2007-10-22

岡寺前の『坂の茶屋(坂乃茶屋)』

岡寺前『坂の茶屋』-02


岡寺へ行った帰り、その門前に店を構えている『坂の茶屋(坂乃茶屋)』さんへお邪魔してみました。あまりにもその佇まいが渋くて「まるでプラモデルみたいだ!」と、思わず笑ってしまうほどのいい建物です。

さらに、この時はちょうどご主人が屋根の葺き替え作業中。軒下で商品を眺めていても、頭上からミシミシという音が聞こえてきて、ちょっと怖かったです�。奥さんによると「(ご主人が)自分で作った軒だから、どこを踏んだら落ちるか分かってるので心配ありません(笑)」とのことでしたから、まぁ大丈夫なんでしょうね(笑)

張り出した軒の部分が雨漏りしてきてしまうそうで、檜(ヒノキ)の皮を新しいものに変えていらっしゃいました(檜皮葺き(ひわだぶき)と言うそうです)。よく見ると、ヒノキの皮には独特の植物「ノキシノブ」が生えていて、これはヒノキの皮だけからしか生えてこないものなんだそうです。ただのシダ類に見えますが、そう聞いてみると何やら迫力を感じてしまいます。


岡寺前『坂の茶屋』-01
岡寺から少しだけ急坂を下ったところにあります。

岡寺前『坂の茶屋』-02
「日本の茶店」というプラモデルみたいな作り。とってもクールです!

岡寺前『坂の茶屋』-03
ご主人が屋根の葺き替え作業中。軒下はミシミシと怖い音をたてていましたが�。

岡寺前『坂の茶屋』-04
これが問題の屋根。一見普通です。

岡寺前『坂の茶屋』-05
これがヒノキの皮にのみ生える植物(ノキシノブだそうです)

岡寺前『坂の茶屋』-06
表面にはビッシリと苔が繁殖してました。美しいです!

岡寺前『坂の茶屋』-07
奈良ですから、もちろん吉野葛は外せませんね。わらび餅の素もあります。

そんなお話を伺いながら、私たちはここでペットボトルのお茶と「イカリ豆(@100円」を購入。ビニール袋に入っているだけの素朴さでしたが、このイカリ豆、美味しかったですよ〜。帰りの車内でムシャムシャと食べてました。この辺りの特産品だったりするんだろうか?


拡大地図を表示


■坂の茶屋(坂乃茶屋)
住 所:奈良県高市郡明日香村岡1210
営業時間:11:00〜16:00

※詳細はコチラが詳しいです ⇒ 「坂乃茶屋ファン倶楽部」さん
※食事も食べさせてくれて、「坂乃茶屋定食<昼>(冬=にゅう麺/夏=冷し素麺)」や、わらび餅・葛きりなどがあります










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ