2016-11-03

奈良に行きたくなる手帳『奈良旅手帖2017』発売中

奈良に行きたくなる手帳『奈良旅手帖2017』発売中

奈良好きさん必携の『奈良旅手帖2017』が発売になりました。スケジュール欄には奈良の行事が掲載されていたり、巻末にディープな観光データがあったり、歴代天皇の一覧があったりと、ページをめくるだけで楽しい内容になっています。「また奈良に行きたい!」と思わせてくれる魔力のある手帖ですので、ぜひ活用してみてください!


今年で9年目を迎えた奈良旅手帖

奈良好きさん必携の手帖『奈良旅手帖2017』が発売になりました。

発行者・生駒あさみさんは、ディープな奈良関連のアイテムを取揃える「旅とくらしの玉手箱 フルコト」さんのあるじのお一人で、「奈良の雑貨とカフェBAR ことのまあかり」のオーナーさん。私たちの友人でもあります。

奈良旅手帖は2009年から発行が始まり、2017年版で9年目を迎えたとか。このブログでは毎年、その内容について簡単にご紹介していますが、便利な機能はそのままに、少しずつマイナーチェンジを繰り返しながら、奈良ファンの間で愛され続けてきました。

最新の2017年版も、手帖として使いやすいのはもちろんですが、ページをめくるだけで楽しい情報が目に飛び込んでくる、奈良好きの心をくすぐる内容になっています。毎日のように「奈良に行きたい!」と思われることでしょう!


表紙は6種類。目移りしますね!

奈良旅手帖2017-02
さまざまな表紙を選べるのも奈良旅手帖の楽しみです。今年は6種類の個性的なデザインが揃いました(詳しくはこちら→「2017年表紙」)。古代の瓦あり、可愛らしいイラストあり、奈良の美しい風景あり、シックな正倉院文様あり。「どれにしようか……」と、思いっきり悩んでみてください!

奈良旅手帖2017-01
個人的に気に入っているのが、上村恭子さんデザインの「繧繝彩色風『彩』」です。「繧繝(うんげん)」とは、神仏がおわす建築物の装飾として描かれた聖なる文様で、その優しくも神々しい雰囲気がよく表現されています。美しいですね!


奈良に関する情報ページも充実

奈良旅手帖は「B6」サイズで、各月ごとに見開きの月間カレンダー・2週間カレンダーがつき、巻末にはさまざまな奈良関連のデータが掲載されています。

各日に奈良で行われる行事が掲載してあるため、旅行の予定をたてたりするにも便利ですし、奈良に行けない時でも、この手帖を眺めていれば奈良旅行気分が味わえるでしょう。

巻末のデータは、「●歴代天皇一覧 ●天智・天武系系図 ●神社仏閣の拝観情報 ●御朱印情報 ●博物館・美術館 ●道の駅 ●レンタサイクル ●レンタカー ●駅のコインロッカー ●荷物預かり所 ●ロープウェイ・ケーブルカー ●駅近くの銭湯 ●奈良の特産・物産を扱う店 ●観光マップ類」など、とても役立つ情報が掲載されています。

昨年との違いは、今年は「ご朱印情報」が非掲載となり、その分だけ自由に記入できるページが増えたことです。どの社寺でどんなご朱印がいただけるのかというデータも便利でしたが、最近の御朱印ブームにより、増えたり変更があったりしたため、あえて削除したのだそうです。


奈良旅手帖2017-03

奈良旅手帖の主だったページをご紹介しておきます。各月の冒頭には、その月に見頃を迎えるお花の情報が。例えば3月であれば、「椿」は白毫寺、伝香寺など、「雪柳」は海龍王寺、久米寺などというように記載されています

奈良旅手帖2017-04
その次には月間の見開きカレンダーページが。おおまかな予定はここに記入できます

奈良旅手帖2017-05
続いて、2週間カレンダーのページ。「旧暦、六曜、二十四節気、節句、雑節」が表示されています。旧暦が分かるのが便利ですね

奈良旅手帖2017-06
2週間カレンダーの各日には、奈良で催される催事やイベントなどが掲載されています。これが本当に便利で、奈良への旅行の予定が立てやすいのはもちろん、地元民も知らなかった情報がたくさん見つかるでしょう

奈良旅手帖2017-07
巻末の情報ページも充実しています。これは「飛鳥・奈良時代 年号西暦年表」のページで、元号・その時の天皇・西暦を軸に、どんな出来事があったのかをまとめています。元号と西暦を換算したり、「あの事件はどの天皇の治世で起こったんだっけ?」みたいな見方ができて便利!

奈良旅手帖2017-08
続いて「歴代天皇一覧」と「天智・天武系系図」のページ。スマホで検索するのもいいのですが、こうやってまとめてあるとさっと見られていいんですよね

奈良旅手帖2017-09
神社・仏閣の拝観情報なども充実。奈良県内の主要な寺社について、料金や特別公開の予定などが網羅してあります

奈良旅手帖2017-11
奈良市内のマップ。さらに、明日香・山辺・葛城、奈良県全体のマップに、電車の路線図も載っています。旅行者さんはとくによく利用するページかもしれません

奈良旅手帖2017-12
余談ですが、生駒さんがデザインした「【あわい】みわ・ふたかみクリアファイル(B6)」も素敵です!表裏に、日が昇る三輪山、日が沈む二上山を描いています。通販価格は「470円」。奈良旅手帖と合わせてどうぞ!


■奈良旅手帖2017

HP: http://naratabi.jimdo.com/
価格: 店頭価格 1,890円、通販価格 2,010円(送料込)
サイズ: B6(表紙ビニールカバー、ペンホルダー付き)
ページ数: 168ページ

※ネットでの申し込みは「フルコト通販」からどうぞ。


●取り扱い店舗

・奈良きたまち「旅とくらしの玉手箱 フルコト」さん
・奈良市小西町「奈良の雑貨とカフェBAR ことのまあかり」さん
・大和郡山市柳「本と雑貨 とほん」さん
・奈良市北御門町「小さなホテル 奈良倶楽部」さん
・東京日本橋「奈良まほろば館」さん など


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ