2013-04-01

飛鳥の食材を使った『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村

飛鳥の食材を使った『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村

石舞台古墳の近くにある『農村レストラン 夢市茶屋』さんへお邪魔してきました。明日香村で採れたお野菜や古代米を使った、「古代米御膳」「黒米カレー」など、飛鳥っぽいメニューがいただけます。テラス席もあり、明日香の空の下でのんびりと食事を楽しんできました!


お土産物屋「明日香の夢市」の2階です

国営飛鳥歴史公園の「石舞台古墳」の隣に『農村レストラン 夢市茶屋』さんがあります。

古代米や野菜料理など、明日香村の食材をふんだんに使ったお食事がいただけ、いつもたくさんの観光客で賑わっています。レストランは建物の2階部分で、1階は飛鳥らしいお土産物が購入できるショップ「明日香の夢市」になっています。すぐ近くに、無料・有料駐車場もありますし、レンタサイクルの窓口も。整備されてますます便利になりました。

この日は、平日のお昼すぎでしたが、学校は春休みに入っていますし、石舞台古墳の周りの桜が満開だったこともあって、たくさんの観光客で賑わっていました。


外観からしてウッディーな建物ですが、使用されているテーブルは、明日香の間伐材を使ったものだとか。とても明るくて清潔です。また、公園を眺めながら食事できるテラス席もあります。暖かで心地いいお天気だったので、私たちも久々に外で食事をしてみましたが、のんびりできていいですね。オススメです!


『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村-01

国営飛鳥歴史公園の石舞台古墳近くにある「明日香の夢市」。1階部分は飛鳥っぽさ満点のお土産物屋さんになっていて、2階部分が『農村レストラン 夢市茶屋』さんです。食事処や駐車場など、このエリアも整備が進んでとても便利になりましたね

『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村-04
石舞台古墳側からのスロープからも直接レストランに入店できます。テラス席もありますので、今の季節は気持ちいいですね

『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村-05
店内の様子。春休み中で桜も満開の時期だったため、お昼すぎでも大繁盛でした。明日香の間伐材を使って作られたテーブルなど、とても落ち着いた印象です。座席数はかなり多めですが、この辺りは食事できるお店が少ないので、観光シーズンのピークは大変そうですね

『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村-02
テラス席からの眺め。広々とした芝生スペースになっていて、家族連れがボール遊びをしたり、のんびりと日向ぼっこをしている方もいらっしゃいました。その向こう側が石舞台古墳。満開の桜に囲まれています


明日香村産の野菜や古代米などのお料理が

『農村レストラン 夢市茶屋』さんでは、明日香村の野菜やお米・古代米などにこだわったお料理がいただけます。


明日香村内の旬の野菜や果物をはじめ、お米(飛鳥米・品種ひのひかり)や古代米(赤米・黒米・緑米)、また地元の手造り醤油など、素材にこだわり、手づくりにこだわった味わい豊かなメニューでおもてなしいたします。

春~秋には、古代米ごはんと自慢の一品呉豆腐(豆乳と吉野くずの豆腐)の御膳を、冬には、古代米ごはんと体ポカポカ名物飛鳥鍋をご提供。夢市茶屋でしか食べられない、体にやさしくて美味しいお食事ばかりです。ぜひ一度お越しください。


食事メニューは、3月上旬~12月上旬は「古代米御膳(@1,050円)」「黒米カレー(@840円)」がメインになります。真冬には「飛鳥鍋御膳(@1,050円)」「小雪鍋御膳(@1,050円)」というお鍋メニューが提供されます。

その他、単品では「飛鳥こんにゃく棒(@150円)」「古代米おにぎり(@350円)」や、デザート「あすかルビー いちごのレアチーズケーキ(@300円)」という期間限定メニューもありました。ホームページに、詳しい写真入りメニューも掲載してあります。

いずれも明日香っぽさあふれるお料理ばかりでいいですね。ただ、希望を言わせてもらうと、全国的に知名度が上がってきているメニュー「飛鳥鍋」は通年で提供して欲しいところです。素材の調達が難しかったりするのかもしれませんが、食事メニューの選択肢が少ないのが残念でした。


『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村-06

『農村レストラン 夢市茶屋』さんのメニュー。春から初冬までは「古代米御膳(@1,050円)」「黒米カレー(@840円)」がいただけます


季節のお野菜が素朴で美味しい「古代米御膳」

この日、私たちは「古代米御膳(@1,050円)」「黒米カレーセット(@840円)」をいただきました。

「古代米御膳(@1,050円)」は、ややもっちりとした食感の「古代米」を使ったご飯と、呉豆腐、季節野菜の炊いたものなど、とてもヘルシーで優しい味わいです。この日のメインは鶏のから揚げで、意外とボリュームもありました。白和えやこんにゃくなど、田舎のおばあちゃんの家でいただくような、とても懐かしい味わいでした!

一方の「黒米カレーセット(@840円)」は、こちらも黒米がメインで、地元野菜入りのチキンカレーです(サラダ付き)。素朴で美味しいんですが、やはりお子さんとかも食べるものですから味は大人しめで、大人の口にはやや物足りない感がありました。


『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村-07

『農村レストラン 夢市茶屋』さんの「古代米御膳(@1,050円)」。他ではなかなか食べられない「古代米」が使用してあるだけでも面白いですが、明日香産の野菜を優しい味付けであれこれ食べられる、満足度の高いセットメニューですね

『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村-08
こちらは「黒米カレーセット(@840円)」。穏やかな味わいで、お子さんでもペロリと食べられる味でしょう。なお、お茶などはセルフサービスになっています



大きな地図で見る


■農村レストラン 夢市茶屋

HP: http://www.asukadeasobo.jp/shop/yumeichi
住所: 奈良県高市郡明日香村島庄154-3
電話: 0744-54-9450
定休日: 年中無休(年末年始は除く)
営業時間: 11:00 - 16:00(土日祝は17:00まで)
駐車場: 近くに無料・有料駐車場あり


●【食べログ】の該当ページへ

夢市茶屋 - 飛鳥/郷土料理(その他) [食べログ]


■関連する記事






 【飛鳥の食材を使った『農村レストラン 夢市茶屋』@明日香村】へのコメント
唯里  13-04-07 13:05

この時期だとテラスで食事すると気持ちいいでしょうね☆
もっちりとした古代米食べてみたいです( ´ ▽ ` )ノ
鶏のから揚げけっこうビッグサイズですね★

naka  13-04-07 20:08

>唯里さん

そうなんですよ、今の季節のテラス席で、しかもそこが飛鳥の石舞台古墳の近くで…って、それはそれは気持ちよかったです(笑)。古代米はほのかな甘味がいいんですよねー。このセットは観光地でいただくにしてはなかなかの満足度でしたので、機会があればぜひどうぞ!





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ