2009-06-15

鬼伝説が残る『鬼の俎・鬼の雪隠』@明日香村

鬼の雪隠@明日香村

明日香村の石造物見学ツアーの流れで、天武・持統天皇陵近くにある『鬼の俎・鬼の雪隠』へ立ち寄りました。

「鬼が霧を発生させ、迷った人間を鬼の俎で料理し、鬼の雪隠で排泄した」そんな伝説が残る場所ですが、今はすっかりのどかになってます!


『鬼の雪隠』は鬼用のトイレです

鬼の俎・鬼の雪隠は、155号線「野口駐車場前」交差点から、聖徳中学校方面へ向かう細い道の先にあります。道幅がかなり狭く駐車できるようなスペースも見当たらないため、レンタサイクルなどを利用するのがベターでしょう。

まず、道路沿いの下側に見えてくるのが『鬼の雪隠』です。元々は、少し高い位置にある『鬼の俎』と一対で、7世紀後半に作られた古墳の石室だったものが、上部だけ滑り落ちて今の位置に来たのだとか。

説明書きには、この辺りの鬼に関する古い言い伝えがありました。

「この周辺は霧ヶ峰と呼ばれ、鬼が住み、通行人に霧を降らせ迷ったところをとらえて、俎の上で料理し、雪隠で用を足したという伝説がある。」

人をとらえて食べる鬼がいたとしても、まな板とトイレだけ残っているのも不自然なものではありますが、確かに鬼の雪隠の形は「男性小用トイレ」に見えるんですよね。上手いことをいうもんだと感心してしまいます。


鬼の雪隠@明日香村-01

道路側から眺めた『鬼の雪隠』。面している道路がかなり細めですので、レンタサイクルで周るのがオススメです。正面に見えるこんもりした丘は「天武・持統天皇陵」。文化財が密集していることが分かります

鬼の雪隠@明日香村-02
鬼の雪隠の説明看板。7世紀後半の古墳の石室の一部で、上にある『鬼の俎』の位置から、ここまで落ちてきた状態であることが記されています。こんな大きな岩が数十メートルも移動するなんて、よく考えたらすごいことですね

鬼の雪隠@明日香村-03
鬼の雪隠を正面から見たところ。石室のふたにあたる部分ですから、シャープに切り出されています。この地に住んでいた鬼の「トイレ」だと言いますが、確かにちょっと昔の男性用トイレにそっくりですね(笑)

鬼の雪隠@明日香村-04
鬼の雪隠を横から見たところ。高さは1.5mで、長さはその3倍ほどでしょうか。古代の人が、こんな巨石を移動して、加工して・・・という技術があったということも驚きです

鬼の雪隠@明日香村-05
丘の上から鬼の雪隠を見下ろしたところ。この一帯は、昔から霧が発生しやすいため「霧ヶ峰」と呼ばれたそうです。住みついた鬼が霧を出しているとされ、人々から恐れられていたんだとか。今ではそんなことを微塵も感じさせないのどかさです


『鬼の俎』で人間が料理されたって・・・

鬼の雪隠から、数段の石段を上がると見えてくるのが、石室の底石の部分にあたる『鬼の俎(おにのまないた)』です。

その大きさは、長さ4.5m×幅2.7m×厚さ1m。元々が人間の遺体を埋葬するための石室の底石ですので、サイズ的には人間を料理するにはピッタリなのかもしれません。しかし、表面に色んな凸凹もありますので、決して使いやすいまな板では無さそうです(笑)

646年(大化の改新の翌年)に作られた、持統天皇の実弟が葬られた古墳ではないか・・・という説もあるそうですが、今のところ埋葬者は不明です。今はただの巨石にしか見えませんが、高貴な方々が埋葬されている飛鳥の地の遺跡ですので、埋葬者のことを想像しながら見ると夢が膨らみます!


鬼の俎@明日香村-01

鬼の雪隠から、こんな石段を少しだけ上がったところにあるのが『鬼の俎』です。墓地でも現れそうな雰囲気ですが、そこは明日香村ですから、登場するのは古代の墓地「古墳」です

鬼の俎@明日香村-02
鬼の俎の全景。大化の改新の翌年(646年)に作られた古墳で、持統天皇の実弟が葬られた古墳ではないか、という研究発表もあるようですが、まだ確定していません

鬼の俎@明日香村-03
鬼の俎。古墳の底部ですが、意外と複雑な形をしていることが分かります。中央には棺が、その周りには様々な装飾品が一緒に埋葬されたんでしょうね。手前の凹んだ部分は何の用途なんでしょう?

鬼の俎@明日香村-04
鬼の俎の周囲は、鬱蒼とした竹林でした。千年以上前にはここに鬼が住んでいたと考えると・・・、ちょっと迫力を感じます



大きな地図で見る


■鬼の俎・鬼の雪隠

HP: 参考サイト(Wikipedia)
住所: 鬼の俎:奈良県高市郡明日香村野口、鬼の雪隠:奈良県高市郡明日香村平田
電話: 0744-54-5600(明日香村 文化財課)
駐車場: なし










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ