2014-03-28

春を告げる「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)

春を告げる「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)

奈良近辺でもっとも早く開花し、「奈良の一番桜」と呼ばれる『氷室神社』の枝垂れ桜を観てきました。病気の治療のため枝数は減ってしまいましたが、快晴の空の下、今年も美しい花を咲かせていました。奈良は春爛漫です!


製氷の神さまのお社の美しい枝垂れ桜

奈良国立博物館の真向かいに位置する『氷室神社』。710年の平城遷都のころから、吉城川の上流で作った氷を「氷室(ひむろ。氷の貯蔵庫)」に貯蔵し、奉納していました。平安遷都の後にこの制度は廃止になり、その後現在の地へ遷座してきました。

毎年5月1日は、氷室の氷を奉納する「献氷祭」が行われます。海の幸の代表タイ、川の幸代表のコイを凍結した、高さ1mもある氷柱が奉納されます。このため、製氷業者などからの信仰を集めており、ホームページにも「製氷業者・冷蔵冷凍業の守護神」「ヒートポンプ・蓄熱技術の守護神」といった言葉も見られます。

また、氷室神社の門(四脚門)の前には、「奈良の一番桜」と呼ばれる、奈良市内でもっとも早い時期に開花する「枝垂れ桜」があることでも有名です。


毎年少しずつ開花時期は前後しますが、だいたい3月最終週くらいには満開を迎えます。この日はちょうどほぼ満開くらいで、快晴のおでかけ日和だったため、氷室神社の境内は驚くほどの人で賑わっていました!


「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-01

奈良市春日野町の『氷室神社』(ひむろじんじゃ)。奈良国立博物館の道路を挟んだ真向かいくらいの位置にあります。普段は静かな神社ですが、春先の桜の季節にはたくさんの観光客が押し寄せます

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-02
鳥居をくぐってすぐ。ほんの数十メートルの参道ですが、平日の午後にもかかわらず、たくさんの人であふれていました

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-03
四脚門の前にあるのが、奈良で一番早く咲く「奈良の一番桜」を名乗る枝垂れ桜です

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-04
そこから少し左へ目線をやると、大きな木蓮(ハクモクレン)の花も咲いています。枝垂れ桜とちょうど同じ頃に開花するため、同時に楽しめます


悪性の腫瘍のため枝を切り落としました

氷室神社の枝垂れ桜ですが、今年はひと目観た瞬間に厚みがなくなっているのが分かりました。境内にあった張り紙によると、悪性の腫瘍が見つかり、枝を切り払うなどの治療を行ったのだとか。


枝垂れ桜の現状と花咲寄進のお願い

近年樹勢の衰えが目立ち、調査を行ったところ、養分を吸う幹周りの細根が非常に少なくなり、また枝には癌腫と呼ばれる悪性の腫瘍があることが判明しました。そこで、桜を守るために昨年の十二月に樹木医の指導の下、樹勢回復作業が行なわれました。

内容は、幹に若木の根を三カ所移植、癌腫に侵されていた枝の切り払い等となりました。新しい根は当社鎮守の杜で育てていたこの枝垂れ桜の実生の苗木を使用しました。(後略)

境内の張り紙より

さらに鹿除け対策などの作業も必要のため、この枝垂れ桜の維持管理には大変な費用がかかっているそうです。社務所にて「花咲寄進」(1口千円より)を受け付けており、寄進者には「撤饌の御神酒小瓶」がいただけるそうです。

そこまでしないまでも、多めにお賽銭を入れるとか、おみくじを引くなどしておくといいですね。この美しい枝垂れ桜をいつまでも観られるように、ぜひご協力ください。


「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-05

氷室神社のしだれ桜を見上げたところ(2014年春)。毎年のように観ていますが、明らかに枝数が減っています

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-19
2012年春の様子(向かって左手の桜です)。別の角度からで比較しづらいですが、だいぶ印象が変わってしまいました

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-07
境内に張り出してあった「枝垂れ桜の現状と花咲寄進のお願い」。枝垂れ桜を守るために「花咲寄進」(1口千円より)を受け付けていらっしゃいます

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-08
2013年12月に行われた治療の様子など。鹿に荒らされないように竹垣で覆うなどの作業も行われたそうです

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-09
氷室神社の「拝殿」。しだれ桜を守るためにしっかりお祈りしてください(おみくじなどもあります)


美しい桜!ずっと元気でいて欲しいです

今年の春のしだれ桜の写真を何枚か掲載しておきます。病気の治療中ですが、とても美しい花を咲かせていました!夜にはライトアップもされますので、そちらもぜひ!


「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-06

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-10

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-11

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-12

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-13

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-14

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-15

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-16
ちなみに、四脚門の前のものだけではなく、向かって右手には2本の枝垂れ桜が植わっています。こちらはまだ元気な様子でした。色んな角度から桜の花を愛でられるのがいいですね

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-17

「奈良の一番桜」枝垂れ桜@氷室神社(奈良市)-18



大きな地図で見る


■氷室神社

HP: http://www.himurojinja.jp/
住所: 奈良県奈良市春日野町1-4
電話: 0742-23-7297
祭神: 大鷦鷯命、闘鶏稲置大山主命、額田大仲彦命
開門時間: 6:00-18:00(11月~3月 6:30-17:30)
拝観料: 無料
駐車場: 1時間500円(上限2,000円)(※桜の季節のみ30分500円に)
アクセス: 近鉄「奈良駅」から徒歩15分

Facebook: https://www.facebook.com/morimasa.ohmiya

■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ