2016-02-20

真田丸関連も!『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館

真田丸関連も!『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館

奈良県立美術館で開催中の「真田丸」関連企画展『蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~』(2016年3月13日まで)。戦国武将ゆかりの品々が見られるだけではなく、コスプレのコーナーがあったり、月山の刀剣が展示されたりと、かなり幅広い内容になっています。曾我蕭白の名画なども登場していて、見応えありました!


日本画・刀剣・真田丸までてんこ盛り!

奈良市登大路町の「奈良県立美術館」で開催中の『蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~』を拝見してきました(2016年1月23日~ 3月13日)。

今回の展示は『「真田丸」関連企画展』と銘打たれており、兜と陣羽織を羽織ったりできるコーナーがあったり、館蔵品の「淀君」の肖像画や、豊臣秀吉や徳川家康の書状などが展示されていたり、なかなか豪華な内容でした。

また、曾我蕭白の「関羽像」、上村松園の「春宵」などの名画、狩野芳崖や竹内栖鳳の作品、さらには刀工一派の「月山」の名刀が並んでいたりと、バラエティに富んでいます。さっと見て回るつもりでしたが、結果的にかなり時間をかけてじっくりと拝見してきました(笑)


『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-01

どしゃ降りだったこの日、雨を避けながら「奈良県立美術館」へ。その名も『蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~』という、タイトルからしててんこ盛りな企画展を拝見してきました

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-03
今回の展示では、受付に申請して注意事項を守る旨を伝えると、館内の写真撮影が可能になります(胸に許可済みのシールを貼ってもらえます)。フラッシュは不可などは当然として、「展示作品1点ずつの撮影は控え、会場風景の撮影にとどめること」というルールも設けられていましたので、ご注意ください

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-04
館内の様子などを何枚か。いきなり曾我蕭白の「関羽像」と「美人図」(こちらは前期のみの展示で実物は拝見できず)などが並びます。奈良県美は、浮世絵関係は特にいい作品を所蔵してます

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-05

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-06

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-07

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-10

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-11


刀剣の展示や武将コスプレ体験なども!

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-08
第3展示室の「刀剣」のコーナーには、「月山」一派の刀剣が展示されています。私は刀のことはまったく分かりませんが、大きく波打ったような文様の「綾杉肌」が特徴だとのこと。じっくりと拝見すると、怪しく美しい様に吸い込まれそうになりますね!隣のロビーのモニターで刀作りに密着したドキュメント番組が流れていましたので、それも見ておくとより楽しめるかもしれません

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-09
大きな反りの刀があったり。3月6日(日)14時から、月山貞利氏の記念講演会「刀剣の美」が開催されますので、刀好きな方はぜひ!

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-12
企画展の最後には、戦国時代のコスプレをして記念撮影ができるコーナーもあります。お子さんや海外からの旅行客の方にはとくに喜ばれそうですよね!

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-13
さらに、ギャラリールームでは大和郡山市・宇陀市・高取町による連携展示「大和の城と城下町─往時の面影をしのぶ─」が開催されています。それぞれの市町村に築かれた郡山城・宇陀松山城・高取城についての展示などがありますので、戦国時代やお城好きな方はぜひ


高取町「薬草を使ったオリジナル七味づくり」

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-15
そして、この日だけの特別企画として、薬の町・高取町プレゼンツ「薬草を使ったオリジナル七味づくり」が開催されていました!高取町では、薬草栽培を推進する「漢方推進プロジェクト」を立ち上げ、この地方名産の「大和当帰(とうき)」の活用に力を注いでいます。このイベントは、大和トウキををメインに13種類の粉末を好みでブレンドして持ち帰られるというもの!(その様子が Facebook で紹介されています)

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-16
大和当帰・陳皮(みかんの皮)・にんじん・こんぶ・山椒・唐辛子・黒ごま・ゆず皮・菊芋・こまつななど、13種類をブレンドします。まず唐辛子を3gほど、他の粉末を追加して計20gに。味見しながら追加していくんですが、菊芋パウダーがどんな味になるかなんて分かりませんから、ドキドキして楽しいんですよね

『蕭白・松園…日本美術の輝き』@奈良県立美術館-17
最終的に、こうした瓶に詰めてラベルを貼って、記念に持ち帰らせていただきました。家で使ってみたらなかなか不思議なお味(ハーブが効いた十三味唐辛子という感じ)でしたが、美味しく使ってます。またどこかで開催してください!



■蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~

HP: http://www.pref.nara.jp/41438.htm

会場: 奈良県立美術館(奈良県奈良市登大路町10-6)
会期 2016年1月23日(土)~ 3月13日(日)
休館日: 月曜日
開館時間: 9:00 - 17:00
観覧料: 一般 400円、大高生 250円、中小生 150円

※65歳以上の方、外国人観光客・留学生の方などは、無料で入館できます
※第4展示室(真田丸関連)以外は写真撮影が可能です。ただし、「フラッシュは使用しない」「展示作品1点ずつの撮影は控え、会場風景の撮影にとどめること」などの条件付きですのでお気をつけください
※イベント情報などは、奈良県立美術館「Facebookページ」から観られます


■参考にさせていただきました

奈良で真田丸体験?これぞ奈良県立美術館の底力「蕭白・松園…日本美術の輝き」 | 奈良県 | トラベルjp<たびねす>
大和トウキの入浴剤販売 奈良・高取町が新潟のメーカーと共同開発 - 産経ニュース










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ