2010-04-24

平城遷都1300年祭『第一次大極殿』

平城遷都1300年祭『第一次大極殿』

平城遷都1300年祭』の初日レポート。『第一次大極殿』の模様です。平城京の繁栄をしのばせる巨大で豪華な建築物で、中央に据えられた「高御座(たかみくら)」も見事。大極殿から平城宮跡を見渡して、当時の平城京の姿に思いを馳せてみてください!


広い前庭では様々な儀式が行われました

平城宮跡の中心となる建物『第一次大極殿(だいいちじだいごくでん)』は、2001年から総工費180億円をかけて復元されました。その大きさは、正面が約44m、側面が約20m、基壇も含めた高さが約27mという大きさで、東大寺・大仏殿よりは小さいものの、正面の幅は朱雀門のほぼ2倍もあります。

平城宮跡は、ほとんど建物がないため見晴らしがよく、どの位置からでも大極殿の姿が見えます。意外と近く感じられるかもしれませんが、朱雀門から1.5km近く歩くことになります。また、大極殿前の「前庭」の部分も広大です。古くはこの広場で重要な儀式が行われていたのですから、さぞ迫力があったことでしょう!


平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-01

平城宮跡に再建された『第一次大極殿』。朱雀門から直線距離で800km、会場内を順番に見て行くと1.5km近く歩くことになりますので、それなりに覚悟が必要です

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-02
大極殿を西側から見るとこんな感じ。何もない、ただだだっ広い場所にポツリと建っている印象です

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-03
第一次大極殿の前庭と呼ばれる部分から。入口となる南門から大極殿までで400mほどの距離があるそうです!あまりに広すぎて、沢山の人が来ているわりには混雑している印象はありません。この前庭を会場としたコンサートなども予定されています

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-04
天平衣装を身にまとった方の姿もありました。会場内にたくさんの花が植えてあるのは、春季が「花と緑のフェア」のため。華やかです


横幅は朱雀門の2倍!とにかく巨大です

間近で見る大極殿は、とにかく巨大で美しいものでした。

実際に、平城宮最大の宮殿であったことは間違いないのですが、奈良時代中期の恭仁京遷都の際に移築され、山城国の国分寺金堂となったのだそうです。しかし、当時の姿を写した絵画なども残されていないため、発掘調査で判明している基壇などから、当時の大きさ・形状を推定し、法隆寺金堂や薬師寺東塔など、同時代の寺院建築を参考に復元されています。

この日は、入場の長い行列ができていましたが、意外とスムーズに進み、待ち時間20分程度で入場できました。他のパビリオンのようにビデオを見たりすることもないため、比較的早めに流れるようです。


■参考サイト

大極殿 - Wikipedia
asahi.com:大極殿は何に使われたの?-マイタウン奈良


平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-05

大極殿に近づいてみたところ。正面が約44m、側面が約20m、基壇も含めた高さが約27m。堂々たる姿ですね。お寺のお堂などととの最大の違いはガラス窓がはまっていること。そして、屋根の上の金色の鴟尾(しび)の中央にモニュメントが掲げられていることでしょうか

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-06
大極殿をこれだけ間近で見たのはもちろん初めてでしたが、とにかく大きいですね。正面の幅が、朱雀門(25m)の倍近くあります。直径70cmの柱が44本、屋根瓦は約10万枚も使用されているのだそうです。ちなみに、東大寺・大仏殿の幅は「57.5m」。この大極殿よりもさらに大きいんですから驚きますね

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-07
大極殿の周りをズラリと行列が取り囲んでいます。かなりの人数だと思いますが、内部を眺めながら歩くだけですので、他のパビリオンなどと比べればかなり早く進みます。この日は20分程度で大極殿に入場することができました


高御座も豪華!壁画も豪華!細部も豪華!

第一次大極殿の内部は、天井が高く抜けていて、とても豪華なものでした。高い天井には木材の幾何学模様が美しく続き、そのすぐ下の小壁部分には、奈良の有名な日本画家「上村淳之(うえむらあつし)」さんが描いた四神と十二支が見えます。

また、大極殿の中央には、天皇陛下がお座りになる「高御座(たかみくら)」があります。とても高貴な雰囲気が感じられる豪華な作りですね。距離も近いため、細部までじっくりと見ることができました。

混雑している時は慌ただしく退出してしまうかもしれませんが、ぜひ隅々まで丁寧にご覧ください。細かい部分までしっかりと作りこまれた建物ですので、あまりの豪華さに驚かれると思います!


平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-08

大極殿の内部の様子。目の前にポッカリと空いたスペースがありますが、それ以外は人の波で埋め尽くされています!

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-09
「小壁には、奈良県在住の日本画家 上村淳之(うえむらあつし)氏により四神と十二支が描かれています」

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-10
上村淳之さんの壁画たち。正面に見えるのが四神の青龍ですが、これがなかなか変わったデザインでした(トカゲっぽい)。十二支も全て描かれていますので、ぜひご自身の干支も探してみてください

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-12
大極殿の天井を見上げていると、幾何学模様の連続で目眩がしてくるようです。あまりの贅沢さと美しさで、ずっと天井を見上げていたくなりました

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-16
大極殿の高御座前からの眺め。前庭の広さと、朱雀門までの遠さが分かります。どことなく偉くなったような気分になりますね

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-13
大極殿の中央に据えられた「高御座(たかみくら)」。天皇が座られる場所です。即位式や元日朝賀の際にここに着座されたのだとか。大正天皇の即位式の際に制作され、その後の2度の天皇の即位式にも使用された、京都御所の「紫宸殿(ししんでん)」の高御座をモデルに復元されたそうです

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-14
高御座を別の角度から。色使いからして高貴ですね。細部までよく作りこまれていて、本当に美しいものでした

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-15
高御座の屋根の部分には、鳳凰や太陽をかたどった飾りがつけられています

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-20
大極殿の壁沿いには説明パネルが設置されています

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-21
大極殿の中にある鴟尾の模型。かなりの大きさで、真上に針金状のものが何本も突き出しているのが分かります

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-22
大極殿の手すりには、美しい飾りが付けられていて、より高貴な雰囲気を感じさせてくれます

平城遷都1300年祭-F第一次大極殿-23
手すりが途切れる部分にも、こんな豪華な装飾が。贅を尽くしてますね


■関連情報

平城遷都1300年祭ホームページ
平城遷都1300年祭/交通案内
平城遷都1300年祭/施設の利用状況
平城遷都1300年祭/第一次大極殿・前庭
平城遷都1300年祭/南門広場






 【平城遷都1300年祭『第一次大極殿』】へのコメント
大寺 一徳  10-08-15 21:50

30年前に、平城旧跡を駆け足していたのです。その史跡にこんな立派な歴史遺産が復元したことをお祝い申し上げます。宮大工の技ここにあり、シルクロードの集積がここに花咲き嬉しいかぎりです。それは、縄文のハスが今日に咲いたようです。明治維新で、簡単に、過去を葬り去ったこととは、反対に、しっかり根付いた大和の文化です。ルーツを求める大和人の心に安らぎを与えてくれます。上っ面の西欧かぶれに、魂を込めるときです。仏を作って魂をいれることです。「日本は、だめな国です」、を葬り去り、真に大和心なのです。

naka  10-08-18 19:22

>大寺さん

コメントありがとうございます(レスが遅れてスミマセンでした)!

私は奈良に移住してきた人間ですので、ほんの数年前の平城旧跡の姿しか知りませんが、平城遷都1300年祭の初日に行った時には、やはり感動しました。自分が踏みしめている足元には、ゆうに千年を超える人たちの営みが詰まっているんですからね。すごいことだと思います。

精神的なことは私には分かりませんが、これからも日本文化の中心であり続けて欲しいですね。今年が始まりの一年になることを願っています。





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ