2012-08-16

珍しい鹿刺しも!『きらく九兵衛』@洞川温泉(天川村)

珍しい鹿刺しも!『きらく九兵衛』@洞川温泉(天川村)

天川村の洞川温泉郷にある老舗の食堂『味処きらく九兵衛』さんへお邪魔してきました。趣ある広間で清流を眺めながらの食事は、とても美味しかったです!なお、こちらでは珍しい「鹿のお刺身」もいただけますので、興味のある方はぜひ!


大正6年(1917年)創業の老舗食堂です

奈良県天川村にある、修験道の根本道場「大峯山」。その麓にある「洞川温泉(どろがわおんせん) 」は、標高約820mの高地に位置し、懐かしい街並みを遺した温泉街です。

その一角にある、大正6年(1917年)創業の老舗の食堂『味処きらく九兵衛』さんは、洞川で最も古い食堂なのだそうです。


味処きらく九兵衛は創業大正6年。大峯山・修験道の行者の方や地元のみなさまに愛されて洞川で一番歴史の古い食堂となりました。廊下に川を眺めながめると天然のあまごやニジマスが泳いでいるのを眺めることができます。風情ある座敷では、香ばしい鮎の塩焼き、もみじ(鹿刺し)定食の他、地元の食材を使ったボリュームたっぷりのランチメニューと名水豆腐が美味です。


この日は、お盆休みのど真ん中だったため、洞川温泉郷は関西全域からのお客さんで大混雑で、すぐ近くの「村営洞川温泉センター」の駐車場も行列になっていたほどです。きらく九兵衛さんでは、10台分の駐車スペースを確保していらっしゃいますので、比較的すんなりと車を停めることができました。

店内は広々とした座敷席で、席数は70席もあるそうです。窓からはすぐ脇の清流の流れが見え、涼しい風が吹き抜けていました。


きらく九兵衛@洞川温泉(天川村)-01

洞川温泉郷にある、大正6年創業の老舗の食堂『味処 きらく九兵衛』さん。軒先には杉玉が吊るされていました。駐車スペースは、店舗すぐ脇と、少し離れた何箇所かに分散してあるようですので、迷ったら店員さんに聞いてみるといいでしょう

きらく九兵衛@洞川温泉(天川村)-02
きらく九兵衛さんの店内は、広々とした座敷席になっていて、予約すれば宴会も可能なのだとか。この日はお盆休みの真ん中だったため、お昼過ぎでもほぼ満席でした

きらく九兵衛@洞川温泉(天川村)-03
窓の外には、清流が見えます。見た目も涼やかで、贅沢な気分が味わえますね


地元の川魚や名水を使ったお豆腐料理など

きらく九兵衛さんのメニューを見ると、天川村のあゆ・あまごなどの川魚や、名水を使って作られたお豆腐などが目につきます。

あゆorあまごの塩焼き・冷やっこ・玉子焼き・酢の物・五品盛がセットになった「あゆ(あまご)塩焼き定食(@1,550円)」などとともに、「あゆ味噌煮定食(@1,400円)」「冷やっこ定食(@1,100円)」などがあります。また、メインが「鹿刺し」で、冷やっこ・玉子焼き・酢の物・五品盛などがついた「もみじ定食(@1,400円)」というのも、他ではなかなか食べられないメニューでしょう。

単品メニューも比較的リーズナブルですから、身構えずに気軽に利用できますね。


きらく九兵衛@洞川温泉(天川村)-04

きらく九兵衛さんの定食メニュー。あゆorあまごの塩焼き・冷やっこ・玉子焼き・酢の物・五品盛がセットになった「あゆ(あまご)塩焼き定食(@1,550円)」などの川魚メインのメニューがいいですね。また、鹿刺し(!)がいただける「もみじ定食(@1,400円)」も!

きらく九兵衛@洞川温泉(天川村)-05
単品メニューも豊富です。メニューの筆頭に「なべやきうどん(@830円)」が掲載されているのは、さすがは涼しい高地ですね。そばやうどん、丼ものも600円程度からいただけますので、比較的リーズナブルです。また天川村の「あゆ塩焼き(@730円)」「あまご塩焼き(@730円)」、名水から作った「冷やっこ(@350円)」などもオススメなのだとか


吉野・熊野名物の「めはりずし」も美味でした

この日、私は直前まで大峯山に登っていたため、ガッツリと炭水化物が欲しくなり、「めはり定食(めはり2個)(@980円)」を注文しました。

ご飯を浅漬けの高菜で巻いた「めはりずし」(Wikipedia)は、やや和歌山のイメージが強いですが、吉野熊野の一帯の郷土料理です。さっぱりしていて塩分も適度で、とても美味しかったです!

なお、このセットでは「きつねうどん」と「たぬきそば」を選べるようになっています。私のような関西圏の外で育った人間には、「たぬきそば=天かすが乗ったそば」なんですが、関西では「たぬきそば=お揚げが乗ったそば」が常識ですので、気をつけましょう。私も分かっていたはずなんですが、この日久々に勘違いしました(笑)


きらく九兵衛@洞川温泉(天川村)-08

吉野熊野の郷土料理めはりずしがいただける「めはり定食(@980円)」。めはりが2個ならこのお値段で、3個なら1,080円です。登山のあとということもありましたが、めはりもおそばも、適度な塩加減で美味しかったです!

きらく九兵衛@洞川温泉(天川村)-09
ウチの奥さんが注文した「親子丼(@680円)」。ダシが甘すぎずすっきり。このお値段でこのお味なら満足度が高いですね


まろやかな「鹿刺し」がいただけるセットも

そして、この日、私たちを案内してくれた、洞川をこよなく愛する生駒さん(ご存知「奈良旅手帖」の作者さんです)は、鹿刺し(!)がメインで、冷やっこ・玉子焼き・酢の物・五品盛・ごはん・味噌汁・漬物がついた「もみじ定食(@1,400円)」を注文していました。

彼女はすでに何度か鹿刺しを食べたことがあるそうですが、私たちは初めてです。少しいただいてみましたが、まろやかで美味しいんですね!冷凍してあったものだと思いますが、味は馬肉に近く、これなら食べる価値はあると思います。

なお、鹿のお刺身を検索すると、厚生労働省の「生シカ肉を介するE型肝炎ウイルス食中毒事例について(E型肝炎Q&A)」というページがあるくらいですから、素人が生食するのは難しいでしょう。

同ページによると、野生のシカは有害鳥獣駆除などによって全国で年間約10万頭捕獲されており、食肉として年間300~400トンほど消費されているそうです。「奈良で鹿を食べる」と聞くと、奈良公園の可愛い鹿を連想して驚いてしまいますが、貴重なお肉ですので、興味がある方はぜひお試しください!


きらく九兵衛@洞川温泉(天川村)-06

きらく九兵衛さんの「もみじ定食(@1,400円)」。メインは鹿刺しで、冷やっこやだし巻きも絶妙なのだとか。見た目からして豪華ですね!

きらく九兵衛@洞川温泉(天川村)-07
もみじ定食の主役の「鹿刺し」。私は初めて食べましたが、まさに馬肉のようなイメージですね。冷凍してあったものを解凍したばかりで、少しシャリッとした食感があったように思います。なかなか食べる機会のないものですので、ぜひ召し上がってみてください!



より大きな地図で 味処 きらく九兵衛 を表示


■味処 きらく九兵衛

HP: http://www.syokuhin-eisei.com/kiraku/index.html
住所: 奈良県吉野郡天川村洞川47
電話: 0747-64-0600
定休日: 不定休
営業時間: 10:00 - 19:00(季節によって変動)
駐車場: 無料駐車場あり(10台分)
アクセス: 近鉄吉野線「下市口駅」から、奈良交通バス(洞川温泉/中庵住行)で約1時間「洞川温泉」下車


●【食べログ】の該当ページへ

喜楽食堂 きらく九兵衛 きらくしょくどう きらくきゅうべい - 天川村その他/郷土料理(その他) [食べログ]


■関連する記事






 【珍しい鹿刺しも!『きらく九兵衛』@洞川温泉(天川村)】へのコメント
まほろば鹿雄  12-08-24 21:40

いつも楽しく拝見してます。

洞川温泉はとてもいい温泉と聞いていますが、いかがですか?

以前大分市に住んでいた時は、簡単に本格的な温泉に行けたのですが、

関西で一番残念なのが温泉に気軽に行けないことです。

奈良市内からだと洞川温泉までは泊まりでないと無理ですか???

naka  12-08-25 20:15

>まほろば鹿雄さん

コメントありがとうございます!
私も洞川の温泉宿に泊まったことはないので細かいことは分かりませんが、泉質などを考えると、さすがに温泉王国の大分と比べるほどではないと思います。ただ、温泉街の雰囲気とか素晴らしいですし(特に夜がキレイなんです)、川遊びをしたり、避暑地として利用したりと、色々と楽しめるところですね。

道も良くなっていますから、今なら奈良市内から洞川温泉まで2時間ちょっとで到着するんじゃないでしょうか?イメージよりもずっと行きやすいですから、ドライブがてらにでも、ぜひ行ってみてください!

まほろば鹿雄  12-08-26 8:23

2時間でいけますか?!一回行こうとしたら、大雨で地盤が緩んでそうで怖くて行くのをやめました。

食べ物もおいしそうですね。日帰りでも行ってみたいです!!!

naka  12-08-27 22:29

>まほろば鹿雄さん

Googleマップで検索した限りでは、2時間ちょっとの表示でしたね。吉野方面が川遊びで混雑する夏場でも、片道3時間はかからないと思います。奈良市内からでも充分に日帰り圏内ですし、独特の雰囲気がある場所ですから、ぜひ行ってみてください!





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ