2020-09-03

新潟のお酒や米菓を大阪で!『新潟をこめ』@大阪うめだ

新潟のお酒や米菓を大阪で!『新潟をこめ』@大阪うめだ

大阪・うめだの「Whityうめだ」にある、新潟県の“関西情報発信拠点”となる店舗『新潟をこめ』さん。お酒やお米、米菓などの販売に加え、店内の立ち飲みコーナーで越後の地酒が常時20種類以上も味わえます!新潟県出身の私にとっては、楽しくて仕方ないお店です!


笹だんごもサラダホープも買える!

大阪・うめだに広がる地下街「Whityうめだ」にある、新潟県の“関西情報発信拠点”となる店舗が『新潟をこめ』さん(InstagramFacebook食べログ)です。

2019年5月から「じょんのびにいがた」という店舗が営業していましたが、同年12月にリニューアルオープン。お酒やお米、米菓に珍味など新潟の名産品の販売に加えて、店内に立ち飲みコーナーが新設され、新潟の地酒が常時20種類以上も味わえるようになりました!

私は新潟県糸魚川市の生まれなので、地元で親しんだ食べ物(笹団子とか、元祖浪花屋さんの柿の種とか、サラダホープとか!)が関西で手に入るのは嬉しい限りです!


新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-01

大阪・うめだで営業中の『関西情報発信拠点 新潟をこめ』さん。コロナ禍の前に大規模なリニューアルが行われた、ホワイティうめだのイーストモール扇町内にあります。お向かいにある『野菜を食べるごちそうとん汁 ごちとん』さん(紹介記事)もおすすめです!

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-02
店内の様子。新潟産の食べ物や物産がずらりと並んでいます(詳細は後ほど)


新潟の20種類以上のお酒が呑めます

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-03
2019年12月のリニューアルで、越後の地酒が味わえる立ち呑みカウンターバーが登場しました。店舗の奥にあるので外からは分かりづらいですが、入ってみれば極楽が待ってます!

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-04
『新潟をこめ』さんの定番酒ラインナップ。越乃景虎・麒麟山・朝日山・萬寿鏡・雪中梅・越乃寒梅・鶴齢・北雪・〆張鶴などなど、新潟の有名どころがずらりと並びます(上越地方のお酒が少ないのがやや不満ですが)。お値段は1杯400円程度から

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-05
おつまみメニューなど。「新潟浪花屋米菓3種セット」「日本海ホタルイカの干物」「かんずり酒盗」「栃尾の油揚げ」などなど。新潟の地ビール「ライディーンビール」なども味わえます。
魚沼産コシヒカリ100%の「おにぎり」もあって、お昼時にはおにぎりのランチセットもいただけるとか!いいですね!

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-06
まずは「上越3種類飲み比べセット」(750円)から。
・妙高酒造 妙高山 本醸造(妙高市)
・竹田酒造店 越乃雪舟 純米酒(上越市)
・加賀の井酒造 加賀の井 純米酒(糸魚川市)
。おつまみは「村上の鮭とば」&「野沢菜漬」
飲み慣れた地元の「加賀の井」が大阪で味わえるなんて嬉しい限りです。新潟のお酒はすっきり辛口が多いのですが(その方がたくさん呑めますからね)、あらためて飲み比べるといろんなタイプが揃っていて、懐の深さを感じます


新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-07

お次は、新潟県佐渡市の酒蔵・北雪酒造さんの「北雪 純米大吟醸 NOBU」(720円)を。その昔、私が初めて美味しいと感動したお酒が北雪さんでした。初恋の相手みたいなものですから、お見かけするたびにいただくのですが、毎度毎度美味しいです

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-08
さらに、「ちょっと辛めのものを」ということで、新潟市・石本酒造さんの「越乃寒梅 吟醸 特選」(770円 日本酒度+8.0)を。越乃寒梅は何度もいただいていますが、この日のこれは(私としては珍しいことに)あまり好みに合いませんでした。いろんな発見があって楽しいですね

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-09
最後は「おにぎり こんぶ佃煮」(200円)と「十全なすの一夜漬け」(250円)をアテに。“お米をつまみに酒を飲む”という、米どころ感あふれる幸せな時間になりました!


栃尾の油揚げ、みかづきイタリアンも!

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-10
『新潟をこめ』さんの店内の写真など。日本酒のラインナップはさすがで、ここに写りきらないくらい並んでます

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-11
とくに楽しいのは、ワンカップが多く揃っていること。手軽なサイズとお値段で楽しめますし、お土産にも最適です。語弊のある言い方ですが、ワンカップの“悪酔いしそうな感じ”がとても好きです(笑)

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-12
米菓コーナーは超充実。こちらは亀田製菓さんの「サラダホープ」コーナー。老若男女だれからも愛されるお味で、新潟県内ではメジャーな存在ですが、現在は県内限定品になっているのだとか。柿の種もいろんなメーカーのものが並んでいて楽しいですよ!

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-13
食品の棚を見ると、名物の「くるま麩」や「あおさ」などがあったり、

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-14
冷蔵ケース内には、有名な「栃尾の油揚げ」や「タレカツセット」なども。新潟のセイヒョーさんの氷菓「金太郎」や、みかづきさんの「イタリアン」も購入できます!

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-15
そして、忘れちゃならないのが「笹だんご」(1個130円)です

新潟県関西情報発信拠点『新潟をこめ』@大阪うめだ-16
もちろん買って帰って、翌日にいただきました。いわゆる“あんこ入りの草餅”なんですが、子どもの頃から食べ慣れているもので、笹の香りがするだけで脳が反応しますね。
冷蔵庫に入れたりせず、常温で食べると美味しいです。固くなってしまったらトースターで焼いたりしてもいいですよ!ぜひ!



■新潟をこめ

HP: https://niigataokome.com/
Instagram: @niigataokome
Facebook: @niigataokome

住所: 大阪府大阪市北区小松原町梅田地下街4-1号 ホワイティうめだイーストモール扇町内
電話: 06-6232-8356
定休日: Whityうめだの休業日に準じる
営業時間: 10:00~22:00(※立ち飲みコーナーは11:00~)


■参考にさせていただきました
関西情報発信拠点「新潟をこめ」リニューアルオープンしました | 株式会社ゆのたに

●【食べログ】の該当ページへ
新潟をこめ - 東梅田/立ち飲み居酒屋・バー

■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ