2021-02-08

お湯も雰囲気も抜群!『八風の湯』@和歌山県かつらぎ町

お湯も雰囲気も抜群!『八風の湯』@和歌山県かつらぎ町

温泉が恋しくなって、和歌山県かつらぎ町にある『かつらぎ温泉 八風の湯』さんへ足を伸ばしてきました。こちらは造り酒屋の酒蔵を移築した建物が素敵で、さらにお湯は源泉かけ流し。「化石海水」と呼ばれる塩分濃度が高めのお湯が使用されていたりします。館内着もあって再入浴可能のため、一日遊べる入浴施設です。最高でした!


宿泊施設も併設された日帰り温泉

コロナ禍でお出かけしづらい感はあるものの、やはり冬は「温泉」が恋しくなる季節です。

私のような奈良県中部在住の人間にとっては、御所市の入浴施設「かもきみの湯」さんがずっと休館中(2021年4月1日に営業開始予定)なのが痛くて、なかなか気軽に出かけられないのが残念。この冬はほぼ「虹の湯 西大和店」さん一択という状況でした。

そこで先日、「たまには足を伸ばしてみよう」とお邪魔してきたのが、和歌山県かつらぎ町にある『かつらぎ温泉 八風の湯(はっぷうのゆ)』さんです。こちら、以前にも伺ってますが、調べてみたら何と12年前(!)でした。


当時の印象は「雰囲気バツグンで、いろんなお湯があって楽しいけど、ややお値段お高め」という感じでしたが、滋賀県大津市を本拠地としてホームセンター「アヤハディオ」などを展開する「綾羽株式会社|アヤハグループ」に管理者が変わり、サービス内容も充実しています。


かつらぎ温泉 八風の湯@和歌山県かつらぎ町-01

和歌山県かつらぎ町の入浴施設『かつらぎ温泉 八風の湯』さん。伝統的な日本建築で、施設の入口部分からすでに格式すら感じられます

かつらぎ温泉 八風の湯@和歌山県かつらぎ町-02
門をくぐると、広々としたお庭が。こちらは日帰り入浴も可能ですし、お食事処はもちろん、宿泊施設まで併設されています(詳細)。露天風呂付き客室が、1泊2食付きで14,000円~。全然アリですね!

かつらぎ温泉 八風の湯@和歌山県かつらぎ町-03
施設のロビー部分。こちらの建物は、かつては「老鶴酒造」という造り酒屋の酒蔵を移築したものだとか。お風呂の棟もこの感じですから、雰囲気はバツグンです


再入浴可!一日中のんびりしたい

かつらぎ温泉 八風の湯@和歌山県かつらぎ町-04
八風の湯さんの入浴料など。大人料金で、平日は1,000円、土日祝は1,200円、20時以降は700円です。毎月8の付く日は800円に(しかもお子さんは無料!)
さらに嬉しいのは、タオル・バスタオル・館内着も入館料に含まれていること。シャンプーなども完備していますので、手ぶらでふらっと来れますし、館内で食事して体を冷ましてから再入浴もできます。一日のんびりできますね!

かつらぎ温泉 八風の湯@和歌山県かつらぎ町-05
温泉内の様子(画像は「温泉」ページより)。大黒柱と太い梁が交錯している様を眺めながら、源泉かけ流しのお湯につかれるのは、本当に贅沢です。
また、大浴場には「化石海水」と呼ばれるお湯を使用。これは「古代(数万年前)の海水が天然温泉となった貴重な温泉」とのことで、塩分濃度が高くて、保温と保湿に優れ、湯冷めしにくい特徴があるとか。お湯も雰囲気もバツグンなんです!

かつらぎ温泉 八風の湯@和歌山県かつらぎ町-06
こちらは露天風呂の様子(画像は「温泉」ページより)。寝湯やひとりつぼ湯、さらに広めのかけ流し露天風呂なども。ドライサウナも完備されています。
あえて残念ポイントを挙げるのであれば、利用したのが真冬ということもあり、高温好きな私にとっては、お湯やサウナが全体的に温度低めなことでしょうか。さっと入ってさっと温まるにはやや物足りない感はありました。とはいえ、ゆっくり何度もお湯につかってのんびり楽しむには最高の施設であることは間違いありません。

かつらぎ温泉 八風の湯@和歌山県かつらぎ町-07
大浴場を出たすぐの場所では、「和歌山温州みかんソフト」(350円)なども<味わえます。館内での飲食代などはロッカーキーに付いたバーコードで精算できるので、小銭いらずで便利です

かつらぎ温泉 八風の湯@和歌山県かつらぎ町-08
館内には、テレビ付きのリクライニング席も完備。この階上にはまんがコーナーもあります。温泉に入って、上がったらここで漫画『ONE PIECE』でも読んで……って繰り返したら、幸せでしょうね!

ちなみに、別料金なしで館内着のまま利用できる男女兼用サウナ「モンゴルサウナ 健康炉」(詳細)もあります。低音度・低湿度なので年配の方なども安全に汗をかけます。私語は禁止なので、静かに利用するようにしましょう

かつらぎ温泉 八風の湯@和歌山県かつらぎ町-09
和歌山土産が購入できる売店もあれば、もちろんお食事処も併設されています。京奈和自動車道(※今はまだ無料)を使えば、橿原市内からでも45分程度で行ける距離ですし、ぜひお勧めしたいですね!



■かつらぎ温泉 八風の湯

HP: https://www.happuno-yu.com/katsuragi/
住所: 和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702
電話: 0736-23-1126
定休日: 無休(※メンテナンス休業あり)
営業時間: 10:00~22:00
駐車場: 無料
料金: 
・大人:平日 - 1,000円、土日祝 -1,200円(20時以降 700円)
・小人(4歳~11歳):平日 -500円、土日祝 -600円(20時以降 300円)
※大人用のタオル・バスタオル・館内着を含む(※再入浴可)
アクセス: JR和歌山線「笠田駅」から徒歩約6分


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る




メニューを表示
ページトップへ