2019-10-02

赤く紅葉した『コキア』の木 @馬見丘陵公園(河合町・広陵町)

赤く紅葉した『コキア』の木 @馬見丘陵公園(河合町・広陵町)

県営馬見丘陵公園で『コキア』(和名:ホウキグサ)が紅葉し、見頃となっています。ユーラシア大陸の乾燥地が原産の一年草で、茨城県の「国営ひたち海浜公園」で一面のコキアが見られる絶景が有名です。数はそれほど多くありませんが、鮮やかで美しい赤い姿が楽しめます。


北エリアの駐車場脇にコキアの植栽が

馬見古墳群を中心に、広陵町と河合町にまたがって広がる「県営馬見丘陵公園」。広大な園内では四季折々の花々が咲き誇り、いつも楽しませてもらってます。

秋になって「コキア」(和名:ホウキグサ)が紅葉し、見頃を迎えました。

コキアは、ユーラシア大陸の乾燥地が原産の、ヒユ科ホウキギ属の一年草で、観賞用に改良されたものは秋になると真っ赤に紅葉します。茨城県の「国営ひたち海浜公園」で一面のコキアが見られることで知られています。

コキアが身近で見られるスポットは聞いたことがなかったのですが、身近な馬見丘陵公園さんのInstagramで紹介されていて驚きました(笑)



紅葉がピークを迎えたと思われる10月初旬、拝見してきました。


コキアの紅葉@馬見丘陵公園-01

馬見丘陵公園の「コキア」。北エリア(カフェなどがあるところ)の駐車場のすぐ脇にアーチ型に並んで植えられています。これまでにも何度も目にしているはずなんですが、真っ赤に色づくまでコキアだとは気づきませんでした

コキアの紅葉@馬見丘陵公園-02
少しアップで。枝全体が赤く染まっています。もう少し早い時期の、緑から赤へと移り変わるグラデーションもきれいだったでしょうね

コキアの紅葉@馬見丘陵公園-03
ぼうぼうに生えてます。和名を「ホウキグサ」というように、昔はこの茎を乾燥させてほうきにしていたのだとか

コキアの紅葉@馬見丘陵公園-04
馬見丘陵公園では、チューリップやヒマワリ、コスモスなど、イベントに合わせて何十万本も植えられるような花々も見事なんですが、時に他ではあまり見られない植物と出会えるのも嬉しいですね。インスタグラムのアカウント(馬見丘陵公園@uma9_chuwapark)をフォローしておくと楽しいですよ!


ダリアなども見頃も迎えています

コキアの紅葉@馬見丘陵公園-05
園内では、恒例の「馬見フラワーフェスタ」(10/12~10/20)に向けての準備も進んでいます(過去記事)。ダリア園では華やかで色とりどりのダリアが咲き誇っていました

コキアの紅葉@馬見丘陵公園-06

コキアの紅葉@馬見丘陵公園-07

コキアの紅葉@馬見丘陵公園-08
丘の傾斜に沿って植えられたサルビアなど。この日は曇り空でしたが、晴れた日には抜けのいい広大な風景が広がります!

コキアの紅葉@馬見丘陵公園-09
こちらは(おそらく)ニューギニアインパチェンス。これからコスモスなども見頃を迎えますので楽しみです!



■馬見丘陵公園

HP: http://www.pref.nara.jp/1780.htm
住所: 奈良県北葛城郡河合町佐味田2202
電話: 0745-56-3851
駐車場: 無料(580台分)
アクセス: 近鉄「五位堂駅」から、バス「馬見丘陵公園」下車すぐ


■参考にさせていただきました
コキア - 国営ひたち海浜公園


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ