2009-03-07

奈良県一の「2万本」!梅の名所『賀名生梅林』@五條

賀名生梅林@五條

今年も梅のシーズンがピークとなったそうですので、またフラフラッと『賀名生梅林(あのうばいりん)』まで行ってきました。

相変らず、山一帯が梅の花で覆いつくされている姿は見事ですね。大したお金も使わず、のんびりと散策を楽しんできました。


途中の梅畑だけでも十分に見事です!

奈良県下一の「2万本」の規模を誇る「賀名生梅林(あのうばいりん)」。昨年、その模様は書いてありますので、詳しくはそちらをご覧ください。

■昨年の模様はコチラ
梅「2万本」の迫力!『賀名生梅林』


賀名生梅林の面白いのは、「梅林」とされる一角まで行かなくても、その途中の梅畑でも十分に楽しめることでしょう。大きな道だけではなく、その脇のキレイな農道を走ったりすると、すぐ脇に大きな梅の畑が見えてきて、それだけでも見事な景色なのです。

賀名生梅林に到着する前に、色んなルートを少しずつ見て周ってください。


賀名生梅林@五條-01

今年もまた『賀名生梅林』へ梅の花見に行ってきました。これは、梅林に行く道中にある、梅畑の様子。ほぼ満開に近い状態で見られました

賀名生梅林@五條-02
梅の花。背後の青空がキレイです

賀名生梅林@五條-03
梅畑ですから、遠くまで梅の木が続いています

賀名生梅林@五條-04
梅畑を上から見下ろすとこんな感じです。道の脇には、こんな梅の畑が次々と現れるんですから、かなり見事な眺めでした

賀名生梅林@五條-05
こんな梅畑がずっと続きます

賀名生梅林@五條-06
梅の畑の歩道を利用して、ちょっとだけお邪魔してみました。こんなところで花見酒でも飲んだらいい気分でしょうね!

賀名生梅林@五條-07
ローアングルから見上げてみた図。肉眼ではかなりキレイに見えたのですが、空の色にまぎれてしまって、よく見えませんね・・・

賀名生梅林@五條-08
幹が苔むしていて、盆栽のようにも見えますね


賀名生梅林@五條-09

ほぼ満開の梅の花!

賀名生梅林@五條-10
梅の花のアップ

賀名生梅林@五條-11
芽吹きかけの梅の花

山一面を覆う梅は、ほのかで優しい!

そして、いよいよ『賀名生梅林』へと到着すると、さすがにかなりの人出でした。やや奥まったところにある無料駐車場は車でいっぱいで、路上駐車の列になっていたほどでした。

ここは、車で山の中をグルリと一周することもできますが、かなり道が細いので、あらかじめ無料駐車場に停めておく方がベターでしょう(山の上の方に有料駐車場しかありませんし、路肩に停められるような広い道でもありません)。

また、歩いて一周しようと思うと、それなりのハイキングくらいの運動強度になってしまいますので、あまり無理せず、適当なところで引き上げた方がいいですね。

そこまでしてやって来た賀名生梅林ですが、さすがに見事な眺めなんですよね。梅の花の淡い色合いが画像では伝わりにくいと思いますが、山肌を梅の花が覆いつくす様子は、なかなかの見物です。さすがに桜ほどのインパクトはありませんが、それも可憐でいいものですね。


賀名生梅林@五條-12

これが本来の『賀名生梅林』。沢山の観光客で賑わっていました。山一面が梅の花なんですが、桜よりも上品なため、写真だと魅力が伝わりにくいのが残念です

賀名生梅林@五條-13
別角度から。白やピンクの梅がずっと続いているのですが、ボンヤリとしか写らないんですよね

賀名生梅林@五條-14
山一面を覆う梅の花

賀名生梅林@五條-15
徒歩で山を少し上ったところからの眺め。民家のしだれ桜がキレイでした。奥に見えるのが無料駐車場ですので、出来ればここを利用しましょう

賀名生梅林@五條-16
これだけ満開だと、梅の花の香りがずっと漂っています


ピリ辛コンニャクが美味しかったです

これだけの観光名所であれば、テキ屋さんが集まってきて沢山の屋台が・・・というくらいでも良さそうなものですが、残念ながらそんなスペースはありません。地元の方たちが、自宅前で副業でやっているお店くらいしか無いのです。

でも、私たちは今回、串コンニャクと草餅を食べたのですが、どちらもなかなか美味しかったですね。特に、奈良の山の中に行くと、驚くくらい美味しいコンニャクが食べられたりするのですが、ここのも十分に満足できました。オススメです!


賀名生梅林@五條-17

売店で売っていた、ややピリ辛の串コンニャクを購入(確か@100円)。二人で半分ずつ食べようかと思ったのですが、あまりにも美味しくて、すぐに二本目を買ってしまいました!試食した「山栗」も美味しかったです!

賀名生梅林@五條-18
さらに、別の売店で草餅も購入。これもなかなか素朴で美味しかったです











  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ