2009-02-12

施設充実で楽しめます『天然温泉 延羽の湯』@羽曳野

延羽の湯@大阪(羽曳野)

フラッと千早赤阪村に水仙を見物に行った帰り道、これまでなかなか行く機会のなかった大阪・羽曳野市の『天然温泉 延羽の湯』へ行ってみました。

最近のスーパー銭湯系の施設は、どこもこんな感じなのかもしれませんが、想像以上に楽しかったですね。「奈良県民がわざわざ大阪府のスーパー銭湯に行く」というのもおかしな感じがしますが(一山超えるだけなんですけどね)、ぜひまた行ってみたいと思いました。


パチンコ店経営「延田グループ」の施設です

『天然温泉 延羽の湯』は、2006年12月に羽曳野市にオープンしたスーパー銭湯です。奈良県内でも、かなりの数の大きな看板を見かけますので、ずっと気になっていたんですが、わざわざ混んでいそうな大阪方面へ行かなくても、御所に行けば『かもきみの湯』もあるし・・・と、これまでお邪魔する機会もありませんでした。

地図を頼りに行ってみると、大きな施設であるはずなのに、意外と見つけづらいんです。

後から知ったことですが、延羽の湯は「パチンコ123」の延田グループの経営で、メイン道路沿いにはパチンコ店が、そこから少し奥まったところに温泉がありました。施設の前には無料の「足湯」もあって、パチンコのついでに入っていく方もいるんでしょうね。


延羽の湯@大阪(羽曳野)-01

真新しい温泉施設『延羽の湯』。南阪奈道路の羽曳野ICから車で3分ほどの位置にあります。「パチンコ123」の延田グループの経営のため、パチンコ屋に隣接。施設前には無料の足湯もありました


最新の施設は広々でピカピカです!

施設内に入ってみると、さすがに最新の施設だけあって、広々でピカピカです。休憩スペースもかなり広めにとってあり、ゆったりとしています。でも、平日の昼間ですからこれだけ静かなだけで、奈良の温泉とは別次元の混み方をするのかもしれませんね。


延羽の湯@大阪(羽曳野)-02

『延羽の湯』のエントランス部分。さすがに新しい施設だけあって、広々とキレイですね。ちょっとした工芸品などの販売コーナーもありました

延羽の湯@大阪(羽曳野)-03
メインのロビー部分。奥には畳敷きの休憩室もありました。飲食店やドリンクコーナーなども完備しています

延羽の湯@大阪(羽曳野)-04
突然現れる「タイガー・ウッズ」コーナー。延田グループが協賛しているプロゴルフツアー大会にウッズが登場した時のあれこれのようです。浴衣に赤い字で名前が入れてあるのがすごいですね(笑)


色んな仕掛けがあって楽しめます!

お風呂の様子などは、さすがに画像はありませんが(HPをご覧ください)、どれもキレイですし、色々と楽しめる仕掛けがたくさんあります。


●【1】色んな湯温のお風呂があるのがいい!

内風呂は1種類だけでやや物足りない感もありましたが、露天風呂が計6種類、サウナは2種類あります。

露天風呂にしても、湯温ぬるめの「源泉かけ流し」「寝湯」から、やや湯温を高めに設定してある「源泉岩風呂」など、温度にバラエティーを持たせてあるのがいいんですよね。子供からお年寄りまで、誰もがのんびりと楽しめる配慮でしょう。


●【2】サウナの「ロウリュウ」サービスが楽しい!

また、サウナ(熱の室)では、「ロウリュウ」のサービスがあり(1時間に1回ずつ行われています)、私も初体験してきました!

ロウリュウとは、加熱したサウナストーンにアロマ水を注ぎ、蒸気が発生したところで係の方が大きなウチワで扇いでくれるというもの。一気に室温が上がったところに、空気を送られるため、さすがにかなり熱い・・・のですが、残念ながら、元々の室温が90℃を下回っていたため、それほど効果がある訳でもなく・・・。

多くの人が出入りする時間帯に、サウナ室温が下がってしまうのはよくあることですが、この時間帯からこの温度ということは、元の設定が低めなんでしょうね。楽しい体験でしたけど、サウナ好きの私には物足りませんでした。


●【3】施設が充実していて一日中楽しめそう!

温泉施設も充実しているのですが、別料金(大人@800円)で「薬石汗蒸房(やくせきはんじゅうぼう)」というところも利用できます。これは家族全員で一緒に楽しめる「着衣サウナ」が5種類あり、岩盤浴などを楽しんだり涼んだり・・・を繰り返して入れるコースです。

私たちは利用しませんでしたが、こんなことをやっていたら本当に一日中楽しめちゃいますよね。カップルでも一緒に入れますので、おかしなところにデートに行くよりもよっぽど楽しいかもしれません。


●【4】料金はややお高め、泉質は普通です

利用料金は、入泉量「@800円(小学生以下は400円)」と、ややお高め。デイリーで利用するには気になるところですが、たまに来るには十分にお値段分以上の価値がありますね。私たちも、多分また近いうちにリピーターになると思いますし。

ただし、泉質は「単純温泉(弱アルカリ性低張性低温泉)」で、それほど特徴の無いものですので、お湯自体にはそれほど期待しない方がいいかもしれません。

レストランも悪くありませんでした

1時間以上も入浴した後、施設内のレストラン「四季旬菜 里山」で食事もしてみました。

こういった施設のレストランは、大抵は「高くて味もイマイチで・・・」とガッカリさせられることが多いのですが、思ったよりもマトモでしたね。特に美味しいというワケでもありませんが、お値段もそこそこでメニューも豊富。味だって悪くありません。

食事料金は、スパ施設のように、ロッカーナンバーを申告するだけでOK。帰りに入浴代金と一緒に精算できますので、この点も便利ですね。本当にファミリー向けには最適でしょう。


延羽の湯@大阪(羽曳野)-05

施設内のレストラン「四季旬菜 里山」で食事をしてきました。ここ以外に、何と「焼肉店」もあるそうです!焼肉を食べて、匂いを落とすためにすぐにお風呂・・・というパターンなのでしょうか?

延羽の湯@大阪(羽曳野)-06
私が食べた「カレーうどん定食」(確か950円くらい)。カレーうどんの辛さが選べるのがいい感じ。ただし、それほど強烈な辛さではないにしても、風呂上りに食べると汗が噴出してとんでもないことになりますので、食後にもうひとっ風呂浴びておきましょう!

延羽の湯@大阪(羽曳野)-07
相方が食べた定食(確か1300円くらい)。ざる豆腐が美味しかったですね。こんなところの食堂にしては、味もお値段も悪くありません

延羽の湯@大阪(羽曳野)-08
義母が食べていた「三色そば定食」。みんな揃って「意外と悪くない」という感想でした



大きな地図で見る


■天然温泉 延羽の湯

HP: http://www.nobutagroup.com/pages/nobeha/index.html
住所: 大阪府羽曳野市広瀬186-3
電話: 072-950-1126
定休日: 年中無休(施設点検日は除く)
営業時間: 10:00-25:00(最終受付は24:00)
駐車場: 無料駐車場あり
アクセス: 南阪奈道路「羽曳野IC」から車で3分










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ