2011-09-24

岡寺山門下の名物ご夫婦のお店『坂乃茶屋』@明日香村

岡寺山門下の名物ご夫婦のお店『坂乃茶屋』@明日香村

明日香村の高台にあるお寺「岡寺」の山門下にある小さなお店『坂乃茶屋』さん。高齢のご夫婦が営む甘味とそうめんの名物店です。田舎に里帰りしたようなのんびりした雰囲気と、美味しい素麺を堪能してきました!


急坂に建つ、小さな優しい茶店です

飛鳥光の回廊の途中で明日香村の高台にある『岡寺』(紹介記事)の夜間拝観へ行った際、門前の『坂乃茶屋』さんも営業しているのに気づき、喜んでお邪魔してきました。

坂乃茶屋さんは、「岡寺山門下 そうめん処」を名乗るお店で、門前の急坂途中にある小さなお茶屋さんです。優しいご夫婦がお店を営む「岡寺名物」で、私がブログを書き始めたばかりの頃にも伺っていて(記事はこちら)、お店を見て「まるでプラモデルみたいだ」と失礼なことを言ってました(笑)

坂乃茶屋さんの店内に入ると、壁一面、天井一面に貼ってあるサイン色紙の数に驚きます!このほとんどが修学旅行生や普通の旅行者が書いたもので、普通のお客さんに色紙を書いてもらって貼り出しているのだとか。有名人からのサインは一箇所に集められていたり、貼らずに山と積んであったりします。


坂乃茶屋@岡寺門前-01

明日香村の岡寺の門前にある甘味・そうめんなどのお店『坂乃茶屋』さん。ともに80歳を超えるご夫婦が営む小さなお店です。普段の営業は16時までですが、この日は「飛鳥光の回廊」で岡寺が夜間拝観を行っていたため、坂乃茶屋さんもお店を開けていらっしゃいました

坂乃茶屋@岡寺門前-13
これは2007年10月の写真です。岡寺前の急坂の途中に建つ、小さなお茶屋さんです

坂乃茶屋@岡寺門前-14
2007年の坂乃茶屋さん。この日はお父さんが屋根の葺き替え作業をなさってました。味がある建物ですよね!

坂乃茶屋@岡寺門前-02
坂乃茶屋さんの店頭では、色んな飛鳥土産・奈良土産なども販売しています。私は地元民ですから、ほとんどお土産は買いませんが、小袋に入った坂乃茶屋さんの「いかり豆(@100円)」は毎回購入しています。お話によると、娘さんが作っている自慢の味なのだとか。帰りの車内で食べるのに最適ですよ!

坂乃茶屋@岡寺門前-03
坂乃茶屋さんの店内の様子。店内の壁という壁、天井までもがサイン色紙で埋め尽くされています!面白いのは、このほとんどが修学旅行生や普通の旅行者が書いたものであること。普通のお客さんに色紙を書いてもらって貼り出しているんです


ミカンが乗ったそうめんが懐かしい!

坂乃茶屋さんのメニューは、お食事メニューはそうめんメインで、「坂乃茶屋定食(@700円)」「冷やし山菜そうめん(@600円)」「山菜にゅうめん(@600円)」など。甘味メニューが、「手造わらび餅(@400円)」「古代食 葛きり(@400円)」などがあります。

この日、私たちは冷やしと温かいもの、2種類のそうめんをいただきましたが、どちらも懐かしい味わいでした。特に冷たい山菜そうめんは、トッピングに缶詰のミカン(!)が乗っている昭和っぽいもので、どこか懐かしい味なんですよね。にゅうめんも温かで優しい味わいで、本当にほっこりとできました。

さすがに、そうめん単品だとそれほどお腹のもちが良くありませんので、100円プラスでわらびご飯・山ぶき煮もついた「坂乃茶屋定食(@700円)」を注文するといいでしょう。


坂乃茶屋@岡寺門前-05

坂乃茶屋さんのメニュー。素麺と甘味がメインで、「坂乃茶屋定食(@700円)」「冷やし山菜そうめん(@600円)」(にゅうめんもあります)などの食事メニュー、「手造わらび餅(@400円)」「古代食 葛きり(@400円)」などの甘味、ラムネやアイスコーヒーもいただけます

坂乃茶屋@岡寺門前-06
坂乃茶屋さんの「冷やし山菜そうめん(@600円)」。冷たいそうめんのトッピングに、山菜・ゆで卵・ニンジンの千切り、そして缶詰のミカン(!)が乗っています。めんつゆもやや甘めで、まさに田舎のおじいちゃん・おばあちゃんの家に里帰りしたような味です!

坂乃茶屋@岡寺門前-07
そうめんのアップ。このいかにも缶詰の、ミカンのシロップ漬けがいいんですよね。昭和世代には懐かしくて仕方ない味だと思います(笑)

坂乃茶屋@岡寺門前-08
こちらは同じお値段でいただける「山菜にゅうめん(@600円)」。ネギととろろ昆布が入っています。ほっこりと落ち着くお味ですね。夏以外はにゅうめんで温まってください!

坂乃茶屋@岡寺門前-09
そうめんをいただいていたら、さらにお腹が空いてきたので、後からお願いして、わらびご飯・山ぶき煮もついた「坂乃茶屋定食(@700円)」にしていただきました(素麺の100円増し)。素朴で優しい味。山ぶきはやや甘辛く煮つけてあるのが、より田舎風でいい感じでした


田舎のおばあちゃんの家のように寛げます

食事が終わってから、お母さんにお願いして、みうらじゅん・いとうせいこう両氏が「TV見仏記」の撮影に来た際に書いたサイン色紙も見せていただきました。店内に貼ってあるのかと思ったら、「有名な方からの色紙はここにまとめてあるんですよ。変な店でしょー」と、店の片隅に山積みになっていた色紙の中から探しだしてくれました(笑)

もうご高齢のお母さん(83歳だとか)は、この見仏コンビのことは誰だかよく分かっていらっしゃらないようでした。しかし、撮影の時のことははっきり覚えていらっしゃっていて、お孫さんがけん玉で遊んでいたら、みうらさんたちが近くに呼んでくれて、優しく相手しくれたのだとか。お二人ともあまりそんなイメージはありませんから、面白いですよね。

他の有名人の方の色紙(吉村作治先生とか)を拝見したりしながら、あれこれ長話していると、お母さんは次々とお茶を勧めてくださるし、厨房のお父さんは気をきかせて「自家製わらび餅」をご馳走してくださるし(ご馳走さまでした!)、本当に田舎に帰省したようにくつろいできました。

とても落ち着く場所ですから、岡寺にお参りした際にはぜひ立ち寄ってみてください!オススメです!


坂乃茶屋@岡寺門前-11

見たかった「TV見仏記」収録の際の、みうらじゅん・いとうせいこう両氏のサイン色紙も拝見できました。番組のエンディングを坂乃茶屋さんの座敷で撮影していたんですよね

坂乃茶屋@岡寺門前-12
話し込んだついでに、お母さんに色紙を持ってポーズをとっていただきました!お母さんは今83歳で、「頑張って90歳まではお店を続けたい」とおっしゃってました。本当に頑張って欲しいですね。ちなみに、お母さんの後ろに見えている色紙の山が、著名人の方のサインなんだとか。見せていただくと面白いかもしれませんね

坂乃茶屋@岡寺門前-10
お母さんとあれこれ話し込んでいたら、お父さんが気を遣ってくれて、わらび餅をご馳走してくださいました!独特の食感のわらび餅も、甘さ控えめのきな粉も自家製とのこと。モッチリとプルルンの間くらいの、不思議な食感でした。美味しかったです!



大きな地図で見る


■坂乃茶屋

HP: 参考サイト(食べログ)
住所: 奈良県高市郡明日香村岡1210
電話: 0744-54-3129
定休日: 不定休
営業時間: 11:00 - 16:00
駐車場: なし(近くに有料駐車場あり)
アクセス: 近鉄「橿原神宮前駅」から、奈良交通バス「岡寺」下車、徒歩7分ほど


■参考にさせていただきました!

まほろば(奈良・大和路) 坂乃茶屋(明日香村)
坂乃茶屋 - tetsudaブログ 「日々ほぼ好日」


●【食べログ】の該当ページへ

坂乃茶屋 甘味処 / 飛鳥駅岡寺駅橿原神宮前駅
昼総合点★★★★ 4.0










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ