2015-11-17

辛い!でも美味い!南インド系辛口カレー『タリカロ』@奈良市

辛い!でも美味い!南インド系辛口カリー『タリカロ』@奈良市

奈良市椿井町の雰囲気ある古民家で営業している、辛口カレーのお店『タリカロ』さん。全身から汗が吹き出すほどの辛さですが、ライスとチキン、辛さいろいろの数種類のカレー(とヨーグルト)を混ぜながら食べると、味に深みがでて本当に美味しいです!辛いもの好きな方はぜひ!


椿井町の雰囲気ある古民家が店舗に

南インド系の辛口カリーが味わえる『タリカロ』さん(TwitterFacebook)。

以前は、奈良市南魚屋町で営業なさっていましたが(紹介記事)、2014年4月から奈良市椿井町に移転しています。

ここのお料理は、とにかく辛い!私自身は辛いものは嫌いではありませんが、以前タリカロさんのカレーを食べた際には、舌がヒリヒリして、食べながら全身の毛穴から汗が吹き出したほどでした。

もちろん辛いだけではありません。数種類のカレーを混ぜあわせていただくと辛さが緩和され、味わいに深みが出てきます。辛い辛いと言いながらも、ついつい食べ進めてしまうだけの魅力があるんですよね。

ちなみに、うちの奥さんは基本的に辛いものが苦手なタイプで、先回は辛さ控えめの「海老カリー」をいただきました。とても食べやすかったのですが、やはり私たちが食べていたような数種類のカレールーを混ぜながら食べるタイプの方が美味しく感じたようで、「今度こそ辛いメニューも食べたい!」とずっと言ってましたので、久々のリベンジとなりました(笑)


タリカロ@奈良市椿井町-01

奈良市椿井町の南インド系の激辛料理のお店『タリカロ』さん(食べログ)。もちいどのセンター街から椿井小学校側へ入ってすぐ、趣きのある民家を店舗として活用なさってます。近鉄奈良駅から徒歩6分ほどです

タリカロ@奈良市椿井町-02
格子が美しい入口部分。頭を下げて出入りするような低さで、歴史を感じさせます。「南インド系辛口料理店」の看板があり、実際にかなり辛いのでご注意を

タリカロ@奈良市椿井町-03
店前の注意書き。「カレー」がメインのお店ですが、一般的にイメージするようなナンやタンドリーチキンは置いてありません。小学生以下の入店をお断りしているほどの辛さですので、辛いものが苦手な方は避けた方が無難です

タリカロ@奈良市椿井町-04
店内に入ってすぐ、立派な和箪笥が並んでいます。ここまでは和テイストが強い雰囲気ですが……

タリカロ@奈良市椿井町-05
店内の床はフローリングになっていて、テーブル席が並びます。床の間や押し入れがあったり、不思議なテイストの書画があったり、なんともいえない雰囲気ですね

タリカロ@奈良市椿井町-06
店内から入り口側を見たところ。この右手にはカウンター席もあり、総席数は25ほどです。オープン直後の人がいないタイミングを狙って撮影しましたが、平日の夜にもかかわらず、たくさんのお客さんがいらっしゃってました

タリカロ@奈良市椿井町-07
テーブル席といい、カウンター席といい、床の間といい、すべて「ジョジョの奇妙な冒険」のグッズが飾ってあります。私たちも好きなのでちょっと嬉しい!また、この日は店内にずっと日本のパンクロックバンド「ガガガSP」の曲が流れていました。カレー屋っぽくないというか、他にこんなお店はなかなかないかもしれません(笑)


混ぜて食べる「カリープレート」がお勧め

タリカロ@奈良市椿井町-08
タリカロさんの夜メニュー。メインは、ほぼ全部入りの「夜のタリカロ・カリープレート」(@1,800円)です。辛さの異なる4種類のカレー、そしてチキンやヨーグルトをミックスしながらいただくもの。これ2人前に一品料理・ドリンクなどがついた「タリカロ・ペアコース」(4,600円)もあります

タリカロ@奈良市椿井町-09
単品メニューもいろいろと。「本日のスペシャル・カリー」(@1,400円)などのほか、辛口チキンカレー×中辛チキンキーマカレーの「合いがけ」(@1,400円)、辛さかなり控えめの「海老カリープレート」(@1,300円)など


混ぜて美味しさアップ!辛いのに止まらない!

私たちはこの日、ほぼ全部入りの「夜のタリカロ・カリープレート」(@1,800円)をいただきました。これが安定の美味しさで、辛さにヒーヒー言いながらも、笑顔で完食しました!


タリカロ@奈良市椿井町-11

「夜のタリカロ・カリープレート」(@1,800円)のセット内容は以下のようになっています。

●中央に「ライス」
●手前に辛く炊いた「チキン」(ここから時計回りに)
●ポリヤル(南インドの野菜の副菜)とアチャール(インドのピクルス)
●混ぜると辛さが穏やかになる「ヨーグルト」
●もっと辛い大辛の「チキンカリー」
●ひき肉入りの中辛「チキンキーマカリー」
●小辛レベルの「海老カリー」
●辛さ穏やかでホッとする「ダール(豆カリー)」

このカレーは、日本風の順番にお行儀よく食べるのではなく、基本的にグチャッと混ぜながらいただきます。

【1】まず、ライスを崩し、カレーを一つずつかけて味見
【2】チキンをスプーンでほぐしてライスに混ぜ、カレーをかけて食べる
【3】2種類、3種類のカレーを混ぜながら食べる
【4】ポリヤルやアチャールなども混ぜて食べる
【5】ヨーグルトを混ぜて食べる

重要なのは「何種類かを混ぜながら食べること」。カレー単品もそれぞれ美味しいのですが、混ざり合うことで美味しさが何倍にも増幅するのです!そして、辛いものと穏やかなものを混ぜあわせることで、辛さの調整にもなります。

とはいえ、私もそれほど辛いものに強くないので、今回も食べながら全身の毛穴から汗があふれ出てきました。それでもちゃんと美味しいんですから不思議なものです(笑)

混ぜ込んだチキンも絶妙な美味しさですし、酸味のあるアチャールがいい働きをしてくれますね。経験してみないとなかなか伝わらないかもしれませんが、ひとつのプレートで何通りにも楽しめる、そんなイメージです。

タリカロ@奈良市椿井町-12
ピリ辛のチキンのアップ。まずこれをスプーンでほぐしてから、ライスに混ぜ込みます。ちなみに、ライス・カレー・ヨーグルトは、それぞれ1回だけお代わりできますので、かなり食べ応えがあります。チキンはお代わりできないので、バランスを取りながら食べ進めましょう!


辛さを抑える「ラッシー」も重要です

ちなみに、辛いものが得意ではないウチの奥さんですが、「カレーにヨーグルトを混ぜる」「ラッシーを合間に飲む」という食べ方のおかげで、見事に完食していました。「ラッシー」(@400円)は、インドのヨーグルトドリンクです。舌を刺すような辛みもすーっと収めてくれますから、辛さが不安な方は合わせて注文しておくといいでしょう。

タリカロさんのカレーは、辛いものが苦手な方には決しておすすめしませんが、好きな者にはたまらない、クセになる味わいです。無理しない範囲で楽しんでください!



■タリカロ

HP: http://tarikaro.blog12.fc2.com/
Twitter: @tarokarotencho
Facebook: https://www.facebook.com/tairkaro.curry

住所: 奈良県奈良市椿井町30-3
電話: 0742-24-1437
定休日: 月曜・木曜(日曜はランチ営業のみ)
営業時間: 11:30-14:00、18:00-20:30
駐車場: なし(近隣にコインパーキングあり)
アクセス: 近鉄奈良駅から徒歩6分ほど


■参考にさせていただきました

【まいにち奈良づけ♪】南インド系辛口料理店!スパイシーカリー『タリカロ』(奈良市)


●【食べログ】の該当ページへ

タリカロ - 近鉄奈良/インドカレー


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ