2020-08-06

猿沢池の畔で味わううどん&そばは最高!『衣掛茶屋』@奈良市

猿沢池の畔で味わううどん&そばは最高!『衣掛茶屋』@奈良市

奈良市の観光地「猿沢池」のほとりで、百年以上も営業を続けている老舗『衣掛茶屋』さん。窓際の席からは猿沢池の水面が間近に見られ、最高のロケーションでした。真夏日だったこの日は冷たい「温玉肉うどん」と「おろし肉そば」をいただきましたが、どちらも素朴で美味しいんです!涼しい店内で最高の時間を過ごせました。


創業百年以上!猿沢池のほとりのお店

興福寺の放生池(※殺生を戒めるため生物を放つ「放生会」を行う池)として作られた「猿沢池(さるさわいけ)」。水面に興福寺五重塔が映る風景は、奈良を代表する景観となっています。

奈良時代には、帝の寵愛が衰えたことを嘆いた釆女が身投げしたという悲話も伝わっています。池の畔には采女を弔う「采女神社」があったり、采女が最期に衣を掛けたとされる「衣掛柳」があります。

奈良の観光スポットは数多くありますが、個人的に猿沢池の風景が特に好きで、ぼけーっと水面を眺めたり、寄ってくる鳩を観察したりして、地元民っぽい時間を過ごしています。


2020年にはスターバックス・コーヒーの「奈良猿沢池店」さんがオープンするなど、ちょっとだけ華やかになりましたが、この日、私たちはその対極にあるようなお店『衣掛茶屋(きぬがけちゃや)』さん(食べログ)へお邪魔してきました。


衣掛茶屋@猿沢池(奈良市)-01

猿沢池を西側から眺めたところ。水面越しに、奈良のシンボルである興福寺五重塔や若草山などが見られます。昔から変わらないそんな風景の中にさりげなく馴染んでいる一軒のお店があります

衣掛茶屋@猿沢池(奈良市)-02
それが『衣掛茶屋(きぬがけちゃや)』さんです。石段「五十二段」のすぐ下に位置し、鹿せんべいも販売しています。店内ではうどんやおそばなどの軽食がいただけたり、ラムネやくず餅も提供しています。私たちもこれまで何度も前を通り過ぎて来ましたが、入店するのはこの日が初めてでした

衣掛茶屋@猿沢池(奈良市)-03
『衣掛茶屋』さんの店内の様子。猿沢池に張り出したような造りになっていて、水面に反射した日差しが天井をきらきらと照らしていました。店内はしっかり冷房も効いていて極楽でした!

衣掛茶屋@猿沢池(奈良市)-04
窓際席から眺めたところ。格天井だったり、味のある椅子だったり、古くから参拝客を相手に商売してきた感じが残っています

衣掛茶屋@猿沢池(奈良市)-05
あらためて窓際の席からの眺め。のんびりしますね。ちなみに、お会計を済ませる際に、ご主人に「このお店、いつからあるんですか?」と質問してみたところ、軽ーく「百年以上です。」とおっしゃってました。古い絵葉書などにも必ず写り込んでいる名店なのです!


うどんもお蕎麦も素朴で美味しい!

衣掛茶屋@猿沢池(奈良市)-07
『衣掛茶屋』さんのメニュー。うどん・おそばが中心で、温かいメニューも冷たいメニューもあります

衣掛茶屋@猿沢池(奈良市)-08
こちらは「温玉肉うどん」(700円)。炊いたお肉が程よく甘くて美味!手打ちのうどんなどのようなエッジはありませんが、素朴て食べやすくて万人から喜ばれるお味です。私自身「観光地のうどんなんて……」という偏見もありましたが、想像より遥かに美味しかったです!

衣掛茶屋@猿沢池(奈良市)-09
こちらは「おろし肉そば」(700円)。さっぱりと美味しい一杯でした。お蕎麦自体はまぁ絶賛するほどではないんですが、全体のバランスが良くて、満足感のあるメニューでした

衣掛茶屋@猿沢池(奈良市)-10
そんなお料理を、こんな景色を眺めながらいただけるんですから最高ですね!また必ずお邪魔したいと思います!



■衣掛茶屋

HP: 参考サイト(食べログ)
住所: 奈良県奈良市登大路町猿沢49
電話: 0742-26-6057
定休日: 不定休
営業時間: 10:00~18:00
駐車場: なし(近隣に有料Pあり)
アクセス: 近鉄奈良駅から徒歩約7分


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ