2008-12-26

たこ焼きの原型「ラヂオ焼き」は・・・『会津屋(梅田店)』

元祖たこ焼き『会津屋(梅田店)』

大阪・梅田駅周辺で粉モノを食べ歩いた流れで、「たこ焼き発祥の店」として知られている『元祖たこ焼き 会津屋(梅田店)』さんにも立ち寄って、たこ焼きの原型となった「ラヂオ焼き」をいただいてきました。


たこ焼きの元祖になったお店です

この『会津屋』さんとは、西成に本店があり、現在大阪府内に8店舗を展開しています。たこ焼きのルーツには諸説あるようですが、会津屋さんがその一端を担っているのは間違いないところなのだとか。

大阪のたこ焼きは、昭和8年、会津屋の初代遠藤留吉が、肉・コンニャクなどを入れて焼いたラヂオ焼(又はラジューム焼)がはじまりです。その後、もっとおいしい大人の味をと考え、昭和10年、『明石のたこ』と『ころも』に味をつけて焼いた大阪のたこ焼が生まれました。たこ焼とはソースをつけない、手も汚さず冷めてもおいしいのが本物です。なにわの味、大阪の味、それを代表するのが元祖たこ焼の会津屋です。

「会津屋」ホームページより

こんな歴史があり、コミック「美味しんぼ」にも登場したことがあるというのですからすごいですよね。

この日は梅田店さんにお邪魔したのですが、サラリーマンからOLさんの団体から、たこ焼き大好きな大阪の方々が、美味しそうにたこ焼きを頬張っていました。


元祖たこ焼き 会津屋(梅田店)-01

肉・コンニャクを入れた「ラヂオ焼き」と、それを改良したの「たこ焼き」発祥の店として知られる『会津屋(梅田店)』さん。店内はイートインスペースもあり、ゆったりとビールを飲みながらたこ焼きを食べることができます


「ラヂオ焼き」はかなり割高感が・・・

会津屋さんのメニューは「たこ焼き(12個:400円)」からで、3個:100円ずつ追加できます。12個と聞くとかなり多めのように思えますが、一つずつのサイズが小さめのため、驚くほどの量ではありませんのでご安心を。

今回、私たちは元祖の「たこ焼き」ではなく、その原点となった「ラヂオ焼き(14個:600円)」をいただいてみました。こちらは注文を受けてから焼くスタイルとなるため、やや待たされますので、時間が無い方は注意が必要です。

一日にどれほど注文があるのか分かりませんし、手間がかかるのは仕方ないにしても、具材がタコからコンニャク・牛に変わっただけで600円まで値段が跳ね上がってしまうのは、ちょっと割り切れない感じがありますねー。


元祖たこ焼き 会津屋(梅田店)-02

会津屋さんのメニュー。たこ焼きで注文数が12個からというのは、かなり多めに思いますが、一つひとつが小さめのため、それほどの量ではありません。また、ラヂオ焼きは14個:600円と、かなりお高め。注文を受けてから焼くため、しばらく待つことになります


次は元祖たこ焼きにチャレンジします

ちなみに、この「ラヂオ焼き」という商品は、会津屋さんのホームページでこんなエピソードが披露されていました。

昭和10年に会津屋初代の遠藤留吉がラヂオ焼きをもとに、大人も喜ぶものをとラヂオ焼に牛肉・コンニャク・豆などを入れて工夫するがいまひとつ評判は芳しくありませんでした。

そんなある日、お客様の「大阪は肉かいな。明石はタコ入れとるで。」の一言がヒントとなり、生地の中にタコを入れ初めて「たこ焼き」と名づけ、たちまち世間の好評を得ました。

また、小麦粉を醤油味のダシで溶くようになったのも留吉のアイデアです。

「会津屋」ホームページより


これだけ堂々と「いまひとつ評判は芳しくありませんでした」と書かれると、かえって潔いというものです(笑)

で、初体験となったラヂオ焼きですが、感想はやはり「いまいち」でした。

私は決してたこ焼きのタコが大好きというタイプではないのですが(どちらかと言うと生地が好きです)、その代わりに入っているコンニャクも牛肉も、それほど影響が無いような印象で、存在感が薄いんですよね。とってもシンプルな味ですので、食べやすいことは食べやすいのですが、やはり物足りない感じは否めません。

たこ焼きを食べていないので正確な評価は出来ませんが、「もう一度ラヂオ焼きを食べたいか?」と聞かれれば、明らかにNOですね。次にお邪魔した時には、ぜひたこ焼きを味わってみたいと思います。


元祖たこ焼き 会津屋(梅田店)-03

会津屋さんの「ラヂオ焼き(14個:600円)」。タコの代わりにコンニャクと甘く煮込んだ牛すじが入っていて、ソースなどは一切なし。とてもシンプルな外観ですね

元祖たこ焼き 会津屋(梅田店)-04
中はトロッとしたタイプです。正直なところ、コンニャクも牛もあまり存在感がなく、生地自体もそれほど旨味が感じられるものではありませんでした。「これが進化してたこ焼きになったんだな」という感慨はありますが、個人的にはイマイチでした



大きな地図で見る


■元祖たこ焼き 会津屋(梅田店)

HP: http://www.aiduya.com/
住所: 大阪府大阪市北区梅田 3-2-136 梅三小路内
電話: 06-6346-3444
定休日: 不定休(梅三小路の休日に準ずる)
営業時間: 平日 11:00-22:00、土日祝 11:00-21:00
駐車場: なし
アクセス: JR大阪駅・桜橋出口から徒歩1分










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ