
Facebook: https://www.facebook.com/naramegane

発売日: 2016年10月28日(金)
発行日: 年4回(3月、6月、9月、12月)
判型など: A4変形大判、無線綴じ、100ページ(オールカラー)
定価: 1,000円+税
発行: 合同会社EditZ(エディッツ)


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ