2018-04-16

超人気かき氷店が移転オープン!『ほうせき箱』@奈良市

超人気かき氷店が移転オープン!『ほうせき箱』@奈良市

奈良の「かき氷ブーム」を牽引してきた人気店『ほうせき箱』さんが、より広い店舗へ移転オープンなさいました。こだわりの氷、トッピングのフルーツ、ヨーグルトやミルクをふんわり泡状(エスプーマ)にしたものなど、一皿の中で素晴らしいマリアージュが味わえます!ぜひ一度食べてみてください!


奈良は「かき氷の聖地」です

2015年3月のオープン以来、奈良の「かき氷ブーム」を牽引してきた、奈良市の人気店『ほうせき箱』さん(TwitterInstagram食べログ)。

「もちいどの夢CUBE」でスタートした同店ですが、最近では季節を問わずお客さまが殺到し、入店制限を行うほどの大盛況が続いていました。そして2018年3月、同じもちいどのセンター街の中で移転し、ゆったりとした店舗スペース(全36席)でリスタートなさっています。


私たちはオープン当初にお邪魔していましたが、ヨーグルトをふんわり泡状(エスプーマ)にして氷とともにいただくという、かき氷の概念を覆されるような逸品を食べて、本当に驚いたものです。この日、久しぶりにエスプーマかき氷を食べましたが、さらに進化していますね。

じつは、夫婦そろってあまりかき氷は得意じゃないのですが(途中で飽きるから、お腹をこわすからなど)、ほうせき箱さんのものは別格です。何杯でも食べたくなります!


かき氷『ほうせき箱』@奈良市-01

近鉄奈良駅からも近い、歴史ある商店街「もちいどのセンター街」の新店舗へ移転オープンした『ほうせき箱』さん。すっきりおしゃれな店舗デザインです。通年営業の「かき氷専門店」が街の中心部に誕生したなんてすごいことです!

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-02
店内の様子。入店して左手の棚には、かき氷をモチーフにしたグッズ、柿の葉っぱを使ったオリジナル商品「SOUSUKE」などが並んでいます。かき氷の注文は、最初に右手のレジで行います

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-03
レジ脇にある「番号札」。毎朝8:30より、店頭で希望の時間帯の番号札を配布しています(10:00から30分刻み。ディポジット1枚100円)ので、混雑する時期などは早めに来店して番号札を確保しておきましょう

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-04
ゆったりしたカウンター席。この日は平日で、寒の戻りの肌寒い一日だったので、待つことなく座れました。店内は暖房が入っていて暖かかったので、寒い日でも美味しくかき氷が味わえます!

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-05
カウンター席の後ろにはこんなテーブル席があり、

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-06
こんな一段下がった席もあります(全36席)。以前は店舗スペースも狭めだったため、常に満席というイメージでしたが、入りやすくなりそうです。とはいえ、気温が上がってくると連日混雑することは間違いありませんので、お気をつけください


ユニークは「リトマス試験紙氷」なども

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-07
ほうせき箱さんのメニュー。季節限定メニューなどもあり、時期によって変わります。この日はこんなラインナップでした。

●色が変わる「リトマス試験紙氷」(850円)
●エスプーマ使用の「きうい苺ヨーグルト」(850円)
●奈良のいちご尽くしの「なら苺氷」(1,100円)
●お酒が香る「おとなのリトマス」(900円)
●大人っぽい「洋ナシヨーグルト」(850円)
●爽やかな「甘夏キウイヨーグルト」(920円)
●ミルクにカラメル「琥珀パールミルク氷」(810円)


氷をかく様子も間近に見られます

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-08
カウンター席ではと、かき氷が作られていく過程が目の前で見られて、期待度が倍増します!

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-09
氷を削るのは、店主の岡田さん。氷をかく人によって食感などが違ってきてしまうため、基本的に自分で氷をかいているのだとか。職人技といってもいいような繊細さです

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-10
氷の上に、たっぷりの濃厚な果肉。その上にふんわりしたエスプーマなどがトッピングされます。美味しそう!


かき氷の概念を覆すほどの美味しさ!

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-11
ほうせき箱さんの「甘夏キウイヨーグルト」(920円)。氷も細かく繊細なため、撮影に夢中になっていると少しずつ沈んでいきます。ちなみに、かき氷と一緒に提供されたのは、お水ではなく白湯でした。冷たいかき氷をより美味しく味える嬉しい配慮ですね

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-12
「甘夏キウイヨーグルト」を横から。きめ細やかに削られた氷と泡状のヨーグルトの食感の対比が絶妙です!日の出製氷さんのこだわりの氷を丁寧にかいているため、頭が痛くなったりしません。究極まで進化したかき氷なのです!

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-13
食べている途中の図。中にまでフルーツとシロップがたっぷり。べたっとした甘さではありませんし、エスプーマヨーグルトもいいアクセントになるため、最後までまったく飽きることがありません。お隣で食されていた熟年ご夫婦は、すぐに2杯目を食べられていました。そのくらいの魅力がありますね

かき氷『ほうせき箱』@奈良市-14
こちらは奈良のいちご尽くしの「なら苺氷」(1,100円)。奈良県産苺が乗っていて、シロップはいちごとミルク。エスプーマはヨーグルトとミルクから選べます。いちごの爽やかな酸味に、ミルクのほのかな甘さがとても上品!“大人のいちごミルク”という印象です。夢中になって食べました。ごちそうさまでした!



■ほうせき箱

Facebook: https://www.facebook.com/housekibaco/
Twitter: @housekibaco
instagram: https://www.instagram.com/housekibaco/

住所: 奈良県奈良市餅飯殿町47
電話: 0742-93-4260
定休日: 木曜日
営業時間: 10:00~20:00
駐車場: なし(※近隣の有料Pを利用)
アクセス: 近鉄奈良駅より徒歩5分ほど

※毎朝8:30より、店頭で希望の時間帯の番号札を配布(10:00から30分刻み。ディポジット1枚100円)。番号札がなくなり次第、その日の受付は終了となります。


■ひむろしらゆき祭

奈良で開催される大規模なかき氷イベント「ひむろしらゆき祭」の中心メンバーとしてもご活躍されています。合わせてチェックしてください!

HP: http://himuroshirayuki.wixsite.com/himuroshirayuki
Facebook: https://www.facebook.com/himurosirayuki/
Twitter: @himuroshirayuki


●【食べログ】の該当ページへ

ほうせき箱 - 近鉄奈良/かき氷


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ