2015-03-19

奈良をもっと美味しく楽しく!充実の奈良本『ならびたり』

奈良をもっと美味しく楽しく!充実の奈良本『ならびたり』

奈良の情報が詰まった「奈良旅手帖」の発行者・生駒あさみさんの新著『ならびたり』が発売になりました。前半は、生駒さんが何度も通っているお店が紹介されていて、信頼感は抜群。単なるガイド本以上の価値があります。後半は奈良の人を取り上げ、私たち夫婦もご紹介いただきました。すべてのページから奈良に対する愛情が感じられ、本当に素晴らしい内容でした!


奈良の土地や人を慈しむようなガイド本

奈良好きな方は必携の手帖『奈良旅手帖』の発行者・生駒あさみさんの新しい著作『ならびたり』が発売になりました。

彼女は、ディープな奈良関連のアイテムを取揃えるショップ「旅とくらしの玉手箱 フルコト」さんのあるじのお一人でもあり、2015年3月27日には、2号店となる『雑貨カフェ ことのまあかり』のオープンも控えています。

書籍の発売や新店の準備などが重なって大変だったようですが、新著の『ならびたり』は、奈良のお店や人を慈しむように丁寧に紹介してあり、素晴らしい内容でした。

彼女は、東京から奈良へ15年間も頻繁に通い続け、奈良県外から奈良の魅力を伝え続けてきました。そして、2014年に奈良へ移住。これまでとはまた違ったスタンスから奈良を体感しています。この本のすべてのページから奈良に対する愛情が感じられ、奈良という土地全体の魅力が増したような、同じ奈良好きとして誇らしいような気分にさえしてくれました!

生駒あさみさんの新刊『ならびたり』-01
生駒あさみさんの新著『ならびたり』表紙。表紙のイラストは、フルコトあるじのお一人・上村恭子さんの作。雰囲気ありますね!なお、この本は一般書店には並びません。一部取り扱い店舗と、フルコトさんの「通販」から購入してください


厳選したお店のみが掲載され役立ちます

『ならびたり』の前半は、奈良の「場所」にスポットライトをあて、生駒さんが好きなお店などを紹介しています。

●昼間にゆっくりしたいお店
●奈良で見つけた雑貨店・書店
●今おすすめしたいランチ・ディナーの美味しいお店
●ゲストハウスに泊まってみよう
●旅とくらしの玉手箱 フルコト

こうしたテーマごとに紹介されていますが、お店のセレクトはさすがですね。私も大好きでよく利用させてもらっているお店はもちろん、行きたいと思っていたお店などもしっかりと取材してあります。

雑誌の特集記事のような、新店や話題のお店に偏ったりするのではなく、奈良マニアともいえる生駒さんが普段から何度も利用しているところばかりですから、ここに掲載されているようなお店はまず間違いありませんね。


生駒あさみさんの新刊『ならびたり』-02

『ならびたり』の冒頭を飾るのは、明日香村の『珈琲さんぽ』さん。ここのコーヒーは本当に美味しいですし、ランチなども絶品です!基本的に、1つのお店を見開き2ページを使って紹介しているため、とても見やすいです

生駒あさみさんの新刊『ならびたり』-03
古墳型ケーキ「おくつきの森」が話題の、奈良市『プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ』なども。話題のお店だから……というようなことではなく、普段から足繁く通う価値のあるお店のみがセレクトされています

生駒あさみさんの新刊『ならびたり』-05
奈良市の雑貨店『マールイ・ミール』さんのページ。私たちも「行きたい!」と思いながら、まだお邪魔できていないお店です(笑)。写真も大きくて見やすく、さらにテキスト情報も豊富ですので、お店の意外な歴史が知れたり、読み物としても楽しいです

生駒あさみさんの新刊『ならびたり』-06
「ゲストハウスに泊まってみよう」の章では、奈良の6軒のゲストハウスが詳しく紹介されています。写真の『ゲストハウス琥珀 奈良町』さんは、2015年2月にオープンしたばかりの注目のスポット。ゲストハウスはお手頃価格で宿泊できますので、奈良旅行の際の選択肢が広がります。この本からその雰囲気がしっかり伝わってきて、分かりやすいですね

生駒あさみさんの新刊『ならびたり』-07
生駒さんもお店を経営する「あるじ」のお一人であるお店「旅とくらしの玉手箱 フルコト」さん。5名の女性たち(金田あおいさん・上村恭子さん・砂川みほ子さん・新井忍さん)が共同運営なさっていますが、他のあるじへインタビューし、それぞれの経歴なども詳しく紹介されています。私も皆さんと親しくさせていただいてますが、これまで知らなかったことばかりで、とても興味深かったです!「よくこんなメンバーが集まったな」と感心してしまいました(笑)


奈良の人への取材記事も読み応え十分!

後半は、奈良の「人」に注目した「奈良を伝えるひとたち」。写真やテキスト、文化活動など、それぞれの方法で奈良の魅力を伝えている人たちを紹介しています。

●奈良で撮る人
●奈良を発信する人(※私たちもご紹介いただきました)

テキスト中心で読み応えたっぷり!しっかりと時間をかけてインタビューして、丁寧にまとめられていますね。こういう記事は手間がかかって大変だと思いますが、じっくりと読ませる興味深い内容になっています。


生駒あさみさんの新刊『ならびたり』-08

「奈良で撮る人」のコーナーでは、MIKIさん、りゅうさんなど、奈良のイベントなどでよく顔を合わせるような方たちも登場していて楽しかったです。撮影を初めたきっかけや時期などもそれぞれで、意外な一面が見られます

生駒あさみさんの新刊『ならびたり』-09
「奈良を発信する人」では、私たち夫婦についても掲載していただいております。生駒さんにインタビューしていただいたのですが、私が思いついたことをペラペラしゃべったので、さぞまとめづらかったと思います(笑)。こんなに詳しくご紹介いただくのも初めてですので、いい記念になりました!よろしければご覧くださいませ

生駒あさみさんの新刊『ならびたり』-10
そして、最後は「好きな場所に行く 好きなテーマで旅する」と題して、愛してやまない洞川(天川村)について紹介しています。また、ラスト6ページを使って「女帝と旅する」というコーナーもあります!


■ならびたり

HP: http://sukuhido.com/narabitari/
ネット販売: http://nara-furukoto.shop-pro.jp/

ページ数: 114ページ
店頭価格: 1,680円
ネット価格: 1,762円(※クロネコヤマトのメール便が終了する関係で、3月25日以降は「1,842円」となります)


●取り扱い店舗

・奈良きたまち「旅とくらしの玉手箱 フルコト」さん
・奈良市北御門町「小さなホテル 奈良倶楽部」さん
・大和郡山市柳「とほん」さん など

この他、ぽくぽくさん・ゲストハウス琥珀さん・珈琲さんぽさん・PHOTO GARDENさん・プティマルシェ&ぷちまるカフェさん・ゲストハウス一休さんなどで販売中(カキモトさん・さくらバーガーさん・ジユクさんなどでも取り扱い予定あり)。「販売店」ページにアップされていく予定です。


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ