2014-12-07

2015年の干支「未(ひつじ)」の大絵馬『橿原神宮』@橿原市

2015年の干支「未(ひつじ)」の大絵馬『橿原神宮』@橿原市

恒例となっている大絵馬(ジャンボ絵馬)が、橿原市『橿原神宮』に登場しました。2015年の干支「未(ひつじ)」が、可愛らしく2頭描かれています。この大絵馬の前で写真を撮っておくと、年賀状のデザインに困ったときに使えます。「来年はヒツジのように穏やかな一年になりますように」と願いを込めて拝んでおきたいですね。


可愛い2頭のヒツジが描かれたジャンボ絵馬

毎年恒例の、橿原市『橿原神宮』の大絵馬(ジャンボ絵馬)が今年も登場しました。

高さ4.5m×幅5.4m。畳14畳分という巨大サイズで、2015年の干支「未(ひつじ)」2頭が大きく描かれています。この絵を描いたのは、橿原市内在住の日本画家・藤本静宏さん。羊の毛のふわふわとしたところも見事に再現されていて、とても可愛らしいですね。

このジャンボ絵馬は、年賀状の背景にちょうどいいため、これからの時期は撮影目的の方で賑わいます。私の義父が毎年この写真を年賀状に使っているため、ここ数年の画像はすべて手元にコレクションしてあります(笑)

ちなみに、この大絵馬は、1960年に皇太子殿下の安産を祈願して設置されたのが始まりで、今年で56回目を迎えるそうです。縁起物ですから、年賀状用に、または初詣に来た際にでも、しっかりと拝んでおきましょう!


未(ひつじ)の大絵馬@橿原神宮-01

初代・神武天皇をお祀りする、橿原市『橿原神宮』。背後に見えるのは大和三山の一つ「畝傍山(うねびやま)」です

未(ひつじ)の大絵馬@橿原神宮-02
巨大な拝殿(外拝殿)の脇に、毎年12月になると「大絵馬(ジャンボ絵馬)」が登場します。拝殿も大きいいのでサイズ感が伝わりづらいですが、「高さ4.5m×幅5.4m」という大きさです

未(ひつじ)の大絵馬@橿原神宮-03
正面から。2015年の干支「未(ひつじ)」が2頭寄り添っています。おめでたい雰囲気が伝わってきます!年賀状のデザインに困ったら、ここへ来てみると解決しますよ(笑)

未(ひつじ)の大絵馬@橿原神宮-05
大絵馬が飾られている外拝殿から、内拝殿を拝んだところ。普段はここには立ち入ることはできませんが、初詣の時は開放され、内拝殿の前からお詣りできるようになります

未(ひつじ)の大絵馬@橿原神宮-06
外拝殿の前のスペース。普段はこんな感じですが、年末年始や祭礼の日には大変な賑わいになります。ぜひ初詣にどうぞ!



■橿原神宮(かしはらじんぐう)

HP: http://www.naranet.co.jp/kashiharajingu/
住所: 奈良県橿原市久米町934
電話: 0744-22-3271
主祭神: 神武天皇、媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)
創建: 1890年
開門時間: 日の出から日没まで
拝観料: 境内無料(宝物館は@300円)
駐車場: 800台分(普通車@500円)
アクセス: 近鉄「橿原神宮前駅」下車、徒歩5分


■参考にさせていただきました

奈良・橿原神宮外拝殿前に大絵馬 「未」のんびり、平和な一年に - 産経ニュース


■関連する記事








" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ