2012-02-29

辛い!南インド系の辛口カリー『タリカロ』@奈良市

辛い!南インド系の辛口カリー『タリカロ』@奈良市

私の周りのカレー好きの間でも評判のいい、激辛系カレーのお店『對馬流 南インド系辛口料理店 タリカロ』さんへ行ってきました。噂通りの美味しさ!そして、汗が吹き出る辛さでした!

※ 2014/08/15 追記

タリカロさんは、2014年4月に奈良市椿井町へ移転なさっています。ここに掲載した写真や情報は旧店舗のものです。定休日なども変更になっていますので、お気をつけください。

HP: http://tarikaro.blog12.fc2.com/食べログ
住所: 奈良県奈良市椿井町30-3
電話: 0742-24-1437
定休日: 月曜・木曜(日曜はランチ営業のみ)
営業時間: 11:30-14:00、18:00-21:00
駐車場: なし(近隣にコインパーキングあり)
アクセス: JR奈良駅から徒歩8分ほど


奈良には珍しい激辛カレー系のお店です

奈良市南魚屋町にある、激辛カレーのお店『對馬流 南インド系辛口料理店 タリカロ』さん。私の周りでも評判のいいお店でしたが、なかなかこの辺りに行く機会が少ないため、この日ようやくお邪魔できました。

お店の位置は、「馬場町」交差点から80メートルほど。通りに面していて比較的分かりやすいでしょう。2010年1月のオープンで、それ以前は私は行ったことのないお店ですが、ラーメン屋「じん吉」さんという店舗があったようです(Googleマップのストリートビューでは、まだラーメン屋さんになっています)。

店内は、テーブルとカウンターで計14席。決して広いスペースではなく、以前は焼き鳥屋さんか何かだったような雰囲気です。


辛口カレー『タリカロ』@奈良市-01

奈良市南魚屋町にある『對馬流 南インド系辛口料理店 タリカロ』さん。看板には「南インド系辛口料理店」「スパイシーカレー」などの文字が見られます。店長さんは「タリカロ店長の勝手に激辛カレー愛好会」というブログオーナーさんですから、もちろん激辛系カレーのお店になります

辛口カレー『タリカロ』@奈良市-02
お店の前にあったガネーシャの看板。このモチーフのものは店内にも多数飾られていました。インドテイストですね

辛口カレー『タリカロ』@奈良市-03
入口部分の張り紙には、「2月から日曜日営業します。」「2月から月・木定休にしてがんばってみます。」とありました。少し前までは定休日が月木日と週3日ありましたから、タイミングを合わせるのも難しかったんですが、少し行きやすくなりました

辛口カレー『タリカロ』@奈良市-04
店内の様子(ブレててすみません)。お店に入って左手にはカウンター席が、右手にはテーブル席が2つ。全部で14席あります。元ラーメン屋の店舗ですが、お店の作りは焼き鳥屋さん風ですね

辛口カレー『タリカロ』@奈良市-05
テーブル席の様子。4人がけの席が2つ並んでいます。事前に席の予約も取れるようですので、人数が多めの場合は予約しておくのがベターでしょう


激辛ファンの店長さんが始めたカレー屋です

タリカロさんのメニューは、南インド系の辛いカリーがメインです。店長さんのブログにエピソードが書いてありますが、このお店をオープンするまでに、なかなかのドラマがあったのだとか。

ただの激辛ファンだった私、ただのひきこもりだった彼。。。そんな二人が、カレーを通じて人生の転機を迎えました。最初は、ただの激辛ブログだったのですが、今は、奈良で小さなカレー屋さんを開くことができ、お店のブログとなりました。


激辛ファンがカレー屋さんを始めたのですから、味にこだわっているのは当然として、辛さにもこだわりがあります。メニューを見ると、基本は辛口で、苦手な方用にマイルドなものも少しだけ用意してある…という感じでしょうか。

夜のメニューでは、ほぼ全種類のカレーが入った「夜のタリカロカリー・セット(@1,800円)」などが注文しやすいでしょう。辛さを紛らわすために、インド料理の定番ソフトドリンクの「ラッシー(@400円)」と一緒に注文したり、「スパイスの香りが薄れる」という理由であまり推奨されていませんが、卵を落として食べるなどの方法もあるそうです。


辛口カレー『タリカロ』@奈良市-06

タリカロさんのカレーメニューその1。ほぼ全部入りの「夜のタリカロカリー・セット(@1,800円)」から、辛口の「チキン×チキンキーマ合いがけ(@1,400円)」「タリカロ・チキン(@1,200円)」、中辛の「チキンキーマ・セット(@1,200円)」、マイルド「海老カリー・セット(@1,200円)」などがあります。辛くないメニューモありますので、辛いのが苦手な方でも大丈夫です

辛口カレー『タリカロ』@奈良市-07
一品料理のページ。豚肉のスパイシー煮込み「ポーク・ヴィンダルゥ(@600円)」、ペルシア風の「鶏ひき肉のケバブ・ペルシア(@600円)」など、それっぽい料理が並びます。インドビールなどもいただけますので、おつまみにしてもいいですね。ドリンクには、インドワインやヨーグルト風味の「ラッシー(@400円)」などがあります


数種類を混ぜれば、より美味しくまろやかに!

私は「夜のタリカロカリー・セット(@1,800円)」を、辛いものが苦手なウチの奥さんは、マイルドな「海老カリー・セット(@1,200円)」を注文しました。

全部の種類が試せるセットでは、
黄色いサフランライスを中心に、チキン、キーマ、エビ、ダールの4種類のカリーに、辛く煮こまれたチキン、付け合せ、ヨーグルト(甘くなくてライスにかけて食べます)などが一緒に出てきて、最初は戸惑うかもしれません。

タリカロのカリーは、インドでも南の地方のカリーです。 南インドでは、小麦粉ではなく米食が主で、暑いため辛いカリーで発汗を促し、暑さから身を守っています。

また、アーユルヴェーダの考えにより、水は体を冷やすと考えられています。冷えは、万病の元、タリカロでも水を飲みながら料理を食べることをあまり推奨しておりません。皆さんも辛い時は、水を飲むのではなくヨーグルトや副菜・豆カリーなどを混ぜて、自分に合ったおいしさを見つけていただけると嬉しいです。
(タリカロのカリーは、混ぜることを前提に作っております。単体で食べるより、混ぜて食べていただくほうが、より味が複雑化し、うまみが増していきます)
乳製品を使った飲み物などで緩和するのもお勧めです。

さぁ、皆さん!!
お好きなカリーの味見をしたら(チキンカリーは辛いので豆や他のカリーから味見をすることをお勧めしております)、豪快にライスの山を崩して、カリーをシャバッとかけて混ぜ、別のカリーも同時にかけてこれも混ぜ、自分の好きなブレンドを見つけていってみてください!

メニュー「タリカロのカリーの食べ方」より抜粋

店長さんに食べ方をお聞きしながらいただきましたが、食べ方によって味の感じ方が全く違ってくることに驚きました!それぞれの「カレー単品+ライス」だと鋭い辛さで汗が吹き出しますが、教えていただいたように、カレー数種類を混ぜていただくと、味に深みが出るだけではなく、辛さもまろやかになります。

ライスとグチャグチャに混ぜたり、ご飯にヨーグルトを乗せたり(辛さ調整になります)、日本の基準だとかなりお行儀が悪い食べ方に感じられますが、ちゃんと理由があってのことなんですね。遠慮無くかき混ぜて食べましょう!

私は辛いものは嫌いではありませんが、やはり汗が噴き出て止まらなくなりました。しかし、ストレートに辛いばかりではなく、ちゃんと美味しさが感じられるため、汗を拭きながらでも食べ進められます。ちなみに、「夜のタリカロカリー・セット」では、カリーもライスも適度な量であればお代わりできますので、物足りなさもありません。量を食べる方でも安心ですね。


辛口カレー『タリカロ』@奈良市-10

「夜のタリカロカリー・セット(@1,800円)」をいただきました。手前から時計周りに、チキンカリーのチキン(辛い!)、南インド風の付け合せ、ライスにかけるヨーグルト、チキン、キーマ、エビ、ダール。中央のライスに混ぜていただきます。単品だとかなり辛めですが、混ぜるとまろやかになるから不思議ですね。このセットは、カリーもライスも適度にお代わりできますので、お腹いっぱいになります

辛口カレー『タリカロ』@奈良市-11
辛いものが得意ではないうちの奥さんは、マイルドな「海老カリー・セット(@1,200円)」を注文しました。辛さ控えめで食べやすいので、苦手な方はこちらをどうぞ。辛くはありませんが、旨味がしっかり感じられてとても美味しかったです


インドビールにマトンなども美味でした

この日は、私たちを含めて4名でお邪魔したため、少人数では注文しづらい単品メニューもオーダーしてみました。

インド産ビール「Chakra(@500円)」のお供に、北海道の「石田めん羊牧場」さんの羊肉を使ったマトンや、バニーニ(カッテージチーズを揚げたようなもの)などをいただきました。どちらも他ではなかなか食べられないようなメニューで、雰囲気ありましたね。カウンター席に座って、こんなものをつまみながらビールを飲むのもいいですね!


辛口カレー『タリカロ』@奈良市-09

まずはインドビール「Chakra(@500円)」から。海外産ビールらしいすっきりした味でした。つけ合せにひよこ豆を揚げたものが出てきましたが、これがスパイシーで美味!

辛口カレー『タリカロ』@奈良市-12
この日は4人でお邪魔していて、せっかくの機会なので、単品メニューもあれこれ頼んでみました。これはマトンの煮込みで、まずはナイフとフォークで身を削ぎ落してから、あとは手に持って骨の周りの肉にかぶりつきます!マトンは北海道の「石田めん羊牧場」さんのものを使用しているとか。柔らかくて臭みもなくて、羊肉が苦手な方でもいけますね

辛口カレー『タリカロ』@奈良市-13
こちらも単品でいただいた「バニーニ」。カッテージチーズを揚げたものので、コクのある厚揚げのよう。インドワインのおつまみにしたい味でした!



大きな地図で見る


■對馬流 南インド系辛口料理店 タリカロ

HP: http://tarikaro.blog12.fc2.com/
住所: 奈良県奈良市南魚屋町6-1-3
電話: 0742-24-1437
定休日: 月曜・木曜
営業時間: 11:30-14:00、18:00-21:00
駐車場: なし(近隣にコインパーキングあり)
アクセス: JR奈良駅から徒歩8分ほど


■参考にさせていただきました!

タリカロのスパイシーカリー - tetsudaブログ 「日々ほぼ好日」

●【食べログ】の該当ページへ

タリカロインドカレー / 奈良駅近鉄奈良駅京終駅
夜総合点★★★★ 4.0










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ